悔いが残らない生き方 | 仏光さんの心の相談室

悔いが残らない生き方

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

月曜日は雨で、昨日と今日は風が強くて自転車に乗れていません。これは天気予報通りでしたので、初めから3日間休養にするつもりでした。最近ほとんど休みなしにロードバイクに乗っていたので、3日連続で休めるのは足の筋肉にとっては良いのかなと思いました。休む時はしっかり休んだ方が良いのです。

 

昨日の昼休みは時間ができたので、ロードバイクの整備をしていました。こういう整備の仕方もプロショップで少しずつ教えてもらっています。私は自分にとって最高と思うロードバイクを購入しましたが、本当にそのようにして良かったなと思います。

 

私がもし日本人男性の平均寿命まで生きるとしても、後20年しか生きることができません。今は月にロードバイクで1000km走っていますが、いつまでそのようなことができるのかも分かりません。私は自分が最も気に入ったロードバイクを2台購入したので、最低限ロードバイクに関してこの世に思い残すことはありません。

 

これは私の車も同じで、私が当時最も気に入った車を購入したのですが、今でも乗るたびに「いい車だなぁ」と思って乗っています。もう11年間も乗っていて走行距離も18万5000kmを超えました。それでもちゃんとメンテナンスしてきたので、今でも新車のように走ってくれるし、外装もピカピカしています。もちろん私は車に関してもこの世に思い残すことはありません。

 

これは自動車やロードバイクに限ることではありません。生きている時間というのは誰でも限られているので、「またいつかやろう」などと思っていても、それまでに死ぬとその「またいつか…」はやってこないのです。だから私は今できることは今しておいた方が良いと思っています。

 

もちろんできないことはできませんが、できることならば今した方が良いのですね。私の人生のカウントダウンは今も進行しているのです。修行にしても仕事にしても、今できる最高の事を今日しておけば、それらに関してこの世で思い残すことが無くなるのですね。

 

だからと言って毎日へとへとになるまで頑張っているわけでもありません。朝から晩まで働いて、その間にロードバイクを月に1000km乗っていても心身共に余裕です。と言うか、毎日が本当に楽しいですね。もちろん嫌なことや、思いもかけないことも人生ですから起こりますが、それでも大変楽しいのです。そして一日一日思い残すことがありません。

 

自分でコントロールできることは、思い残すことが無いように最大限その日にやっておくべきです。自分でコントロールできないことは、コントロール不能なのだから私は放っておいて成り行きを見ます。結果がどうであれ、私も遅かれ早かれ死にますので、死んだらそんなこの世の結果などどうでもよいのですね。

 

人の不幸を喜んだり、人の悪口を言ったり、人に嫌がらせをしたりして生きている人は、死ぬ時に思い残すことがいっぱいできます。生まれてこの方、自分の何十年もの一生をかけて人の不幸を喜び、人の悪口を言い、人に嫌がらせをする人間になったのですから。そういう人間は死んでも悔いが残るでしょうね。

 

また色々考えているだけで実際に実践しなかった人も死ぬ時にこの世に思い残すことがいっぱいできます。考えているだけで、結果を恐れて、その時はそれが安全と思い込み何もしなかったのですから。自分がいつか死ぬことを自覚していない人は、「いつか将来やったらいいや」と思ってしまうのですが、その将来が来ても現実化することはまずありません。

 

そういう人生が好きな人はどんどんそういう人生を歩んでもらっていいのですが、私はまっぴらごめんなので、自分の悔いが残らないように毎日を大切にして生きて行きます。今のところ本当に良いことも悪いこともいっぱいあった人生ですが、お陰様で今は思い残すことはありません。

 

私はこれは幸せなことだと思っています。しかし私もまだ生きているので、今日一日悔いが残らないように生きなくてはなりません。自転車はばっちり整備が終わっているので、明日の朝からまたトレーニング再開です。

 

今日も明日も明後日も自分のベストで悔いが残らないように生きて行きますね。今度の日曜日はプロショップのグループライドに参加します。本当に生きていてありがたい人生です。ありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら