大好きな精進 | 仏光さんの心の相談室

大好きな精進

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

お正月休みの真っ最中です。家の周りで自転車トレーニングしたり、息子一家が遊びに来たりと、まあ普通の日本のお正月をやっています。もちろん孫達にはお年玉を上げなければなりません。我が家のお年玉は年齢×1000円で明朗会計になっています。「孫は来て嬉しい、帰って嬉しい」と言いますが、全くその通りですね。帰るとホッとします。

 

同級生をはじめ私と同じくらいの年齢の人には孫が居る人も多いですが、「孫が・・・・、孫が・・・・」と孫がかわいくてしょうがない人も結構います。そういう人はスマホの待ち受け画面も孫の写真になっています。まあ程度の問題だとは思いますが、自分の子供そっちのけで、「孫が命」みたいな爺さんやばあさんを見ていると、その心理が私にはよく分かりません。

 

私は孫も可愛いけれども、やっぱり自分の子供の方が可愛いですね。もちろん孫が来たら可愛がってあげますが、「孫が、孫が…」という気持ちはさっぱり理解できません。たぶん退職をして、年金で老夫婦二人で暮らしていて、毎日の生活以外に特にやることが無いと、その気持ちがかわいい孫に向かうのでしょうかね。

 

私はとりあえず死ぬ前の日まで現役で働きたいと思っているし、仕事、修行、トレーニングなど毎日やることがいっぱいあるし、いくら私になついているとは言え、孫の人生に深く関わっている時間など私にはありませんし、そのつもりもさらさらありません。それは親である息子やお嫁さんの仕事であり責任です。私には関係ありませんね。

 

さて、昨日家の周りでグストのロードバイクでヒルクライムトレーニングをしている最中に、前の変速機のワイヤーが切れて変速できなくなりました。軽いギアに入っている時にワイヤーが切れたので何とか坂道を登って家に帰りました。もし重いギアーに入っている時にワイヤーが切れたら、坂道はペダルが重すぎて自分で漕いで帰れません。

 

とりあえずそこはラッキーだったと思います。家に帰ってインターネットで調べると、プロショップが今日の4日から通常営業になっています。「やった~」と思わず声を上げました。さっそく今日プロショップに自転車を持って行って直してもらいました。私にとっては孫よりかこっちの方が大問題です。まあ可愛い孫たちは、来たら可愛がってあげれば良いのです。

 

今日の夕方に二件電話があって、一人は腰が痛いという事で休みですが明日診ることにしました。もう一人は中学生の女の子で、今日家族と一緒に車に乗っている時に、たまたま火事現場の前を通りかかったら頭が割れるように痛くなったそうです。

 

「明日行ってもいいですか?」とお母さんは言うのですが、本人が頭痛で苦しんでいるのでそのまま電話でお祓いすることにしました。鎮痛剤を飲んでも何ら改善しないという事なので、「これは霊障だな」と思ったのでそうしました。電話お祓いするとその瞬間に女の子の頭痛は消えてなくなりました。たぶん通りがかった火事現場で亡くなった人が居たのでしょうね。

 

家族が居る前で、女の子が電話お祓いですっかり良くなったのでみんなびっくりです。お母さんも信じられないという様子でお祓いの後電話に出て感謝されていました。私は今年もパワー全開みたいで良かったです。

 

やはり私には死ぬ前の日まで天から与えられた使命があるようです。これからもこの使命を果たすために心身共にトレーニングに励みますね。まあ「使命を果たすため」と言うとカッコいいのですが、実際は好きでロードバイクに乗りまくっていると思います。

 

やっぱりヒルクライムを中心に月最低1000kmは半端なトレーニング量ではないので、結果としてそれが私の心身強化となり、パワーアップに繋がっているのですね。これはこれで誠にありがたいことです。

 

これからもこの大好きな精進を続けていきますね。辛いことを我慢しながらやるのを精進と思っている人も居ますが、私は大好きな精進を毎日目いっぱいしています。やることが沢山ある私の人生に心から感謝ですね。ありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村