瞑想で得た大きな気付き | 仏光さんの心の相談室

瞑想で得た大きな気付き

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

昨日のことですが、朝の瞑想をしていて大変大きな気付きがありました。まあ仏教ではこういう気付きを悟りというのですが、今回のが私の修行のなかで一番大きな気付きでしたね。残念ながらこういう気付きというのは人類の言葉で説明しようがありません。説明しようとしてあえて言葉にすると、もうそれは気付きの本質から外れてしまうのですね。

 

だからその内容をここで説明する事はできませんが、何か近い形で話すことはできるかもしれません。もちろんこれが私の気付きの本質そのものではないのですが、何とか日本語にしてみます。ただその内容は私の気付きに近いけれども違うものだと理解しておいてください。そうでないと「な~んだそんな事?」という反応になるのが今から分かっているので、一応言っておきますね。

 

ミツバチは花の蜜を集めますが、花粉も食料として集めます。花粉はミツバチにとって大切なタンパク源になります。この花粉をミツバチは足に団子のようにつけて巣に持ち帰るのです。ミツバチにとって花粉は大切なもので、この花粉をいっぱい持っているミツバチはミツバチの中では金持ちのミツバチなのです。

 

ミツバチが1匹大きな花粉団子を足につけて、得意満面に私の前に飛んできました。そしてその花粉団子を足からはずして私の前に並べました。そしてミツバチは「こんなにリッチな俺を見てくれ」と自信満々で私を見ています。ミツバチは生まれた時からミツバチの社会の中で育っているので、ミツバチの社会が世界そのものなのです。ミツバチの世界では彼はエリートでした。

 

私はエリートのミツバチが置いた大きな花粉団子を見ましたが、私にとって花粉は全く価値の無いものなので、いくらミツバチが「この俺を見てくれ」と私を見つめても、そんなことはどうでも良い事でもちろん私はミツバチを無視します。ミツバチの社会では花粉をいっぱい持っているのは凄い事かもしれないけれども、人間にとってはほとんど価値の無いただの花粉の塊です。

 

私達の人間社会ではお金を持っている人が金持ちで、社会の中では一目置かれて、本人も自分は他の人間に比べて偉いと思っています。人間社会でお金をいっぱい持っていることは他の人間から羨ましがられる存在になるのですね。私達人間は生まれた時から人間社会の中で生きて、お金は大変大切なものだと知ります。そしてお金こそ一番大切と一生をかけて、このお金をもっと集めようと右往左往しながら生きて行きます。お金をいっぱい持つことはみんなから羨ましがられ、賞賛されるのです。

 

でも先のミツバチの花粉と、人間のお金は全く同じですね。私がミツバチの巣の前に行って万札をビラビラ見せびらかしてもミツバチにとっては何の価値も無く無視されるでしょう。私達はこのようにその社会限定の価値しかないものに人生の全てをかけて右往左往しているのですね。凄い金持ちがトランクに2億円入れて、ロケットに乗って火星に行って赤茶けた火星の荒野でトランクを開けて2億円をボロンと出しても全く何の意味も価値もありません。

 

ミツバチの花粉も人間のお金も相対的な価値しか無いのです。宇宙に通用する絶対的な価値は無いのですね。地位や名誉や財産も相対的な価値です。そんなもので私達は一生を右往左往しながら生きているのです。

 

では絶対的な価値のあるものとは一体何でしょう?私は先ずは「生命」だと思います。これは宇宙の何処に持って行っても価値があります。何故なら今のところ生命はこの広大な宇宙で地球にしか確認されていませんから。

 

あと人間ならば、「清らかな心」でしょうね。これは宇宙では生命よりも価値があるかもしれません。バクテリアにも生命はありますが、清らかな心となるとこれは生命体の中でもある程度高度に発達した動物に限られてきます。しかも欲や自我にまみれた汚い心は結構ありますが、清らかとなるとこれは地球上でも滅多に無いものかもしれませんね。

 

だから「汚い心」で「お金」や「地位」を一生をかけて追い回しているような存在は、宇宙的な絶対的価値観から見るとあまり意味が無く、「せっかく人間に生まれているのに、何でそんな形でこの宇宙に存在しているの?」程度のものになります。まあ此処まで書いてもお金や地位が大事と人生をかけて追い掛け回す人がほとんどですが、自分の絶対的な価値について考えてみるのも大切だと思いますよ。

 

人間社会で賞賛されたとしても、それは人間の社会と価値の範囲内だけの話で、それが全てではまったく無いのです。まあミツバチの花粉団子程度のものです。人類のほとんどは自分と他の人間とその社会を見比べながら、人間社会の価値観の中だけで、良いとか悪いとか言いながら生きて死んで行きますが、釈迦やキリスト、モハメドなどオリジナルの聖人達は人間社会の相対的な価値観から一歩進んで、宇宙的な絶対的価値観に気付き、そしてそれを自分のものとして得たのだと思いますよ。

 

人間の言葉で私の気付きに似たような事を書くと、まあこんな程度のものにしかならないのですが、実際は違うのだと思っておいてください。まあこれよりずっと深いものですね。また多くの人にとってはいったい私が何を言っているのかすら皆目分からないと思います。でも瞑想の中でこれに気付いた時は全く目からうろこで、今後の私の人生がまた随分生き易くなりました。

 

言葉で「我と宇宙は一体」などと言うのは具体性が無く、観念や思い込みで誰でもちょっと知識があれば賢そうな顔をして言えます。私の場合は実際に気付きのあと、何も言わなくてもパワーがまた目に見えて上がりました。これは仕事の具体的な結果を見ればすぐに分かりました。このように具体的にビフォアーアンドアフターで違いが分かると気付きが本物だったのだと思えます。本当に修行とはありがたいものですね。瞑想をやっていて本当に良かったと思いますよ。更なる気付きを求めて、これからも毎日精進して行きますね。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら