生きている間の人生の基本 | 仏光さんの心の相談室

生きている間の人生の基本

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

金曜日の午後は予定通り血液検査に行ってきました。結果も予定通り全項目で4ヶ月前の数値より良くなっていました。ただ尿酸値だけが前回と同じで、まったく問題のあるレベルではないのですが筋トレをしているとたんぱく質も摂取しなければならないので、まあこんなものなのかなと思っています。

 

お友達の病院の院長は「先生、この結果ならまったく問題はありませんね。」と、ニコニコしながら言ってくれましたが、私は油断すると私の体の血糖値や尿酸値、血圧などはすぐに上昇すると思っています。日本の検査診断の場合、血圧など他の先進国と比べて正常値とされている基準に病人を増やす意図的な操作がなされているものもありますが、まあとりあえず全ての項目において正常値に入るようにしていきたいと思います。

 

先週は水曜日から急激な気温の変動で鼻風邪を引いたのか、体の調子が少し良くなかったので全ての運動を3日間やめていました。そしてその代わりに昼休みは温泉に浸かっていました。調子が悪いのに無理をしても筋肉は発達しないし、疲れるだけで回復も遅くなります。思い切って休んだ方が良いのですね。昨日から筋トレを再開して、身体を休めたせいか調子は良かったですね。

 

最近は仕事もまた特に忙しくなってきているので、私の場合体調管理が大変重要です。今まで以上に筋トレ、食トレ、眠トレ、心肺トレーニングを体の調子を見ながら徹底して行っていきたいと思います。ともあれ62歳という年齢を考えると今の体の状態は良いと思っています。後は10年後の72歳の時に体のピークに持っていくよう筋トレや有酸素運動を頑張ることですね。

 

そしてもし生きていれば、その後の目標はそのピークの状態を死ぬ前の日まで持続させることです。これは自然の摂理に反する事を狙っているのかもしれませんが、私に与えられている力の結果を毎日見ていると、既に自然の摂理の範囲を大きく越えていると思うので、まあこういうことも可能かなと楽しみにしています。

 

もしそうならなくても、他の人達と同じように自然の摂理の範囲内で老化していくことになるので、それはそれで何の問題もありません。どうせ私も遅かれ早かれ死ななくてはならないのですから、自然の摂理通りに老いて死ねばよいのです。

 

72歳の時に体のピークに持っていくということを目標にしたのは、実際に筋骨隆々の72歳の上海のおじいさんを目の前で見ているのからです。別に特別な力を与えられていなくても毎日コツコツ練習すればそうなるのが分かっています。おじいさんは自分の失敗から高重量のウエイトを振り回すトレーニングをやめて、ちゃんとしたフォームで賢いトレーニングをする事を私に最初に教えてくれた人です。

 

おじいさんは「この歳になれば怪我をすることなく、賢くトレーニングをしなければならない」と言っていました。それはおじいさんが胸と左腕の筋肉の断裂を経験しているからです。私は筋肉の断裂を経験することなく、おじいさんの経験から学んだのですね。これが本物のおじいさんの智慧です。

 

もう何回も言っていますが、健康こそが人生最大の財産なのです。いくらお金があっても、社会的地位があっても病気や怪我をして全身麻痺になれば、お金や地位などどうでもよいから元の健康な身体に戻りたいと思うものです。寝たきりになっても良いからお金と地位が欲しいなどと言う人間は居ません。もし居れば頭がおかしいと思うので、それこそ入院をお勧めします。

 

世の中の多くの健康な人は頭で理解しているだけで気付いてはいませんが、実際に健康を越える財産は人生には無いのです。健康であれば人生で起こる大概の問題は乗り越えていく事ができます。健康であれば人生を最大限味わう事ができます。私は死ぬ前の日まで自分の一番大切な財産を守るために全力を尽くしたいと思います。それが生きている間、私の人生の基本になるものですから。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら