【特集:みんなの防災】災害時給水ステーション | 「ぶんハピねっと」スタッフによる国分寺周辺のHAPPYブログ

「ぶんハピねっと」スタッフによる国分寺周辺のHAPPYブログ

国分寺と近隣の街でHAPPYになるコト、モノについて発信します!


テーマ:

皆さんは災害に備えて水のストックはありますか?

3日分程度の備えがあったほうがいいと言われていますが、ライフラインの復旧には一か月近くかかることもあるようです。では備蓄の水がなくなったときどうするかご存知でしょうか?

 

都内ではおおむね半径2kmの距離内に1か所として、213カ所(浄水場、給水所、応急給水槽※等)に災害時給水ステーションが設けられているそうです。

 

府中市武蔵台ポンプ所。大地震の時、ここで水をお配りしますと掲示されています。

 

 

お近くのステーションは東京都の水道局のホームページから確認できます。

https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kurashi/shinsai/kyoten.html

国分寺市内は2か所のようですね。

 

災害で断水になると、こちらの災害時給水ステーションにポリタンクやペットボトル等の容器をもって水をもらいにいくことになります。

水道局に問い合わせたところ、災害時何日断水したら開設との時期は決まっていないようですが、断水が確認され職員が集まり次第開設とのことです。給水ステーションが開設されたかどうかは水道局のホームページや避難所で確認できるそうです。また開設されるとステーションに黄色ののぼり旗が掲げられるそうですので、お近くで見にいける方は直接確認してください。

 

我が家は府中よりで歩いていける距離に給水ステーションがあるのですが、地震で道が悪くなってしまうと最悪の場合遠くの方は2キロの道を水を担いで運ぶことになります。この機会に近くの給水ステーションの場所を確認して、ご家族にお年寄りや小さな子どもがいて何度も給水ステーションへ行けそうもないかたは、少し多めに水をストックしたり、遠い方や行き帰りに坂道がある方などは水を運ぶためのカートを用意することを検討してもいいかもしれません。

 

*水を配るのはテレビでみるような給水車もありますが、こちらは街中ではなく病院や避難所が主なようです。どこにくるかもわかりませんので、まずは身近な備えを見直してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶんじ君

 

 

ぶんハピねっとLINEスタンプ発売中

 

 

※「はっぴいね♪ぶんじ君」でも検索できます

 

bunhapiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス