「信じるものは救われる」人智を超えた力 | 仏光さんの心の相談室

「信じるものは救われる」人智を超えた力

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

昨日から今日にかけて遠方より瞑想を習いに来る人が続いて、これはこれで瞑想を教える楽しい時間になりました。まあ瞑想はいつも楽しいというか、新しい発見があって私にとってはとても好きなのですが、正しい瞑想によって習う人の人生が良くなれば本当にいいなと願います。今日も小学校1年生と4年生の女の子の姉妹がお母さんと一緒に始めて瞑想をしました。とっても静かに40分間じっとして、ちゃんと瞑想をしていました。

 

普段はじっとしていられない小さな子供でも、正しい瞑想を教えると40分間じっとできるようになるのですね。私は60近くになってからこの瞑想を中村和尚から教えて貰いましたが、今日はこんな子供の頃から正しい瞑想をしていたら「どんな大人になっていたことだろう?」と思いました。元々私は落ち着きの無い子供でしたから、随分違う素晴らしい人生になっていただろうなと思います。

 

まあ私は色々人生の寄り道をしながら此処まで来ましたので、子供の頃から瞑想をしていたら寄り道せずに済んだような気がします。言い方を変えれば人生の効率が良くなっただろうなと思います。でもこの瞑想は何時始めても遅いということは無いので、やらずに一生を終わるよりかはやった方が良い人生にはなると思います。

 

例えこの瞑想を死ぬ前の日にやったとしても、やらずに死ぬよりかは一日分良い人生になります。私は毎朝この瞑想をします。時間が無い時は仕方が無いので坐禅をしますが、瞑想により私の力が随分進化したことは、除霊や無痛自律神経療法の施術の結果を見ても間違いないですね。

 

この国では「除霊」とか言うと自動的に胡散臭いものとして処理しなければいけないことになっていますが、最近私が見る限り多くの病気や続く不幸、事故などは多かれ少なかれ霊障が関係していると思います。私から見れば先ずはそういう霊障を取り除かないと次のステップに進めないと思っています。

 

逆に霊と言われているものをつけたままで、病院に行って薬を飲もうが、手術をしようが、たぶん治らないと個人的には思っています。それは今まで病院に通い続けていて治らなかった人が、除霊をする事によってすぐにその場で症状が劇的に改善するのを毎日見ていると、そう思うのがより論理的です。

 

もちろんそういうことを否定する人は、どんどん病院に行ってもらっていいのですが、何をしてもスッキリ治らないとか、逆に病院に通いながら症状が悪化していくということになることも多いみたいですね。これは本当にその人のものの見方の広さ次第です。わたしは毎日私のところに来る人から病院に通い続けて治らなかった話を聞き過ぎたのかもしれません。

 

でもとりあえず私のところに来る人は何が何でもその場で症状を改善しなければならないと決めているので、私も毎日朝から晩までがず~と真剣勝負です。その分昼休みの筋トレの時間が私の中では筋肉はメチャクチャ収縮して緊張しているけれども、心は一番のリラックスタイムなのですね。

 

キリスト教の聖書によると、イエス様が「信じるものは救われる」と言いました。私はイエスが「自分を信じろ。信じるものだけ救われる」と言っているのだと今まで間違って理解していました。でも最近気が付いたのですが、イエス様が言う信じるものというのは「イエス自身」ではなくて「神の存在」なのですね。神という人智を超えるもの、または力が全宇宙には存在していて、それを信じるものは人生において結果的に助かり、豊かな人生を送る可能性が高まるということを教えていたのだと思います。

 

私は人智を超えるもの、または力を「天」と呼んでいます。結局キリスト教で言う「神」も私が言う「天」も究極は同じものを指していると思いますよ。イエス様も色々手を当てたりして病気の人を治したと聖書に書いてありますが、あれは誇張ではなく、まぎれもなく本当の話だと思います。私も似たような事を毎日していて、その劇的な結果を通して人智を超えたもの、または力の存在があることを知っています。

 

だから「神」なり「天」なりの人智を超えた力を信じる事によって、そういう力の存在も考慮に入れた対処や人生の選択ができるようになって、人はその苦難から救われるのだと思いますよ。「あるものはあるし、居るものは居る」のです。そういうことを知らずに何でも「科学的・・・・、現実的・・・・」と思い込んで病院に行くのもその人の勝手ですが、結果が思わしくなければもっと違う選択肢も考えるべきですね。

 

私は確かに「天」から力を与えられているので、人のお役に立つだけではなく、私自身病院に行く必要が今のところ全くありません。事故にでも遭ったら行く事になるかもしれませんが、病気は今のところ全部自分で治せます。自分で治せないのは歯くらいですね。もちろん遅かれ早かれ私も寿命が尽きますが、それまで私は自分の健康と命を大切にしていますので、とりあえず治療のために病院に行くような事は無いと思います。

 

病院に行くのはお友達の外科医の院長に会いに行くのと、健康診断代わりに、私が決めた項目の血液検査をお友達の病院でするくらいですね。それ以外に病院の必要性は私は全く感じていません。よくお年寄りで近くに病院が無いと不安になる人が居ますが、私は病院に治療に行く方が、「まずこんな科学的と言われるやり方で人間は治らないだろうな」と思って不安になります。

 

とにかく人智を超えたものの存在を知り、その力を貸してもらう事ができるようになると普通の人間社会の人生とは全く違った人生になりますね。まあ人生がとっても平穏になり、そして豊かになるのですね。そりゃ必要なものが、必要な時に、必要な分だけニコニコしながら向こうからやって来るようになりますから、人生が平穏になり、豊かになるのは当たり前です。

 

それをイエス様は「信じるものは救われる」と言ったのでしょうね。私は実際に毎日そのような体験をしていて本当にその通りだと思いますよ。これからも与えられた力を大きくするように毎日正しく精進して、お釈迦様が説いた真理に基づき正しくその力を使って行きますね。歳をとってから心身ともに、こんな豊かな人生が送れるとは思ってもいませんでした。本当にありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら