良い思い出作りに人生を使う | 仏光さんの心の相談室

良い思い出作りに人生を使う

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

昨日も今日も朝のトレーニングは快適でした。やはりそろそろ秋になって来て、気温が下がりとても走りやすいです。昨日は45km、今日も55kmほどトレーニングで走りました。この歳になっても自分がどんどん強くなっていくのが実感できるのでやっていて面白いですね。

 

本当に何でこんなにしんどいことが面白いのか、とっても不思議です。でも面白いから続くのであって、これが「健康のためにやらなければいけない」になると、何も面白くはないし続かないと思います。

 

最近は平地を走ることがほとんど無くなりました。いつも坂道を登ってトレーニングしています。激坂になればなるほど燃えますね。64歳になるのにこんなことを自分がするとは思ってもみませんでした。でも本当にロードバイクはやって良かったなと思います。

 

結構忙しい仕事のスケジュールの合間に少しでも時間を見つけて走るのは、私にとっては快感ですね。たぶん自転車で走っている時は、私の脳の中でドーパミンが分泌されているのでしょう。

 

少々嫌なことがあってもトレーニングをすれば忘れてしまいます。これは確実に脳の中でセロトニンなどの鎮静物質やドーパミン、脳内モルヒネなどの快楽物質が分泌されているからだと思います。

 

ただ朝5時前に起きるので、まだ眠くてそのまま寝ていたいと思います。まあ自分を叱咤激励して起きるのですね。起きて朝食などを作っている間にトレーニングをやる気になって来ます。

 

でもこのようなトレーニングは他人から見れば努力しているように見えますが、本人は面白がってやっていることなのでこれは努力ではありませんね。私は別に努力していないのです。だから毎日できます。

 

たぶん脳で分泌されるドーパミンやモルヒネが欲しくて、私の脳が私にやらせているのでしょうね。でも結果として気分はいいし、身体はメチャクチャ健康になるし、ロードバイクに乗るようになって本当に良かったと思います。

 

一生というのは長いように見えて、すぐに終わってしまうものです。90歳の人が人生を振り返って、「あっという間だった」と言います。たぶん私も90歳になれば同じことを言うと思います。

 

だから他人に迷惑をかけないのであれば、できるだけ自分が好きなことを見つけて、ごちゃごちゃ考えずにやるべきですね。そういうことができるのは生きている間だけですからね。

 

私は社会的地位やお金より、自分が好きなことができる道を選びますね。つつがなく生活していく経済力は必要ですが、それさえできていれば、あとは自分が好きなことをやった人が勝ちですね。

 

社会というのは他人を意識しながら、自分の利益やプライドを求め、責任のなすりあいをしているからつまらなくなるのです。私はそういう人生はまっぴらごめんなので、これからも人様に迷惑をかけないのであれば、自分の好きなことを精一杯やって死ぬまで生きて行きたいと思います。

 

これはやろうと思えば多くの人ができる生き方だと思いますよ。どうせ遅かれ早かれ死ぬのです。お金や社会的地位はあの世には持って行けません。持って行けるものがあるとすれば、この世で生きていた時の思い出だけです。

 

それならばできるだけ楽しい思い出作りのために人生を使うべきですね。たぶん私はたとえ明日死んでも幸せだと思いますよ。今のような充実した人生を送らせて貰っていて、「寿命が短い」などと文句を言えば罰が当たります。

 

でもまだ死んでないので、今日もできるだけ良い思い出作りに励みますね。嫌なことも多いこの世の中ですが、自分の心の置き所次第で楽しく過ごせるのも人生です。カギはどのようにしたらセロトニンやドーパミン、脳内モルヒネなどの自分にとって心地良い脳内物質を分泌させるかですね。

 

基本的には自分が好きなことをしているとこのような脳内物質が分泌されます。人生ではどのような状況でも、意識的に心を変えて自分が好きなことを試みるのが良いと思いますよ。そうすれば嫌な状況も良くなっていきます。これも自分で自分を救う一つの方法ですね。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村