歯を食いしばって耐え抜くものは耐え抜く! | 仏光さんの心の相談室

歯を食いしばって耐え抜くものは耐え抜く!

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

昨日も昼休みは須山という富士山のふもとにある集落までロードバイクでヒルクライムしてきました。往復33kmになりましたが、獲得標高は600mくらいでした。昨日トレーニングをしていて「もっと強くなりたい」と思いました。でも自分のペースをむやみに上げると後が続かなくなるので、ペースを守りつつ少し登りのスピードを上げました。

 

別に誰と競い合っているわけでもないのに、また高校や大学のアスリートでもないのに、何で「もっと強くなりたい」と思うのか自分でも不思議と言えば不思議です。たぶん昨日よりも今日、今日よりも明日もっと良くなっている自分で居たいのだと思います。

 

さて、世の中は不公平にできていて、そして不条理なことが次から次と起こります。そういう不公平や不条理なことには正直腹が立ちます。不条理なことなどほとんど毎日起こるので、放っておけば毎日腹を立てなければなりません。

 

世間では「勝ち組、負け組」という言葉を使ったりします。今は経済的に裕福になった者を「勝ち組」。そうでない者を「負け組」と言っています。でもこの勝ち組、負け組の語源は第二次世界大戦前までさかのぼります。

 

大戦前、日本国政府は政策として多くの日本人をブラジルをはじめとする南米に移住させました。その時の政府はブラジルは天国みたいな国だと宣伝して、多くの人は「政府の言うことだから信頼できる…」と信用して、日本の家や田畑などの財産を全部売り払って南米に移住しました。しかし実際に現地に着いてみると、天国どころか地獄のような所でした。

 

もちろん当時はインターネットや国際電話など無いので、その状況を故郷である日本に伝えることは簡単にはできません。移住した人はもう戻れないと覚悟して、頑張ってアマゾンのジャングルを切り開いて畑を作りました。その間に多くの人が過労や栄養失調、現地の風土病などで亡くなりました。

 

それでも頑張って農場を拓き、そこでの生活を何とかしていたのです。そこへ「日本が戦争に負けた」という情報が入ってきました。ブラジルに移り住んだ日本人の中で「いや日本は勝っている」というグループと「日本は負けた」というグループに分かれて争いが始まり、流血騒ぎにまで発展しました。

 

ここから「勝ち組」、「負け組」という言葉ができたのです。だからその語源は相当古いものです。勝ち組でも負け組でもブラジルに移住した人は、戦後日本政府から何の援助も無く、捨てられるように忘れ去られました。

 

私が多くの人が「権威」と思っている政府を全く信用しない理由がここにもあります。だから政府が「ワクチンは安全です」と言っていたら、とりあえず私は「ああ危ないんだな」と思うようにしています。

 

本当にこの日本政府による南米への移民政策は不条理な話だと思います。しかし、その移民の子孫が今でも元気にブラジルで生活しています。当時の移民でブラジルで成功した人も結構居られます。彼らは歯を食いしばって頑張り、異国の地での逆境を自分の力で覆したのです。

 

私はいつも不公平や不条理で腹が立ちそうになった時に自分に言い聞かせている言葉があります。「世の中にはびこる不公平や不条理を歯を食いしばって耐え抜いた者は、余人(普通の人)ではまねできない事を成し遂げる。」というものです。

 

これは三国志に出てくる曹操の軍師であり、諸葛孔明の好敵手であった仲達(司馬懿)の言葉です。「死せる孔明、生ける仲達を走らす」の有名な故事に出てくる仲達ですね。のちに彼の孫が西普を建国し三国統一を果たしています。

 

三国志を読んでいても人間社会は有史以来、不公平と不条理に満ち溢れているのです。その不公平で不条理な世の中を生き抜く気概がこの仲達の言葉にあると私は思います。

 

腹が立つ不公平や不条理なことは毎日人の世で起こります。私などテレビでニュースを見ていられないほど起こります。だからテレビのニュースは滅多に見ません。それでも人として生まれてきたので、この不公平と不条理がはびこる人の世で生きて行かなければなりません。

 

この仲達の言葉を自分に言い聞かせて、やっと今の私があるとも思います。「世の中にはびこる不公平や不条理を歯を食いしばって耐え抜いた者は、余人ではまねできない事を成し遂げる。」この言葉で私は救われます。仲達さん、随分歴史は流れましたが今の世でも私はいつもあなたの言葉から力を頂いていますよ。ありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら