無限の心を「無限」で満たす | 仏光さんの心の相談室

無限の心を「無限」で満たす

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

今日は朝から雨で自転車トレーニングはお休みです。でもこの連休の間に西伊豆の大瀬崎などに行って、二日連続で一日に70km走れたので満足です。休みの日は走っていてとっても楽しかったです。だから今日雨でお休みなのは丁度良かったのでしょうね。

 

昨日の朝トレーニングを始める時に、いつものようにサイクルコンピューターをつけると画面がフリーズして動きません。しょうがないので、そのまま走りに行きました。そこで気付いたことなのですが、速度とか時間の表示など何も無い状態で走っていると、それはそれで何ものにも縛られずに自由な感覚で走ることができました。

 

周りの景色も今まで以上に楽しんで走っていたと思います。まあトレーニングだからしょうがないのですが、普段自分が如何にコンピューターに表示される数字に縛られていたのだろうと思いました。その後、サイクルコンピューターはプロショップに持って行って修理を頼みました。

 

せっかく気持ちが良かったので、ついでに狩野川の堤防をいつもの韮山付近にある守山公園まで往復30kmを走りました。数字に縛られていないので、本当に景色を楽しみながら走れたと思います。守山公園は鎌倉時代の北条義時の館があったところです。

 

普段はサイクルコンピューターを見ながら巡航速度を上げようと頑張っていたり、また巡航速度を時速30kmでキープしたり、所要時間を気にしたりして走っているのですが、それが無いお陰で周りの景色の中で今まで気づかなかったものを色々発見しました。

 

帰りにプロショップに寄ったらサイクルコンピューターは直っていました。そこでまた気分が良くなったので、またついでにいつものヒルクライムコースをもう一度走りました。夕方には富山県の人達を電話お祓いしてから夕食です。さすがにちょっと疲れていましたが、お風呂に入ると元気になりました。

 

とっても充実した一日に感謝ですね。昨日ふと「何故瞑想をしたりロードバイクに乗っていると心が穏やかになるのかな?」と考えました。そしてその答えが分かりました。人間の心というものは無限のものです。「ここからここまでが私の心です。」などという制限はありません。

 

人は心を働かせば宇宙の果てまで想いを馳せることもできるのです。その無限の心を満たすのには、無限のものでしか満たせないのです。例えば私が自然の中を風を切りながらロードバイクで駆け抜けていく。これは無限です。走りながら雪化粧した富士山を眺め、その向こうに青い空が果てしなく広がっている。これも無限ですね。

 

ヒルクライムで山の中を走ると、色々な草花が咲いていて、様々な小鳥がきれいな声でさえずっていて、森の中の空気は凛と静まり返っている。これも無限です。私は私の無限の心を無限のものでもって満たしているのです。だから心が穏やかになるのですね。

 

ところが多くの現代人は無限の心を無限のもので満たすことを忘れているようです。例えばストレス解消にパチンコに行くとします。パチンコをしている間は無心で自分が打った球を追いかけているので、それまでのストレスは忘れることができます。しかし、持ち金が無くなればパチンコは終わりです。終わるとまたストレスを感じる心に戻っていくのです。

 

何故ならお金は無限ではなく有限です。したがってパチンコも有限のものです。私が旅行とか美味しいものを食べに行くことで気を紛らわせることができても、根本的に心を満たすことが無いというのは、それらが有限のものであり、有限のもので無限の心は満たせないからです。

 

「お金を払って○○をして日常から離れる」というのは全て有限の行為です。クラブなどにお酒を飲みに行くのもそうでしょう。その時は心が満たされた気になりますが、その時間が終われば心は元のストレス状態に戻ります。

 

そしてその一時の満足感を求めてお金を使い、「もっと、もっと」と行くわけです。それが依存症につながっていきます。心が根本的に満たされることが無いから、終わればまた求めることになるのですね。

 

基本的に無限の心を無限のもので満たそうとすると、何かしらの本人の努力が必要になります。お金を払ってパチンコをする。お金を払って旅行で美味しいものを食べる。これらの行為をするのにさしたる努力は要りません。お金を払えばいいのですから。

 

しかし無限のもので満たそうとすると、山に登ったり、自転車で自然の中を走ったり、瞑想をしたりと本人の努力が必要なのですね。でも多くの人はそういう努力は嫌なので、手っ取り早くお金を払ってその場その時の満足を得ようとするわけです。でもそれは有限なので、終わればすぐにもっとそれが欲しくなるのですね。そして依存症になって行きます。

 

パチンコやお酒や美味しい食事やゴルフなどお金を払えばすぐにサービスが受けられるものは、楽で簡単にその場の満足が得られますが、それでずっと心が平穏になるということはありません。やはり有限のものは有限で、無限の心を満たすことはできないのです。

 

もちろん多くの人は、人生とはそういうものだと思い、自分の無限の心を有限のもので満たそうとするのですが、多くの場合真の心の平穏など知ることもなく一生を終えて死んでいきます。もちろんそれもその人の一生で、どう自分の人生を使おうがその人の自由ですが、私はそのように一生を使うのは嫌ですね。

 

無限の心は無限のもので満たす。人それぞれにその人の無限があると思います。私は瞑想や自然の中のロードバイクですが、心の平穏を求めるならば、そういう観点から自分の心を見直すことが大切だと思います。「じゃあ、どこかに行って坐禅や瞑想をすればいいのか?」と思ってもなかなか結果は出ないでしょうね。

 

坐禅や瞑想など、やり方を習うのは良いと思いますが、やはり最後は自分一人でやることです。組織や制度になると、どうしても会員を増やしたいとか、年会費をできるだけ多く集めようとか、その組織や人の欲や都合が絡んできて結局有限のものになって行きます。

 

やはり真理はお釈迦様が言うように、「自分が自分の救済者である。自分を救わずして一体誰が自分を救ってくれるというのか!」ですね。これからも私は無限の瞑想と無限のロードバイクを続けていきますね。心が平穏になって、本当にありがたいことです。

 

合掌

 

仏光

 

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村