過ぎたるは及ばざるがごとし | 仏光さんの心の相談室

過ぎたるは及ばざるがごとし

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

一昨日お待ちかねのカーボンホイール(車輪)が取り付けられたピナレロのロードバイクが届いて、昨日は朝と昼合わせて思わず75kmも走ってしまいました。仕事をしながらよく走れたなと思います。カーボンホイールで予測通り走りが軽くなり、スピードも速くなりホイールを変更して本当に良かったと思います。

 

ただもうこれで自転車に対する投資は終わりです。消耗品などは随時変えていきますが、今ある2台の自転車がその寿命を終えるまで、もう新しく自転車に投資することはありません。カーボンでできているロードバイクの寿命がどれぐらいなのか知りませんが、たぶん10年後、私はその時代としては大変クラシックになる今の自転車に乗っていることでしょう。

 

これからの投資は機材ではなくて、自分の体への投資です。無理をしない範囲で、できるだけ楽しく自分を自転車で鍛えていきたいと思います。私は何事も好きなことに一生懸命になって、自分が自分なりに極めたと納得するまでやってしまうところがあります。仏道修行や仕事などはそれでいいのですが、趣味や運動は節度を持ってやらないと本末転倒の結果になります。

 

私が自転車を始めたのは、死ぬ前の日まで健康に仕事や修行をするためであって、自転車の良い機材を買って走るために仕事をしているわけではありません。どうしても子供のように一生懸命になる自分を今日の朝、自分で振り返ることができました。そして自分にとって何が一番の目的だったかということを思い出したのですね。

 

もちろん自転車トレーニングは続けていきますが、それはあくまで私の人生の目的である死ぬ前の日まで仕事や修行をするのためにやっていきます。たぶんロードバイクは乗っていると脳の中でセロトニンとか脳の鎮静物質が分泌するのだと思います。もしかしたらドーパミンなどの快楽物質が分泌されるのかも知れません。乗っているととっても気持ちいいですから。それを無意識に脳が欲しがって、一生懸命乗るようになるのかなと思うのですね。

 

でもそれだとさっきも言ったように本末転倒になるので、やはりここは本来の目的をちゃんと見定めてこれからやっていかなければならないなと今日の朝思いました。そういうことに自分が気付けて良かったなと思います。私の知っている人で何台もロードバイクを所有している人が居ますが、私がそのようになることはまずないと思いますよ。

 

楽しくて体に良いのだからどんどんやれば良いというものでもないのですね。そこは客観的に自分を見ることが大切です。限られた一生なので、できるだけ毎日を積極的に楽しく過ごすことは大切ですが、やはりそれにもバランス感覚が必要です。

 

今日の朝はカーボンホイールが取り付けられてとっても乗り心地が良くなって、とっても格好良くなった自分の自転車を見てこういうことに気付きました。「過ぎたるは及ばざるがごとし」にならないように節度を持って自転車頑張って行きますね。そういうこれからの自分も楽しみです。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら