元気に死ぬ | 仏光さんの心の相談室

元気に死ぬ

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

一昨日のブログに書いた、心不全で死にかけていた知人のお母さんは昨日からお粥を食べるようになり、今日は刻み食ですが普通に食事が食べられるまでに回復しました。あとで教えてもらったのですが、一番状態の悪い時に測定した心不全の状況を測るBNP値は2018.9pg/mlでした。正常値が18.4pg/mlですからあり得ない数値ですね。

 

BNPは心臓を守るために心室から分泌されるホルモンです。心臓の機能が低下するほど心臓を守るために多く分泌されます。BNPは40pg/mlで心不全の疑いで要観察になるので、如何にお母さんの数値が高いか分かりますね。まぎれもなく末期的な心不全です。

 

そりゃ医師を含めて誰でもお母さんは心不全でその時臨終を迎えるだろうと思いますよね。たぶん今測定するとこの値はかなり下がっていると思いますが、医学的には90歳でこのような症状を呈している人が回復することはなく通常は死ぬので、昨日から医師は「今は治ったように見えているけれども、また悪化します」と言っているらしいです。ちょっと可哀想だけれども気を悪くすると思って、誰も医師には私が手当で処置したことを伝えていません。

 

まあ私とすればそういうことはどうでも良くて、お母さんが回復すれば良いのです。もともと医師はお母さんが瀕死の状態の時に「改善しません」と家族に言い切っているので、今は「治ったように見えているけれども…・」と言うしかないのだと思います。私もBNP値が2018.9pg/mlの人が一日で回復して普通に食事が食べられるようになるのか少し調べたのですが、そういう例は90歳という年齢でなくてもやっぱり無いですね。

 

特に心臓の薬などは何も投与されていないので、この回復は奇跡的です。めちゃくちゃ嬉しく思います。だからと言ってこういうケースをまた診たいとも思いません。あまりにも苦しそうで「断末魔の苦しみ」というのはこういうことを言うのか?と思いました。そういう人を目の前にして自分が何かしなければならないというのは、顔は穏やかにしていても結構精神的にはきついものです。本人を含めて皆さんの「何とかしてください先生」という気持ちがひしひしと伝わってきます。

 

ここで思い出したのですが、手当をする前に一度お苦しんでいる母さんのお祓いをしました。それから手当を始めました。お祓いをした時にゲップが出たので、お母さんに何か憑いていたのは間違いないと思います。それまで元気に歩いていたお母さんが、いきなり重症の心不全になったのは霊障が原因であったかも知れません。それでもお祓いの後、その場でお母さんの状況が良くなることはありませんでした。でもお母さんとその部屋を浄化してから手当てをしたのが良かったのかなとも思います。

 

お母さんが言うには私が手当てをしていると体がどんどん良くなっていくのが実感できるそうです。私は以前に自分の手を痛いところに当ててみましたが全く何も感じませんでした。もちろん自分の痛みも治りません。この手当の力は自分0、相手100の力ですね。まあ痛みだけではなくて色々な症状が改善するので大変助かっています。

 

今日も神奈川県で午前中お祓いをして、今週の日曜日は千葉県で家のお祓いがあります。でも今年から日曜日に首都圏でお祓い付きの霊と健康を考えるセミナーも開催するつもりです。多くの人にこのような次元があることを知って貰いたいのと、死んでも終わりではないことを伝えるために、このセミナーを開催したいと思っています。

 

どこか具合の悪いところがあると、お祓いなどでその場で改善することを知って貰って、そういう次元があることをその場で実感できるセミナーにしたいですね。言葉や観念ではなくてお祓い前とお祓い後という具体的な結果でもって、違う次元や自分の本来の姿が時空の旅人であることを実感して貰うためのセミナーです。

 

もちろん霊障でない人もいると思いますが、痛みだけならほとんどの場合、無痛自律神経療法でその場で数分で改善することができると思います。多くの人が自分が時空の旅人であることを実感すれば、もっと自分勝手を減らし良いことをして人生を送るようになって、もっと幸せになると思いますよ。

 

本来の自分が本当の意味で何であるのかが分かり、自分が死ねば終わりではないことを知ると人に嫌がらせをしたり、人の悪口などを言って回るようなことなどできなくなります。ましてやあちこちに居る人の不幸を喜ぶような人間は居なくなるでしょう。

 

この世だけが自分の人生ではないことを知ると、恐ろしくてそのようなことはできなくなります。そういうことを知らずに生きてきて、死んでから困っている霊と言うか、心のエネルギー体を私は嫌というほど毎日見ていますから。それにしても死ぬ前の日まで元気に働きたいと、私は今回のことで決意を新たにしました。

 

 

長生きをしたいなどとは決して思いませんが、もし長生きをしてしまっても死ぬ前の日までは元気で働いているようにします。そのための毎日の精進ですね。本当に歳をとってからより良く、ちゃんと死ぬというのはなかなか難しいものだと実感しました。今までの私の考えはまだまだ甘かったですね。

 

年老いてから病院や施設に入ることもなく元気に死ねるようにこれからも毎日仕事、瞑想、トレーニングを真剣に頑張りますね。多くの人がそうなるけれども年老いてから病院や施設に入るというのは、私の人生を全うするためには本当に避けた方が良いと実感しました。死ぬのはいつでも良いのですけれども、その時はちゃんと死ねますように!

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら