令和の改革 | 仏光さんの心の相談室

令和の改革

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日の昼休みは思い通りの筋トレができて、とっても嬉しかったです。昨日の夜から大胸筋のダンベルプレスの重量を一段階上げようと思っていて、ちょっときついかなと思ったけれども、今日は最初から思い切って上げてみました。すると思っていた通りに10回4セット、合計40回挙げることができました。もちろん正しいフォームで胸を開いてゆっくりとダンベルを挙げていきます。

 

これは随分大胸筋に効いたと思います。今回は片手34kgのダンベルで両手68kgでやりましたが、来年中にはあと4kg上げて正しいフォームで片手40kg(合計80kg)のダンベルで10回4セットのダンベルプレスをするのが目標です。まあジムにあるダンベルで一番重たいのが40kgなので、まあそのジムでそれ以上はできないのですね。

 

そこまでできれば上出来かなと思います。さすがに今日は大胸筋が痛いと言うかだるいですね。これでまた筋肉が発達する事でしょう。このようにイメージしたとおりのトレーニングができるとすごく充実感と達成感があります。これが好きで一生懸命筋トレをしているのかもしれませんね。ただ怪我をしないように慎重に使う重量を上げていこうと思っています。

 

さて、今年の仕事ももうすぐ終わりますが、今年は今まで築いてきた仕事の成果を一旦自分である意味壊して、新しい方向で仕事を始めた記念すべき年です。丁度元号も「平成」から「令和」に変わり、新しい時代にふさわしい仕事の改革であったと思います。今まで無痛自律神経療法で生理学的に築いてきた回復の成果をある意味捨てて、お祓いによる回復に重点を置いていったのです。

 

それは毎年5000人近くの人を診てきて、霊障がある場合はそれを取り除かないと本格的な回復が無いということが分かったからです。元々私のところには病院で回復しない人が来ていますので、元々病院で回復しない原因が霊障である可能性が高い人が来ているのです。霊障が原因の場合、あまりにもあっさりとすぐに100%回復するので、この分野を深めていこうと思ったのですね。

 

今年の症例で印象的だったのは、原因不明であごの骨が腐っていく病気になった水道工事屋さんの人が来たことです。病院で腐っているあごの骨を削る手術を二回したのですが、それでも回復しません。もちろん病院では原因が何かなのも分かりません。ただ対処療法で腐ったあごの骨を削っているだけです。その人は病院では埒が明かないので私のところに来られたのですね。私のところでお祓いや手当などをして一時は随分よくなったのですが、ある日全く元に戻ってあごの痛みと腫れが出てきました。

 

私は不思議に思い、「今日は痛くなる前に何処に行ってきましたか?」と聞きました。するとある新築の住宅現場に行ったら痛くなったと本人が言います。そして持っていた手帳を調べ始めました。するとあごが痛くなり始めたのが、その新築現場にはじめて行った日からであることが分かりました。そしてその現場は元々古い家が建っていて、そこに居た老人男性が独居死して、その家を解体して更地にして新築の家を建てたという事も分かりました。

 

手帳を見ると毎回その現場に行った後であごが腫れて痛くなっています。しかもその新築の家を建てた大工さんはガンを発症して病院に入院したとのことでした。私はこれでこの不可解な病気の原因がその新築現場に関係する霊障であることが分かりました。私は早速その人を連れて新築現場に行って、その場のお祓いをしました。

 

それからその人のあごは一挙に回復しました。先日病院での検査があったのですが、ちゃんと回復しているのが確認されました。これは私にとっても大変よい勉強になりました。霊障が原因であっても、その霊障の根本原因が何処にあるのかまで突き止めなければならないのですね。ただ私のところに来た人を療法院でお祓いしているだけではダメなのです。

 

それで家や土地などをお祓いに行く事になったのです。今はほとんどの休日を使って要請のあった家や土地や会社のお祓いをしています。まあ一般に言う「休み」などというものは無いのですが、私はそれで結構です。休みが無いから疲れるということもありません。どうせ家でボサーっとしているのならば、私の力を人様の役に立つように使っている方が良いのです。

 

このような仕事の改革によって,私のところに来る人も変わってきて、もちろん捻挫や肉離れなどは無痛自律神経療法で日本最速で回復させますが、今は圧倒的にお祓いが必要な人が多くなりました。これは仕事の改革だけではなく、私の人生の改革に繋がりそうです。

 

もちろん今は常識良識に基づいた日本の良い子の皆さんは、霊とかお祓いとかを胡散臭い怪しいものとして社会的に葬り去っていかなければならない事になっていますが、私はその常識良識をこれから観念ではなく、現実的な結果によって変えて行きます。目の前で起こることは本人の状況も含めて現実です。また私のところで回復した人は喜んでお祓いの結果を証明してくれます。これが強みですね。

 

そういう事を考えているとなんだかワクワクしますね。療法院に来る人も今までよりもっと増えて、大変忙しくなっているので、今のところ令和の改革は正しかったと言えます。私にとって令和元年は本当に改革の年になりました。令和二年はもっとこの分野の仕事が発展していく事でしょう。そのためにも首都圏をはじめセミナーやお祓いに出て行こうと思っています。本当にこれからが楽しみですよ。頑張りますね。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら