自分が自分の審判員 | 仏光さんの心の相談室

自分が自分の審判員

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

明けましておめでとうございます。昨日もさっそく家の周りで自転車の乗り初めをしていきました。急坂なのでいつものコースを5周して20km走ったら、獲得標高が500mになりました。乗り初めとすればまあまあですね。とりあえず今年も自転車で始まって、自転車で終わる年になればいいですね。それは私が健康に今年も過ごしたという事になりますから。

 

若い頃の私と比べて、この歳になると命とか健康の意味が全く違って感じられます。若いころは命があって健康なのが当たり前なので、そんなことを考えることも無かったのですが、今は命があるからこの人生があり、健康で居るから人生がより良くなっているのだと実感できます。

 

「健康は財産」と言いますが、知識ではなくてお金よりも何よりも健康の大切さがよく分かります。お金など余すところなく全部使って死ねばいいのです。残す必要など何も無いと思っています。健康でありさえすれば働くことができるし、高齢化社会になっている日本では、歳をとっても健康ならば働く場所は必ずあるし、そうすれば生活するお金程度は稼げます。

 

私は死ぬ前の日まで働きます。働くことが私の命を全うすることに繋がると思っていますからね。年金や蓄えで楽隠居をして、好きなことをしながら暮らすという事に価値を見出している人も居ますが、私にそんな自由時間があれば、すぐに人生に飽きてしまうでしょうね。

 

私の場合は貧乏暇なしで働き続けている方が人生を充実させることができるのです。朝9時から夜の8時くらいまでほぼ毎日働いていますが、それで丁度良いのですね。だから朝早く起きて自転車トレーニングや修行をするし、昼ご飯を作って食べてまた昼のトレーニングをするのです。このようにしていると、月に最低1000km走ることができます。

 

その他に週日はゲストハウスの家事や、仕事の合間にブログを書いています。朝から晩まで色々やるべきことがあるというのは、禅道場の生活と同じですね。夜10時には寝て、朝5時に起きるというのも禅堂と同じ生活リズムです。

 

私の場合自転車に乗っているのも自分の心と向き合う瞑想になるし、仕事も心身の症状で困っている人を何とかその場で回復させる仕事なので、一人一人が真剣勝負です。だから私にとって普通の毎日の生活が真剣勝負であり、修行なのですね。

 

自転車も修行、栄養バランスがとれた食事を毎食作るのも修行、その他の家事も修行、そしてもちろん仕事も修行です。私の心や生活を豊かにするための精進です。私はこのような生き方が大好きですね。今まで一生懸命働いてきたから、蓄えや年金で好きなことをしながら余生をのんびり過ごそうという人も居ますが、私は全くそのようには思いませんね。

 

まあ私にとっては、仕事も自転車も修行も家事も全部好きなことなので、私は私で好きなことをして余生を過ごしているのです。ただ死ぬ前の日まで現役であるというのが違いですね。だから私の今年の抱負は、今まで築き上げてきた生活パターンを続けることです。それが私に充実した一年を創ってくれます。

 

ただ自転車に関しては、今年はもっと強く、そして速く走れるようになりたいと思っています。自分の価値は自分で創るものです。そしてその価値の判断を他人にゆだねないことですね。人と自分を比べることなく、自分ができる善行を毎日続けていくことが大切だと思いますよ。

 

自分の生活の評価は、仕事の結果や、自転車のタイムや、事業のキャッシュフローの数字などで自ずと評価されるのです。私は誰かに「いやいやまだまだお前は・・・・」などと評価されたくないですね。

 

その評価をしている人間が、会社や役所などどこかの組織に属したりせずに、年金などの制度に頼ることなく自分で仕事をしていて、仕事も私よりかもっとすごい結果を出していて、自転車のヒルクライムも私より強くて速くて、料理をはじめ家事全般が私より上手い人ならば、私はその人の評価を素直に喜んで受け入れます。と言うよりその人を目標にします。今のところそういう人にこの国では出会ったことがありません。

 

実際は口ばっかりで何もしない人間が、社会的な立場やちょっと修行したくらいの知識や思い込みで、「お前は・・・・」などと言うのを私が聞くわけがありません。「自分でやってから人のことを言え」ですね。「やりもしないで何をぬかす」と思っています。

 

これは傲慢な意味ではなくて、私は日々の生活に関しては、お釈迦様が最も古い仏教の原典「ダンマバダ」で説いている真理を学んだ上で、道徳ではなく真理に沿って毎日を過ごしているつもりです。そして死ぬ時に、「ああ生きていて良かったな」と心から思いたいのですね。

 

だから私の今年の目標は去年と同じです。私の毎日の「1分1秒を充実して生活していく。」これが私の目標です。まだまだ充分と自分で思えないので、今年も頑張りますね。自分が自分の救済者であり、自分が自分の審判員なのです。人は自分の心の奥底では何が正しくて、何が間違っているのかが本当は分かっているはずです。

 

自分に都合の良い理屈で自分を正当化して自分の欲に流され生きるのではなくて、みんな自分が自分の審判員なのです。私はイエローカードやレッドカードが出ないように今年も一生懸命働きますね。ありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村