第六回 出演者インタビュー!! | 文学座公演『エゲリア』公演ブログ

文学座公演『エゲリア』公演ブログ

文学座公演『エゲリア』。9月7日~23日、吉祥寺シアター。


テーマ:



出演者インタビュー!
どうも!はじめまして!
今回のインタビュアー、南拓哉です!
今回インタビューしたのは、一期後輩の準座員一年目、伊藤安那さんです。

───今年からめでたく文学座入団ですね。おめでとう!どんな女優になりたいですか?

伊藤 台本に書かれていない、言葉だけではなくて、空気で芝居が出来るような女優になりたいです。

──志高いなあ!芝居以外の特技とかありますか?

伊藤 書道が得意なんです!小学校から高校までやってて、師範段位までいきました。
書を書くのも、観るのも好きです。

──意外!!

伊藤 人の字って性格出るんですよ。女性でも男っぽい字を書く人は、やっぱり男らしかったり。

──さて、文学座公演は初出演だけど、稽古はどうですか?

伊藤 先輩方の演技の細かさや、その日その日で違うものを出してくる応用力とか、とても勉強になります。

──全く同感!今回の目標みたいなのはありますか?

伊藤 今回、役者の力量がそのまま出てしまうセットなので、舞台上で存在出きるように頑張ります!

──今回の役、光子はどんな女性だと思いますか?

伊藤 芯が強くて、本当は忍耐力があって、とても思いやりがあると思います。私とは全然違う。。

──主人公のかの子は、愛人と夫と共同生活するけど、安那ちゃんはできますか?

伊藤 出来ない!疲れちゃう!私、何人も同時に愛せないんで。。

──多分そういう人がほとんどだよ(笑)

伊藤 私がかの子と出会っていたら、一平や成松、柴田と同じく、サポートしたくなると思います。

──確かに、常識を越えているのに、何故か魅力的な人だよね。

伊藤 自分に正直に生きた人だからだろうなあと思います。何をしても許せてしまうかわいさもある。

 大人になればなるほど、現実とか、しがらみが増えてきて、自分に正直に生きるなんて出来なくなってくると思うんですよ。

かの子は、幸せな人だと思います。

この時代(大正ー昭和初期)の女性はみんな強かったと思います。今ほど自由のない時代に必死に生きようとしていた。
 今は男女関係なく、自由があって、逆に女性が弱くなってる気がします。楽な方へ逃げたり、時代に甘えているようにも思える。
 作品を通して女性の強さを感じて欲しいです!

──ありがとうございました!









Android携帯からの投稿

文学座公演『エゲリア』公演ブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス