システマからプロレス、最後は空手!まるで闘いのワンダーランドです。 | 続!稽古人、徒然日誌
新型コロナウイルスに関する情報について

続!稽古人、徒然日誌

ブログの説明を入力します。


5月12日水曜日11時00分からは小川聡志トレーニングスタジオに伺って、小川さんのパーソナル。はじめの頃は打撃技オンリーだった練習も、最近はシステマや武術空手などの要素が入るようになってきました。

この日はシステマのブリージングからプッシュ&ムーヴになり、ストライクになり、その応用でプロレスの試合でも使えるチョップの受け返しへ。

お互いのコンディションの話からボディウェイトマッサージを経てから、

ローキックのミット打ちに時間をかけて。

そこからの蹴りのコンビネーションなどをやっていくうちに、


YouTube動画で仕入れた跳び後ろ蹴りのやり方を、さっそく取り入れてみました。東海林師範ありがとうございます。

まぁ、55歳と56歳のキン消し体型の2人が跳びまくり。たしかに、すぐに蹴れて、威力も充分な感じでした。

この段階を動画に撮ってあげたら「おやじにもできた」シリーズになるかな?なんて。


いやはや、便利な世の中です。

逝くまで修行ですね。感謝です。