緊急事態宣言 解除の地域もありますが

それでもまだステイホーム・・

仕事がテレワークができる職種ではないため

週に二日くらい仕事に行きます。

仕事行かない日はひまです。

 

先日リリの2回目の抗がん剤治療をしました。

今回は前回を踏まえて、薬の量を少なくしてもらって

今回は目立った副作用もなく、安心して過ごせましたほっこり

 

そんなこんなで、リリ病院へはしょっちゅう行くので

何かあったときにすぐに動ける、

今の時間たっぷりの状況はありがたいです。

 

しかしひまです。

(2回言う)

 

ひまなので長年放置してた障子の張替えにレッツチャレンジ☆

image

リリの幼少期にやんちゃした障子。

かれこれ9年放置。ポーン

 

image

スポンジで桟の部分を濡らして放置すること数分・・

 

image

こんなに気持ち良く取れるのですね♡

 

それからホームセンターに新しい障子を買いに行ったんですが

全然売ってない!笑い泣き

みんな考えることはいっしょなんですね・・

障子グッズ売り場、欠品多し・・

唯一売ってたアイロンで付けるタイプの障子と

障子用カッターを買い

(障子用定規は欠品)

いざ張替え。

 

image

達成感から満足度高し!

この方ももう障子への興味はないそうです。

 

あとは3月からジムにも行けてないので

なわとびを買って飛んでます。

10分飛ぶとヨガ60分相当の運動量とのことですが

3分しか飛べない・・

小さい頃はあんなにぴょんぴょん飛んでたのに・・笑い泣き

 

腹筋したりヨガしたりもしてますが、

ジムみたいな誰かの監視下にないとサボるタイプの私は

どうにも気分が乗らない・・

しかも運動より家の汚さが目に付いて

リラックスさせるためのヨガも心がざわつく・・

image

さらにすっごい邪魔するし↑

 

image

リラックス効果の高いCのポーズ。

 

リビングの窓から海が一望できるロケーションだったら

もっとがんばれたと思うのです。

(言い訳)

 

丸一日仕事の日はお弁当を持っていき

主婦仲間とお昼を食べるので

多少なりともお弁当の色合いに気を使ったりしますが

仕事がないと

image

セブンイレブン冷凍担々麺。

これうまい~♡

付属の花椒をかけると辛うまウインク

鼻水とか汗とか垂れ流しながら

飲み干します♡

でさらにもっちチョコロール(これもセブンイレブンです)を

ひとつ食べてフィニッシュ。

食べ過ぎだ何もしてないのに・・

なわとび10分今から飛ぶ!!

 

 

前回のブログでは、抗がん剤の副作用あんまり出てません

と書いたんですが、

結局、抗がん剤投与の4日後に恐れていた胃腸障害が・・

その日、朝ごはんを少しだけ食べて

その後気持ち悪いのか、よだれ止まらないし

何をしてても気持ち悪いらしく、ウロウロ・・

さらにガタガタ震えだし

病院へ連れて行き、点滴と注射をしてもらい

ようやく落ち着きました。

最初に先生に言われた通り3、4日後に胃腸への副作用が

強く出てきました。

翌日からお腹も下りだしましたが

飲み薬も出ているし、

そもそも趣味、食べることなので

食欲も少しずつ回復。

食べてくれれば一安心・・

と思い、抗がん剤から一週間後の22日、

血液検査をすると、白血球の数値がものすごく下がってしまって

今度は敗血症の危険が・・

自分の中にいる菌で感染症になって命を脅かす臓器障害が現れる可能性が

高くなってしまっていたので

抗生物質を飲んで、外には出ずに過ごし

今日また病院にて血液検査。

一昨日より白血球の数値も上がってきたけど

まだ安心できる数ではないので

引き続き安静に過ごします。

 

と自分への覚書の意味もありいろいろ書きましたが

あとこれを4回も繰り返すか・・と思うと気が重い・・

なにより気持ち悪さMAXのガタガタ震えているリリを見たとき

「リリはこの治療を望んでるのかな・・」

と心が折れそうになりましたショボーン

しかしもしかしたら癌の素がいるという可能性は捨てきれないので

もう少しがんばります。

 

9年間更新してた、ごはん完食記録もここで途絶えてしまいました・・ぐすん

 

image

病院のあとはぐっすりんこ

 

image

しかし狭い・・

ダイニングの普通のサイズの椅子に

なぜかいつもふたりで座るはめに・・なってもいい!

 

時を戻そう(急にぺこぱ)

 

コロナの影響で出勤するも

即帰宅になることも多く、

想定外に早く帰ると

image

「なんでもう帰ってきたの?仕事は?」

と不満げな顔されます・・

玄関へのお迎えもない・・

お前さんは長年連れ添った妻か?

も少しいぬっぽく振るまお~ぜ☆

4月1日の手術から一週間後、

傷の経過と、病理検査の結果を聞きに行きました。

 

結果は肝臓は問題なかったんですが

脾臓は血管肉腫

という結果で、言葉を失いました・・

 

というのも「脾臓 犬」とかで検索すると

すく出てくるのが血管肉腫という癌で

もし血管肉腫になると

1年生存率は10%以下とのことで一番恐れていた答えでした。

 

でもリリの場合「※コメント参照」と書いてあって

先生が分かりやすく説明してくれたところによると

切除した脾臓の一部に血管肉腫の細胞の増殖が起こってはいるけど

まだ非常に初期の段階のため、癌化していない。

だけど悪性の腫瘤ではあるので、引き続き経過には注意が必要とのこと。

 

ものすごく初期の状態で見つかったようで

これが手術を受けるのを1、2カ月でも迷っていたら

癌化してた可能性は大いにあるとの話で

「こんな早期に見つかるのは本当にレアケースです。

きっとたろうくんが見守っててくれてるんですね。」

と言ってくれて

「先生!お願い

と抱き着きたくなりましたが

濃厚接触になりそうなので、やめました。

(ちなみ女医さんです)

 

そして翌週、4月15日から抗がん剤治療スタート。

3年前の卵巣癌の時も抗がん剤やったんですが

その時より強いようで、今回は気持ち悪くなったり、お腹が下ったりと

消化器系の障害が出る可能性が高いそうです・・

抗がん剤から3日経ちましたが、

今のところごはんモリモリ、うんちもうんちの見本のような

良いうんち笑をしています。

 

抗がん剤治療は3週間ごとに5回を予定していて結構長い・・

つらい症状がものすごく出てしまう子もいるようで

「いぬは人間のように元気になったら○○するぞー!

みたいに目標を持つことができないから

今日一日、飼い主さんと居られて幸せ の繰り返しだから

リリちゃんにとってあまりにつらい治療になるようだったら

その時は止めましょう」

って先生が言ってくれて

またイタリア人並みのハグをしたくなりましたが断念。(当たり前)

しかしこういう考え方の先生だと安心してお願いできると思いました照れ

 

image

疲れやすいのかよく寝ています。

このままつらい症状はなるべく最小限で乗り切ってほしいです!

あっという間に4月ですが

3月は題名にもある通り、リリの手術が決まり

それを中心に動いていてバタバタでした(T_T)

 

3月に入ってすぐ、リリの副腎の定期健診を受けたところ

脾臓(ひぞう)にも腫瘍が見つかってしまいました・・

12月のドッグドックの時にはみられなかったんですが

犬の1年は人間の4年に相当するそうで

この3ヵ月は人間でいうところの1年、

むしろこの段階で見つかったのは、早期でラッキーとのこと・・

でも私としてはラッキーなんてちっとも思えず落ち込みました・・

調べると脾臓の腫瘍には「血管肉腫」という悪性腫瘍があり

もしそれだとその後の生存率がものすごく低い・・

良性だとしてもどんどん大きくなって破裂する可能性もあるとのことで

なるべく早めに手術を受けた方がいいとのこと。

 

副腎のことと、脾臓の腫瘍は全くつながりはないんですが

他の臓器への転移の可能性や

副腎の異常は脳腫瘍の可能性(フレンチにはとても多いそうです)を

考えるとMRIとCTを撮ってからの手術が望ましいとのこと。

 

そこでまたものすごく悩み、

MRI撮るには全身麻酔だし、体への負担はどうなんだろうとか・・

でももし他の部位への転移が見つかった場合、

CTを撮っておけば事前にわかるので一度の手術で対応できるとのこと・・

 

いろいろ考えて

MRIとCTを撮って手術に臨むことにしました。

手術を担当してくれる先生にとっても

細かな情報があった方が絶対成功に導きやすいとも思いました。

なによりリリにとってベストな選択をしてあげたかったんです。

 

3月26日

かかりつけではない、MRIなどの機器の揃った病院にて撮影。

造影剤も流して数回撮影・・

レントゲンだけではわからなかった細かな情報や

3D画像とかも見ることができて、世の中の技術の進歩に目を見張る・・

人間と同じように調べてもらえて感動。

 

そして翌週4月1日

脾臓の全摘出手術、CTで見つかった肝臓の一部腫瘍を切除。

肝臓はCTでは腫瘍が写っていても、実際お腹を開けてみてもわからない場合も

あるそうなんですが、明らかに変な部分があったので切除したそうです。

部分的に取った肝臓の出血量が多かったらしく

輸血が必要になるか、入院になるかもとの

連絡をもらったときは不安で押しつぶされそうになりましたが

夕方お迎えに行ったときには、なんとか大丈夫そうとのことで

連れて帰ることができました。

 

image

鎮静剤が効いていてフラフラ目が離せない・・

こんな状態なのに帰ってきたらまずはごはんを食べたがり

さらにこのソファーにも乗ったり降りたりし

「階段を使いなさいー!ムキームキー

と私をブチ切れさせる・・

いやほんとーに!心配だからね!

絶対安静なのに・・えーん

夜中もフラフラと徘徊・・

前回の子宮の手術したときと同様、今回もなぞな遠吠えもしてました

(普段は聞いたこともないのに)

 

翌日

image

顔つきも普段のリリに戻り、一安心。

 

image

この椅子にも勝手に乗る・・

しかしごはんもしっかり食べて元気そうです。

 

 

今日で手術から数日経ちましたが

飲み薬の影響なのか、やっぱり体自体は重かったりするのか

よく寝ています。

でも食欲旺盛で生命力の強さを感じます。

悪くなるのも早いけど、回復も早いんでしょうね!

 

 

3月はリリのMRIと手術のことが頭から離れず

そのことを中心に動いていました。

まだ取った腫瘍の病理検査の結果は出ていませんが

ひとまずなんとか乗り越えることができてよかったです。

リリもものすごくがんばってくれたと思います!

一生懸命説明しても、人間のようには伝わらないし

不安でよくわからず、終わってみたらすっごいお腹痛くて

「なにしたんだー!ばかー!」

って気持ちだったと思うんですが、

長生きしてほしい

その一心しかありません。

手術を担当してくれた先生やMRIの先生、心配してくれた方々

きっと見守ってくれてたたろくんに

感謝の気持ちでいっぱいです!

 

あとは銭や・・

諭吉がたくさんすっ飛んでいきましたが笑い泣き

これからは馬車馬のように働くからいいのですねー

 

2月29日をもちましてブニテックは

閉店させていただきました。

12年前の開店以来、長きに渡りご愛顧を賜りましたこと、

スタッフ一同心より感謝を申し上げます。

本当にありがとうございました(*^^*)

 

 

HPがなくなってしまうとさびしいものですね・・ぐすん

月並みですが、出会いと別れを繰り返して進んでいくものだと思うのです。

すべては手に入らないし、

離したくなくても無くなってしまうものもあるし・・

でも別れがあるので出会いもある。

と思って前向きに進んでいきたいです。

前向きに前向きに・・

テセウスの船のあらすじを聞いてもないのに

上司にレクチャーされましたが

「必要以上にドキドキしないで観られるぞ」

と前向きに捉えることにしました。

 

image

2月某日、リリとふたりでドライブ。

 

image

↑臆病だからほとんど動かない

 

image

車に乗るのは大好きだけど、ほーんと歩かないよねぇ~・・

 

もしかしたら運転してみたいのかもしれません車