自分の心が人生を創る | 仏光さんの心の相談室

自分の心が人生を創る

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

昨日は予定通り昼休みに肩のトレーニングをみっちりやって来ました。またいつものように筋トレの後はお風呂に入って、少し昼寝をして元気に午後から夜の仕事もできました。私は筋トレするたびに「ああ、ありがたいな」と思います。体が元気であるからこそトレーニングが積めるのであって、健康を害せば筋トレも仕事も何もできなくなります。

 

普段できていることがちゃんとできるのが如何に幸せであるのかを知ると、心から感謝の気持ちがわいてきます。たとえ嫌なことがあっても、その日筋トレができれば「私は健康であった」ということになるので、まあそれだけでもありがたい話なのですね。

 

これも「小欲知足(しょうよくちそく)」になります。何は無くとも健康であればありがたいと感じるのだからまあ幸せな話です。いくらお金があっても、社会的地位があっても、健康がなければそれらは何の意味も持ちません。死の病につけば、お金や社会的地位などいらないから健康に戻りたいと思うものです。

 

私の知っている人に毎日お酒をたくさん飲んで「いつ死んでもいい」と言っている人が居ます。一応社会的にはちゃんとした職業に就いていますが、本人は離婚をしていて、子供たちとも離れて暮らしていて、それでもそれなりの給料を貰えるから、することもないので家に帰ってから毎日一人で酒を飲んで暮らしているのです。

 

私も「いつ死んでもいい」と言っていますが、この人の「いつ死んでもいい」とはわけが違います。この人の場合、自分がいつか肝硬変になって死ぬだろうということを知りながら、まあ言えば生きていてもしょうがないという自暴自棄で毎日お酒を飲んでいるのです。

 

とりあえず大学も出て資格も持って、そして自分の性格から奥さんに逃げられ、生きていてもつまらないという状態で毎日を過ごしています。この人は社会的弱者の悪口をかなり言います。たぶん自分が幸せでないから人をけなすことでその場限りの優越感を感じているみたいですが、50年くらい生きて来てこんな程度の心の境涯しかない人間も世の中には結構居るのですね。その人が人をけなす時に、一緒に弱者をけなしている同じ職場の人間が居るらしくて全く話になりません。

 

それなりの給料をもらっているので、ちょっとしたお金もあり、まあ大したことは無いけれどもそれなりの社会的地位もあり、でも自分が不幸せなのでお酒を浴びるほど飲んで自ら健康を害して「いつ死んでもいい」と早く死のうとしているのです。

 

確かに私もまあそういう人間ならばいつ死んでもいいかなとも思いますが、せっかくの人生なのにもったいない話です。ほんの少し真理に気づき、ほんの少し心を入れ替えるだけでこの人の人生はかなり変わるのに、自分で自分の人生をだめにしている典型的な例です。

 

私は健康も含め、毎日の生活の中でできるだけのことをした上で「いつ死んでもいい」と思っています。そしてそれで私は満足です。私は決してお酒を飲むなとは言いません。若いころは私も一晩で日本酒ならば一升は飲んでいました。私の長男は倍の二升くらい飲んでいましたが、二人ともお酒をやめました。

 

私は健康のため、そして長男はお金がもったいないのでお酒を飲むのをやめたのです。やめられるということはお酒に対して精神的依存が無いということだと思います。結婚式など何かの機会に飲むことはあるかもしれませんが、まあ普段はお酒を一滴も飲みません。そして二人とも今は自分の能力を活かした仕事に没頭しています。こっちの方が人生としては酒を飲んでいるよりよほど良いですね。

 

どのような人生を送るのかはその人次第ですが、外から見ると仕事をしていて普通に見える人でも中身はぐちゃぐちゃという人が世の中には本当に多いです。昨日のブログにも書きましたが人をけなし、人の悪口を言い、また嫌味を言い、意図的に人の心を傷つけて喜んでいるような人間はとりあえず生きている価値がほとんどありません。ここに書いた酒飲みが言うように正直「いつ死んでもいい」と思います。

 

それでもその人が何かの機会に真理に気づき、自分の心を少しでも入れ替えていって、そこから生活を変えて少しでも良い人生が送れる機会がありますようにとも願います。毎日を自暴自棄で生きるのと、毎日を自分を活かして生きるのとでは天と地の差があります。どちらを選ぶのかは自分の心次第ですね。自分の心が自分の人生を創っているのですから。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら