「自灯明」な生き方は自分を守る | 仏光さんの心の相談室
新型コロナウイルスに関する情報について

「自灯明」な生き方は自分を守る

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

つい最近、中国の国家主席の来日が延期になるのと同じタイミングで中国からの入国者を2週間隔離するという方針が出されましたね。私はなぜもっと早い時点でこういう処置をとらないのか不思議でした。中国の国家主席の来日が延期になったと決まったらすぐに隔離政策を始めたので、「やっぱりそうか」と思いました。日本政府は「これとそれとは関係ない」と見え見えのウソを言い続けていますが、まあ日本の政治家だからこんな程度でしょうね。

 

みんなとは言いませんが、元々政権与党の多くの政治家の本質は金と権力欲と優越感で政治家になっているので、自分たちの都合が先で国民の健康や命など後回しでもいいのです。残念ながら国民にうそをつかなかった政府は人類史上地球上には存在しないので、こういうウソを国民に対して言うのは仕方がないことですね。それでもやっぱり憤りを感じます。

 

いざとなった時に人も国も本質が出ます。平時ではみんないい人ですが、いざとなるとその人や国のエゴ丸出しになるのでこういうことが起こるのですね。今の政権与党と日本の政府はまるで幕末の徳川幕府を見ているみたいです。「党内のパワーバランスを考えて、この派閥から一人大臣を出しておいて・・・・」みたいなことをしているから、国会で答弁もまともにできないおっさんが大臣になるのです。これは家柄で政権の中心となる老中や大老などを決めていた徳川幕府と同じです。

 

まあここら辺が日本の本質なのですが、徳川幕府はアメリカからの4隻の黒船で国中がてんやわんやの事態になり、結局は明治維新とともに幕府滅亡につながっていきます。「歴史は繰り返す」です。今の政府も今回のコロナ騒ぎで同じようになるかもしれません。○○大臣、○○副大臣、○○委員長、○○幹事長など大層な肩書がついて権威がありそうに見えているけれども、無能な人間が寄り集まって質の悪い討論をし、質の悪い意思決定をするような組織は会社でも国でも必ず傾き滅びます。

 

ここにおもしろい社会学の基本的な学説があります。色々な調査により裏付けされた社会学的な真理ですが、私はアメリカの大学でこれを学びました。それは「似たような同質の人間が集まり討論が行われ意思決定をするような組織は、質の悪い討論が行われ、質の悪い意思決定がなされる。質の良い意思決定をするのならば、幅広い異質の人間を募り、討論に加えて意思決定をしなければならない」というものです。私が居たアメリカの上場企業はこれが実践されていましたね。だからまだ若かった日本人の私が役員にも抜擢されたのです。

 

政府の面々を見ていると同じように金と権力と優越感に価値を置き、同じようなおっさんが意思決定のメンバーになっていて、質の低い討論と質の低い意思決定が「ふにゃ~」となされていると私は思っています。「今年は日本でオリンピックもあるし、中国の国家主席の訪日が予定されているから、政治的判断で海外、特に中国から渡航してくる人間の隔離政策は今のところやめておこう」というような質の低い意思決定がなされたのでしょうね。それでまた感染が広がるのです。そして後からそれを突かれると「これとそれとは関係ありません」とうそを言うのですね。

 

本来はもっと多くの女性議員とか労働者とか経営者とか市民の代表が討論に参加し、討論の質を高めて、質の高い意思決定が国としてなされなければならないのです。なるほど選挙で議員は選ばれていますが、実際この国の地方ではたいがいの場合、地縁血縁、利権がらみで欲得をベースに政党を背景にして議員が選出されている場合が多いのです。そういう人間が質の高い討論をして、質の高い意思決定をするわけがないと私は思っています。

 

私は人類の歴史を客観的に見た上で、政府とか俗に言う「お上」は信じていませんが、そういうものをありがたがる人間も世の中には多いですね。私はだんだん残り少なくなってきた私の人生を自分で守り通す覚悟でいます。ある意味戦国の武将と同じ「一所懸命」ですね。政府に守ってもらうことなどさらさら期待していません。もちろん向こうも私の人生を本気で守ろうなどとは思っていないでしょう。人生は「長い物には巻かれろ」で生きてはいけないのです。

 

法人税をはじめとする諸々の税金や厚生年金、社会保険料など法律に基づき会計事務所の監査の下きちんと支払っていますが、そのリターンはあまり期待していません。もし目に見えるリターンがあればとっても嬉しいことでしょうね。でもこの国に生まれ、少しでもこの国やそこに住む人々が良くなるのであれば、私は自分ができることを一生懸命やるつもりです。

 

今日も休みだけれども朝から働いていました。休みに仕事をしても一向に苦になりませんね。それが私の残り少なくなってきた人生の過ごし方です。時間がもったいなく思えます。私の人生を守るためにも私の生き方が、「自灯明、自分を頼りに生きていけ」でずっとあり続けますように。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら