本日、3月3日(土)より3月25日(日)迄の約3週間、なのはなプラザ(一関市大町4-29)3F展示場を会場に「色川武大と阿佐田哲也の世界」展覧会が開催されます。
展示会場には、孝子夫人から一関市に寄贈された直筆の生原稿や愛用のカメラ、トレードマークのサスペンダーや縦縞のジャケット、生前愛用していたマージャン牌(ぱい)や執筆作品などなど、小説家「阿佐田哲也」を象徴する品々が展示されています。

阿佐田哲也(故)と云えば、直ぐ様思い浮かぶのが『麻雀放浪記』の著者として、ですが、雀士としても一流の腕前だったようです。昭和の麻雀ブームの火付け役として、麻雀を文化の一つとして世に広めた立役者の一人として知られています。
そのような活動から「雀聖」として神格化され、京都の伏見稲荷神社には「阿佐田哲也大神」が祀られているとのことです。
阿佐田哲也氏の全盛期は、生まれ育った東京を拠点に活躍していたようですが、趣味のジャズを縁に、一関のジャズ喫茶ベーシーとの関わりや、純文学一本に絞る為の環境の刷新、体調の改善を期待して此処岩手県一関市に移り住んだのではないかと云われています。

 

しかしながら一関に居を移して間もなく、心筋梗塞で倒れ、その10日後に心臓破裂により息を引き取ったとのことです。一関には僅か10日間の滞在だけとされていますが、当時を知る、阿佐田哲也氏とベーシー仲間でもあった人物から、「ひと月以上はいた筈だよ」と伺っています。

ペンネームの「阿佐田哲也」は、雀士時代に徹夜続きだったことから、「朝だ(あさ)だ、徹夜(てつや)だ」からとったものだと云われています。
人物像については、村松友視氏の表現を借りますと、「眼光炯々というイメージと、何ともいえぬ童のごとき笑顔が、絞り切れぬ印象として残っている」とのことであります。

本名は色川武大(いろかわたけひろ)。本名で著す小説のジャンルは主に純文学。
第6回中央公論新人賞を受賞した『黒い布』(1961年)や、泉鏡花賞受賞の『怪しい来客簿』(1977年)、1978年著の『離婚』は直木賞を受賞しています。他にも、色川武大名義で刊行された作品が多くの文学賞を受賞しています。

因みに、「色川武大と阿佐田哲也の世界」展覧会の開会式が、本日午前10時から始まりました。
主催者の挨拶の後、来賓の祝辞として、勝部修一関市長の挨拶を皮切りに、当時の色川武大氏を知る、作家仲間であり、「いちのせき文学の蔵」会長の及川和男先生の挨拶があり、色川氏の一関移住当時のエピソードを詳しく、佐藤晄僖一関商工会議所会頭が述懐されました。そして佐々木賢治一関市観光協会会長の祝辞の後、岩手日日新聞社部長の那須照市氏の閉会の挨拶をもって、開会式を閉じました。

<色川武大と阿佐田哲也の世界>
場   所:岩手県一関市大町4-29 なのはなプラザ3F 展示スペース
開催期間:3月3日(土)から3月25日(日)まで
入 場 料 :無料
開館時間:9時から22時まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一関・文学の蔵の文化誌『ふみくら』創刊号(102ページ、600円+消費税)の紹介が、今日の地元紙(岩手日日)で紹介されました。
『ふみくら』は一関・文学の蔵の30周年を記念して創刊されましたが、今後も年刊誌として2号・3号と内容の充実を図りながら発刊していく予定です。
他に、一関・文学の蔵の30周年事業として、文芸講演会や懇親会の開催などを計画しています。

『ふみくら』創刊号の取扱店
いちのせき文学の蔵(世嬉の一酒造内)
北上書房

さわや書店
日野屋ブックセンター
小原書店
一BA

一関市役所売店

 

 

 

本日、ベリーノホテル一関を会場に、及川和男(84)先生の市勢功労受賞祝賀会が開かれました。
及川先生は平成25年から3年間、一関市立図書館名誉館長を務められ、一関ゆかりの文人の顕彰や市民の読書意欲の向上、読書環境の整備、また、地元一般市民を対象にエッセー上達講座の開講など、文化の向上や文芸の伝播に多大な貢献をされておられます。
また、代表作の『村長ありき』や『森は呼んでいる』 (新創作児童文学)を初め、数多くの著作を発表され、今尚健筆をふるっておられます。
また、先生が会長を務める「一関・文学の蔵」では、今月の上旬、年間誌『ふみくら』の創刊を実現させました。

本日の祝賀会には、歴代の一関市教育長や現教育長、歴代の一関市立図書館長や現館長をはじめ、岩手県在住の作家仲間や『ふみくら』の原稿執筆者など、大勢の出席者で賑わいました。
祝賀会は式次第に則り、一関市立図書館長の千葉秀一氏の開会の挨拶に始まり、一関市本寺地区の伝承芸能「鶏舞」の演舞。

そしてプレミアム講演として、『余白の力』を演題に及川先生の講演がありました。

 

近代までの短歌の詠草について、一般的には一行書きが基本ですが、石川啄木は3行書きに、宮沢賢治は4行書きを試みるなど、余白を活かそうとしました。(つまり「行間を読ませる」ことに余白を利用したと私は解釈しました)
また、李禹煥の『余白の芸術』に触れ、余白感を哲学的に捉えるなど、洞察力を大いに刺激する内容もありました。
更には、ビクトール・E・フランクの三つの価値(創造価値、体験価値、態度価値)に触れ、東日本大震災で突きつけられた根源的な問いや、地域おこしとしての方向性を示唆しておられました。

 

また、明治9年の一関大火にも触れられました。
明治9年7月、明治天皇が東北地方を行幸の折、その経路に一関も含まれておりました。

ところが、一関はその年の4月と5月、2度に渡る大火事に見舞われ、500軒以上もの家屋焼失を出すなど、燦々たる状況にありました。

本来ならとても天皇陛下をお迎えできる状況にない筈ですが、夜間の足明かりの為(?)にの、大量の蛍を集めて、明治天皇を迎え入れたと云うのです。
その光景を、「風流の極み」として、云い伝えられているようです。

祝賀会は及川先生の講演の後、小菅一関市教育長、藤堂前教育長、小野寺篤前一関図書館長のお三方による祝辞が述べられ、花束贈呈、そして乾杯、祝宴へと進んでいきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

平成30年2月、今年で30年目を迎える一関・文学の蔵は、30周年を記念して、会長の及川和男(作家)先生主導のもとに年刊誌『ふみくら』を創刊いたしました。
『ふみくら』は、一関市に関わりある執筆者により地域に根ざした文芸の発信を目指す同人誌的な年刊誌です。
地元の北上書房さわや書店で購入できます。

600円+消費税

 

 

目次

      扉のことば                 会長  及川和男         P1

 詩   秋の色                        井上 厦           P4

     「ことばのテキスト 言海」を読む          畠中祥夫         P6
     戊辰戦争150年 ― 民のことばと心情 ―    大島晃一         P11
     合唱のまち一関                                       阿部興紀        P16
     中世の農村風景を未来へ                          西 幸子          P19
 短歌 ふるさと回想                                          佐藤怡當        P22
          夏草の賦                                             佐藤峰子        P23
     樹木葬と自然再生                                    千坂げんぽう   P24
     文学散歩 考                                         原田徹郎         P27
 俳句 トレモロ                                                  照井 翠           P30
     デンマークと千葉忠夫さんとの出会いから     熊谷 茂           P32
     宮沢賢治と一関                                       佐藤竜一        P35
    夜空と懐中電灯                                       及川慈子        P37

 

※わが心の一関
     一関の思い出                                          今村 詮          P40
     夢を育んだ「未明座」                                 山川修平        P43
     一関への思い ― 自然・文化 ―                 小野正弘        P45

     餅食文化と地域おこし                               佐藤晄僖         P47
     「一BA」は何を目指してスタートしたか           松本数馬        P49
     東山散策「賢治さん」                                 那須照市        P50

 

※エッセー・随筆
     中尊寺の能楽堂へのおもい                        佐々木邦世    P55
     稲の声                                                    伊藤英伸       P58
     山谷の風に誘われて                                  藤本千ニ       P60
     一関喜桜会九十周年を迎えて                     千葉万美子    P63
     文人往来 積善院を訪ねて                         小賀坂勝美    P66
     野草の声                                                 岩井憲一       P68

 

◆文学の蔵ものがたり◆                                    及川和男 編   P73

     編集を終えて                                編集長 畠中祥夫       P72


表紙絵                                                               渡部吟子
カット                                                                  佐藤範子

 

 

いちのせき文学の蔵>>