雌伏の時(しふくのとき) | 仏光さんの心の相談室
新型コロナウイルスに関する情報について

雌伏の時(しふくのとき)

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

本当に人生とは思わぬことが起こります。今回のコロナウイルス騒ぎもそうですね。私はパンデミックという言葉とその意味を知っていましたし、そういうことが起こる可能性があるのも知っていました。しかし、まさかそういうことが人生の中で実際に起こるとは思ってもいませんでした。

 

今日もまた個人的に思わぬことが起こり、対応に苦慮しました。でもこういうことは初めてではないので、それなりに対応していくとそれなりに治まっていきます。私の人生を振り返っても思わぬことがいっぱい起こりました。それを一つ一つ対処してきたので今があると思っています。こういうことの繰り返しも人生なのですね。

 

その時は落ち込みますが、そこからすぐに立ち直って人生を続けていかなければなりません。私がアメリカに居た頃、30年近くずっと続いているテレビドラマがあって、そのドラマの名前が「ライフ ゴーズ オン(Life goes on)」というものでした。日本語に訳すと「それでも人生は続いていく」です。ドラマの途中で寿命が尽きた視聴者も大勢います。

 

私が思うに、この「それでも・・・・」というところに大きな意味があるのですね。「人生には色々なことが起こります。それでも人生を続けていくのですよ」という大切な意味があると思います。今回世界のほとんどの国と人がコロナウイルスの影響を多かれ少なかれ受けています。

 

それはウイルスによる病気そのものであったり、また自粛による経済的な影響であったりします。先が見えずに暗澹たる気持ちになっている人も多いでしょう。本当にお気の毒に思います。資金的に持ちこたえられなくて廃業になる会社や旅館、ホテルなども出てきています。

 

政府は「臨時の貸付金があります。」と言っていますが。借りると返さなければならないので、今のように先行き不透明では返せる見込みがつかない資金は借りられません。政府的には「ちゃんと貸付金を用意しているので借りるのか廃業するのかはあなたの勝手ですよ」になります。

 

もちろんサラリーマンと違ってみなさん自己責任で事業をしているので、それに対してどうこう言うのは筋違いだと思いますが、今はどのようにしてこの状況をじっと耐えて次のチャンスを見逃さないようにするかを考えるのが経営者の使命です。

 

事業をしていると、じっと耐えるのにも固定費がかかってきますので、収入が無くても経費削減をする努力は必要です。これからしばらくは正念場ですが、この状況は必ず良くなるので、その時にちゃんと再スタートが切れるようにいつも心を積極的にしておく必要があります。

 

「雌伏の時」という言葉がありますが、雌伏というのはライオンが草むらの中に身を伏せてじっと獲物を狙っている様子です。今はみんなある意味「雌伏の時」ですが、ただ伏せているのと「雌伏」との違いは雌伏は積極的な心の現れも含んでいるということです。

 

次のチャンスが訪れれば、がばっと起きてそのチャンスにとびかかり見逃さないのですね。「チャンスはピンチの顔をしてやって来る」のです。今はピンチですが、今回のピンチは社会構造の変革という新しいチャンスも含んでいると思います。

 

そのチャンスの時のための「雌伏の時」と思っていればいいのですね。状況が悪くなるとみんな委縮してしまいます。萎縮したままではなかなか良い人生を歩むことができません。何があっても「Life goes on.それでも人生は続いていく」のです。それならば一生懸命考えて次のチャンスの準備をするのが、今しなければならないことですね。

 

言うだけではなくて実際に私はこの時期に私の事業として長男と一緒に新しい分野に進出しようと思っています。私はあまり時間がないので実際の業務は長男に任せることになると思いますが、その準備を今から始めていきます。そのための色々な調査が必要ですが、ある程度は顧問弁護士にお願いするつもりです。

 

本当に事業として成り立つのかどうかも見なければなりません。多くの人が望んでいるサービスを提供できると思うのですが、そのための調査ですね。今のところたぶん大丈夫だろうとは思っています。まあそう思っていないとこんなこと始められませんから。

 

現時点で大切なのは事業として成り立つのかどうかよりかも、こういう社会の状況で積極的にそういうことをしようとする気持ちですね。そして一つ一つやらなけれないけないことをしていくことでもっと心が積極的な気持ちになっていきます。もちろん事業資金も必要ですが、自分の大切な資金が無駄にならないように慎重に慎重を重ねて調査、準備していきますね。

 

自分で自分の人生を拓いていかないと誰も私の人生を拓いてはくれません。思わぬことは人生でどんどん起こりますが、落ち込みがちな気持ちが積極的な気持ちになるように、実際に自分も含めてみんなの利益になることを考えて実行していくのが問題を一つ一つ乗り越えて成功していく人生の生き方だと私は思いますよ。結果はどうであれ、また生きて行く楽しみが増えた気分です。ありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら