守護霊? | 仏光さんの心の相談室

守護霊?

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日は土曜日で仕事が朝から忙しい一日です。お昼は何とか筋トレに行きたいと思っています。さて今日の朝、霊障で体中が痛い人のお祓いをして、体はすぐに良くなったのですが、お祓いをした後ちょっと霊に対して腹が立ちました。以前にも同じようなことがあって同じようにお祓いをして終わっていたのですが、また来たのかと思うと「いい加減にしろ」と腹が立ってしまったのですね。

 

本当に中にはしつこい霊もいます。いい加減あきらめて成仏してもらいたいものです。よくテレビなどで霊障などを怖がらせるように編集して流している番組があります。そして普通の人はそれを見て怖がります。私の経験で中には稀に本当に悪い霊も居ますが、だからと言って霊が怖いと思ったことなど一度もありません。

 

「この野郎!」と腹が立つことはあっても怖いとは全く思いませんね。まあ悪い霊は最初の内は何だかんだと悪さをしますが、そういうこともほどなく治まります。私は天からこういう特殊な能力を与えられて、それに胡坐をかくことなく、毎日朝の瞑想修行をして、本当に困っている人のお役に立てるように、自分を戒めながら毎日生活しているつもりです。

 

もともと悪いことをする霊は、ちゃんと生きてこなかった人間の心が死んでから恨みや執着などによってこの3次元にさまよっている状態です。そんな奴に私が負けるわけがないといつも思っていますし、実際に負けることはありません。まあ当たり前の話です。

 

それだからこそ機会があれば、誰に対してでも死んでからおかしくならないように、「人間は死ねば終わりではない。心は「個」として存在し続けるから心を豊かにちゃんと生きて行くことが大切です。」と言い続けています。本当に毎日霊障で困っている人に対処している経験からそう思いますね。

 

本来普通の慈悲心や誠意と優しさを持って生きていれば、死んでからちゃんと行くべき次元に行けるものです。よくテレビやインチキ霊媒師が「守護霊が・・・・」などと言っています。実際はそんなものは居ません。話を聞くと守護霊なるものは良い霊で、憑依しているその人を見守り、いろいろ災難や困難からその人を守ってくれるとのことです。

 

大体良い霊であれば死んでからいつまでも我々が住んでいる3次元の世界には居ません。ちゃんと行くべき次元に行っています。3次元の世界に居続けていつまでもその人を一生守りながら・・・・・などと言うことはありませんね。違う次元で新しい人生を歩んでいます。

 

洋の東西を問わずに「守護霊」などと言っていますが、これは死んだお父さんお母さん、お爺さんお婆さんやご先祖様などが、いつまでも私を見守っていてくれて守っていて欲しいという素朴な人間の願望から生まれたものですね。見えないものだから色々作れるのです。ただ子供を残して死んでいった母親の霊がこの3次元に残り子供を見守るように一緒に居るということはあります。そういうケースを体験したことがあります。

 

私は年間延べ3800人以上の霊障を実際に見ていて、守護霊などは居ないと思います。本当に守護霊などというものが居れば、守っていてくれているのだからもともと霊障などにはならないし、何でもかんでも人生ではその守護力によってうまくいくはずです。守護霊が居るのであれば、「うまくいかない時は一体守護霊は何をしているのだ!」ということになります。

 

だからと言って守護霊と言う存在がなくても、何も自分を守ってくれてはいないとも思いません。私は自分の人生経験からつくづくこの宇宙の「大いなるもの」に守られているなと思うことが度々あります。人々はそれを「神」と呼んだり、「仏」と呼んだりしているのだと思いますが、私は神でも仏でもなく「天」と呼んでいます。実際にこの特殊な能力も私が天から授かったものです。それで多くの人が助かっているのだから「天」はやっぱり存在するのですね。

 

だから一番大切なのは自分がいつも精いっぱいできることをしてちゃんと生きることです。自分で自分を助けていると天も助けてくれます。自分は何もせずにただ神仏、天に向かって拝んでいても何にも起こりませんが、自分ができるだけのことをして、自分で自分を助けて、「人事を尽くして天命を待つ」という状態になった時に天は助けてくれるのですね。

 

 

今日も私の療法院では朝からお祓いが続いていますが、来られた人は今のところ100%改善しておられるので、これも天の助け、「天祐」だと思っています。守護霊とは誰かの霊ではなくて、一生懸命自分を助けている自分の勇気と誠意のことなのですね。自分の勇気と誠意が人生の荒波から自分を守ってくれます。これがお釈迦様が言う「自分が自分の救済者である」の所以ですね。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら