霊障の子供を救う | 仏光さんの心の相談室
新型コロナウイルスに関する情報について

霊障の子供を救う

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

昨日は久しぶりに昼休みの筋トレの後、「本当に疲れた~」と感じました。昼過ぎまで仕事がいっぱいでしたが、午後はそれほど忙しくなかったのでちょっと助かりました。これは一昨日、足と腹筋の筋トレをしたのですが、ちょっと調子に乗って腹筋をやり過ぎました。アブローラーというコロコロ転がる腹筋の器具を使って、100回ほど腹筋をしたので、その疲れが身体に残っていたみたいです。

 

昨日も女性トレーナーがほぼ付きっ切りで胸の筋トレを指導してくれました。またそれも体がきつい原因です。まあ身体に負荷をかけて鍛えるのが筋トレなのでこれで良いのですね。これは修行も同じで、最初から楽であれば修行にならないのです。午後は時間があったので昼寝をしたら少し疲れも回復しました。でも家に帰ると疲れてブログも書けずすぐに寝ました。

 

さて、一昨日は日曜日でしたが、地元で二件家のお祓いをしました。そのあとで夕方から筋トレに行ったのですね。両方とも家に霊障の原因があったので、お祓いの後は家族に出ていた様々な身体症状も無くなり、これから家全体がどんどん良くなっていくと思います。

 

ただ二件目のお祓いは少し大変でした。まずお母さんが足腰が痛くて歩くのがやっとという形で先週初めて私のところに来られました。それまでなじみの治療院に通っていたそうですが、治らずにどんどん悪くなってこのような状態になりました。

 

私はおかしいなと感じていたので、最初にお母さんにお祓いをしてあげると足腰の痛みはいっぺんに無くなりました。もちろんお母さんはびっくりしましたが喜んでおられました。そして、「実は…」という話になって、今中学一年生になる娘さんが、二年くらい前のある時から急におかしくなって、リストカットなどをするようになったという話になりました。

 

普通に話していたかと思うと、急変して顔つきも変わり別人格になるようです。私はお母さんがお祓いで良くなったことを考えると、それも霊障だなと思いました。それで一昨日の日曜日に娘さんを私のところに連れてくることになったのです。

 

当日娘さんはそれを察知したのか、急にまた別人格になって「どこに連れて行くの?私は行かない!」と暴れだしたそうです。これはよくあることで霊に憑依されていると、その霊が私のところに来るとその人から離れなければならないので、来させないように邪魔をするのですね。でも普通本人は自分が拒否をしているのだと思い込んでいます。今までこういう事が何回もありました。

 

当日困ったお母さんから電話があって、とりあえず家をお祓いしようということになりました。家でその話を聞いた娘さんは「私はその時は家を出ていくからね!」と言っていたそうです。お母さんが私を迎えに来て、同じ町に在る自宅に行きました。

 

すると居ないと思っていた娘さんが家に居るではありませんか。私は普通に「こんにちは」と挨拶しました。娘さんも「こんにちは」と挨拶をします。私は「これはイケるで!」と思い、娘さんに「今まで色々苦しかったでしょう?それをちょっと楽にしてあげるね。」と言ったら素直にコックリうなづきます。そこで早速娘さんのお祓いを始めました。

 

すると途中から般若心経が言えないほどげっぷが出て、「ああやっぱり霊障だな」とお祓いしながら思いました。終わって「どうですか?」と聞くと「肩や体が軽い!」と言って微笑んでいます。今までいつもズーンと肩が重かったそうです。

 

お母さんは娘さんは今まで何処か何とかしなければならないという思いもあったみたいだと言っていました。その思いが助けとなって家に居たのでしょうね。そのおかげでお祓いをすることができました。

 

娘さんのあと家もお祓いして私の仕事場までまたお母さんに送ってもらいました。今日の朝お母さんから留守電が入っていて、「娘はあの後から信じられないほど劇的に変わって、また元の優しい娘に戻りました。本当にありがとうございます。」というメッセージが入っていました。

 

この娘さんのような症状は普通病院に行くと「人格障害」と診断されて終わりなのですが、これで分かるように娘さんの人格には何の問題もなく、霊が憑依することによって人格が変わっていたのです。この一家の場合は私と縁があったから救われましたが、世の中にはこういう子供がいっぱい居るのだろうなと思います。

 

そしてそのまま病院に通いながら人格障害で一生を棒に振ることになるのですね。これは家族も大変ですが、本人が一番かわいそうです。私は毎朝の瞑想の時に、「もっと多くの本当に困っている人たちとご縁ができますように。」と祈ってから瞑想します。

 

もちろん人格障害の子供がみんな霊障だとは言いませんが、今までの私の経験で行くと60%くらいが霊の憑依によって人格障害が起こっていると思います。それくらい子供の人格障害には霊が関与しているみたいです。

 

昔の人は経験的にこれを知っていて、このような子供に起こる現象を「かんの虫」と呼んでいました。そして詳しいことは知りませんが、それなりに治す方法があったみたいです。随分昔にそういうおじいさんから話を聞いたことがあって、かんの虫を治すと子供の手のひらから本当に黒いイトミミズのような虫が何匹も出ていくと言っていました。まあ見える人には見えるそうです。

 

その頃の私は「そんな馬鹿な!」と思っていましたが、実際に自分がお祓いなどで子供達を救えるようになって、「あの爺さんが言っていたことは本当だったんだな」と思います。これからも一人でも多くの子供が救えるように願っています。これも私の大切なミッションなのでしょうね。これからも生きている限り頑張らさせて貰います。どうぞいっぱいご縁ができますように!ありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら