ミュージシャン 高良久美子さん | 文学座アトリエ60周年記念3作品連続上演ブログ
2010-10-13 08:01:11

ミュージシャン 高良久美子さん

テーマ:②カラムとセフィーの物語

みなさま、ご無沙汰しております。

『カラムとセフィーの物語』チーム出演者の千田美智子です。

連日のご来場ありがとうございます。

さて、残すところ2日となってしまいました。

この素敵な芝居に音楽・演奏という形で、一緒に舞台に立って下さっている、

ミュージシャンの高良久美子さんをご紹介させて頂きたいと思います。




ほいっ!!

こちらの、焼き鳥とビールでご満悦なお方が、高良久美子さんです。

文学座アトリエ60周年記念3作品連続上演ブログ
ただ今、朝っぱらですがビールの飲みたくなる1枚です(笑)



今回の劇中で使用されている楽器の総数は15種類くらいなのだそうです。

高良さんは、主にマリンバ・ビブラフォンなどの楽器を劇中では担当されています。

高良さん、そしてもうお一方の芳垣安洋さんも打楽器奏者です。


文学座アトリエ60周年記念3作品連続上演ブログ

高良さんの癒やしオーラで毎日心がほっこりします。

高良さんは、底抜けに明るい方です。

高良さんの周りからは、いつも笑い声が絶えません。




何故かというと、高良さんは天然ボケなところがあり、なおかつ発想が豊かだからです。

高良さんについては、高良語録や武勇伝が沢山あります。

わたしの一番気に入っている高良さんのフレーズはこちら。




「わたしは、普段70%の力で、皆と会話しているの。

だって、あたしが100%で会話したら、みんなついてこられないわよぉ。あはははっ。」




なんとも、豪快で気持ちのいい方です。

私は、高良さんが大好きです。

ここだけの、秘密ですが、わたしは高良さんにシンパシーを感じています。




そして、高良さんは本当に、良く芝居を見て下さっています。

本番中に入ってからも、群衆のシーン・ショッピングセンターのシーン・レポーターのシーンなど

細かく1人1人の仕草や演技を見て、その感想などを伝えて下さいます。

本当に、ちょっとした演技を見逃さずに見て、楽しんで下さっています。

毎日の励みになります。

「よし!!群衆のシーンで、今日はちょっと変えてみよう。」とか楽しみが増えます。

変えると、必ず高良さんは気付いて、一緒に楽しんで下さるので、本当に嬉しいです。



文学座アトリエ60周年記念3作品連続上演ブログ



このように、素敵な方と一緒に舞台に立てるなんて、本当に幸せだなぁと思います。

生演奏とのコラボレーション舞台を体験できるのも、残り3ステージ。

十分に味わいたいと思います。





みまさまも、ぜひともお立ち会い下さいませ。




『カラムとセフィーの物語』出演者:千田美智子



10月13日 追記


私も高良ファンです~~

オープニングは私、高良さんの優し~い音色にのって出ていくので

大変心地よいです~~


それもあと一回か・・・

フライパン音譜もファンキーにがんばります!


ジャスミンワインより


文学座アトリエ60周年記念3作品連続上演さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス