失敗から学ぶ事 | 仏光さんの心の相談室

失敗から学ぶ事

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日は昼休みに腕の筋トレと格闘技系のエアロビをやりました。エアロビは45分間動きっぱなしなので、持久力が無いとついて行けません。昔の私なら絶対無理だと思いますが、今は結構平気でついて行けます。だから40代、50代の時よりも、今の60代の方が私は強くなっているのです。人は何もしなければ年と共にただ老いて行くだけですが、練習次第で20年前の自分より強くなることができるのですね。

 

最近は朝の自転車が外が明るくなるのが遅くなったのと、前の台風による土砂崩れでいつものコースが使えないのとで乗れていません。その代わりにジムで足の筋トレを始めました。足のトレーニングは日曜日にするつもりです。だから1週間に6日ジムでトレーニングをする事になります。

 

「○○をしなければならない」と思うと物事は苦痛になりますが、私は好きでトレーニングをしているので全然苦にならないどころか楽しい時間が増えました。でもまた春になれば朝の自転車トレーニングを始めるつもりです。これもこれで楽しいトレーニングですから続けていくつもりです。

 

考えてみると歳をとってからこういうことができるのは、今までの人生で散々失敗をしてきたからだと思います。トレーニングにしても仕事にしても、今までの失敗をこの歳になって何とかリカバリーしようとして色々考えてやってきたからできたことだと思うのですね。

 

私がトレーニングや健康にここまで心血を注ぐようになったのは、自分が糖尿病や高血圧や痛風になったからですね。そこから自分の身体を自分で治していくためにトレーニングや食事の管理が始まったのです。病院に行って自分の病気を治そうなどという考えは私の中に微塵も無かったですね。

 

私は糖尿病や高血圧が病院に行って治りましたという人を見たこともないし、会った事もありません。それより病院に通いながら薬を飲み続けて病気が治っていない人はいっぱい見ています。だからこれは自分で治すしかないと思ったのですね。大体糖尿病や高血圧になっていること自体が私の生活態度の失敗なのです。その失敗のリカバリーのために始めたのが筋トレなのですね。今はそのお陰でとっても健康です。

 

仕事もアメリカの上場企業で役員になって、社長をしていた日本の現地法人もうまく行っていて、それ行けドンドンの時にニューヨークの証券取引所で本社の敵対買収が始まり、引いては私もクビになったのですね。その時、「やはり雇われていると、どんな地位になってもクビになることもある」と実感しました。その時から坐禅の修行を始めて、何時かは独立して仕事をしようと心に決めていました。ただ何をしたら食べていけるのかはまだ皆目見当も付いていません。

 

でもその思いが強かったので結局は独立して事業を始めて今があるのです。それからクビになるという人生の失敗から「調子が良い時が人生一番危ないのだ」という教訓も学びました。それが今まで何とか11年間事業を続けられることに繋がっていると思います。もちろん仕事の中で学ぶ事も多かったので、それも今は事業を安定させるノウハウに繋がっています。

 

だからこのような失敗を人生で犯していなかったら、今の私の人生は無いのですね。「失敗は成功の元」とは言いますが、失敗から学ぶ事は成功から学ぶ事よりも多く、そしてその内容は大変尊いものです。失敗を犯すことで素質のある人は謙虚になると私は思います。

 

もちろんそうならずに人生を諦める人もいますが、謙虚になった人は失敗から何かを学び、それをその後の人生に活かすことができます。そしてその失敗の経験が歳をとってからの心の豊かさを生み出すのですね。私はまだ若い頃に色々失敗をして良かったと思いますよ。それが今の私の人生を創っています。もう失敗はしたくないけれども、今までの失敗には感謝ですね。ありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら