布マスクをつくってみました | 「ぶんハピねっと」スタッフによる国分寺周辺のHAPPYブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

「ぶんハピねっと」スタッフによる国分寺周辺のHAPPYブログ

国分寺と近隣の街でHAPPYになるコト、モノについて発信します!

春休みに入りましたが、なかなか収束の兆しが見えず心配ですね。

マスクの入手が難しい状況が続いていますが、皆さんはどうしていますか?

 

私は3月頭に不織布のマスクを切らしてしまったのですが、すでに入手が難しい状況に。花粉症でマスクのない状態はつらいため、ダブルガーゼを手芸店で買ってマスクを手作りしてみました。

可愛い柄なのは、無地がお店になかったためです…。

 

作り方の参考にしたのがハンドメイドの無料レシピを公開しているこちらのHP(ハンドメイドの図書館)

折ってアイロンがけをして二か所縫うだけでとても簡単です。

私はミシンを使いまいしたが、手縫いでも簡単にできそうです。

プリーツタイプも作ったことがありますが、すぐに欲しい場合や手芸の苦手な方にはこちらの作り方のほうが作りやすいです。

 

折ったときに顔に当ててできあがりサイズの調整をすると、隙間が空きすぎることもありません。(できあがりサイズはヨコ13×タテ9.5の小さめが私にはちょうどよかったです。)自分で作るメリットですね。

 

布のマスクは通気性があまりよくないので、長時間使うと顔に接している部分が濡れてきてしまいます。なので私は間にガーゼを切ったものを一枚当てて使用しています。

布の目が粗いのでウィルスの侵入を防止するのには向きませんが、花粉の軽減や咳エチケットととして使用するには十分です。

布マスクの洗い方はこちら(経済産業省動画)

 

普段使いに作ってみてはいかがでしょう。

大人がかわいい柄を使うのはどうかしら?と思ったのですが、手作りですか?と声をかけられることはあるものの、カラーのマスクもでまわっているので違和感なく使えますヨ。

 

 

 

 


ぶんじ君

 

 

ぶんハピねっとLINEスタンプ発売中

 

 

※「はっぴいね♪ぶんじ君」でも検索できます。