心が疲れたら体を動かす | 仏光さんの心の相談室
新型コロナウイルスに関する情報について

心が疲れたら体を動かす

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

昨日からやっと風が止んで気温は低いものの、朝からいつものように30kmのロードバイクトレーニングに行ってきました。昼休みはまた富士山に向かって20kmのヒルクライムです。いつものパン屋さんまで登っていく途中で雪がちらついて来ました。

 

それなりの装備で行っているので登りは暖かくて、それでも汗もかかずに快適でした。でも下りはたたんで背中のポケットにしまってあったウインドブレーカーを着てもすごく寒くて、もう少しで低体温症になりそうでした。ゲストハウスに帰り着いて、まずはお風呂に入りました。それほどちょっと身体はやばい状況でした。

 

でもお風呂に浸かって一息ついたらもう大丈夫です。午後からの仕事も普通にできました。今日も坐禅をしたあと朝から30km走ってきたのですが、気温がー2.5℃でとっても寒かったです。でも平地を走っているので昨日のように体が冷えるということはありません。手足がかじかむ程度です。とっても気持ち良かったですよ。

 

私にとってロードバイクトレーニングは一種の「行」のようなものです。よく修行僧が山の中を1000日間歩き続ける「行」をしたりしますが、私にとってロードバイクはあれと同じですね。山の中を歩く方がもっと自然に近いのでいいのかも知れませんが、私には一日中山の中を歩いている時間がないので、月に1000kmをロードバイクで走ることを私の「行」にすることにしました。

 

まあ昔はロードバイクなど無いので歩くしかなかったのですが、今の時代はロードバイクでそれなりの距離を走るのもいいかなと思います。どちらも脳内で起こる変化は、セロトニンが分泌されて心が落ち着くと思いますよ。今日もまた昼休みは富士山に向かってヒルクライムをしてきましたが、昨日の教訓を生かして準備したので低体温症にはなりませんでした。

 

昨日もそうでしたが、毎日何か嫌なこととか、思いもよらないことが起こりますが、ロードバイクに乗っていると嫌なことなど忘れて楽しくなります。瞑想などではなかなか体験しない心の回復方法です。でも瞑想をしながら、ロードバイクにも乗っているので相乗効果があるのかも知れません。

 

今日も職場でのストレスでうつの状態になっている人にロードバイクを奨めておきました。これは人にもよりますが、うつなどの精神の病はやっぱり体を動かすセラピーが効果的だと思います。それも体を動かすことでセロトニンなどの脳内鎮静物質が分泌されるようなスポーツがいいですね。

 

瞑想も良いのですが、皆さん毎日40分間とか瞑想ができる人はごくごく限られています。私はロードバイクの方が手っ取り早くてうつの人には良いと思っています。うつだけではなくて、他の精神疾患にも良いかもしれません。基本はそれぞれの人が自分を救う道を生きている間に見つけないといけないのですね。そうでないと生きている間に自分が救われませんから。ロードバイクもそのヒントになればいいなと思います。

 

心に問題があるのだから、坐禅とか瞑想とか何か心系の事をしなければならないのかなと思う人も多いと思いますが、体を動かすのは多くの人にとっては心の事をフニフニしているより効果が早く表れて実践的です。今のところ私が奨めて自転車を始めた人の中ではずれた人は居なかったので、これは多くの人にとって効果的だと思います。

 

コロナをはじめ、今の世の中は大変不透明で不安になる人も多いと思います。でも脳でセロトニンが分泌されると心が落ち着きます。その落ち着いた心で色々なことに対処したり、生活をしたりするわけですから、そういう不透明な時代にあっても何もしないでただ不安に思っているより、よほどうまく毎日対処していけると思いますよ。それが心の平穏につながります。

 

これも自分で自分を救っていく道ですね。明日も朝から30kmロードバイクで走ってきますね。毎日いろいろ大変なことも起こりますが、私にとってはロードバイクトレーニングは心の健康のために今は不可欠です。それで随分救われているので私は幸せです。明日も朝は寒いけれども自転車頑張りますね!

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら