健康という財産 | 仏光さんの心の相談室

健康という財産

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日は近くの公立中学校の若い男の先生が職場体験研修で私の療法院に来ていました。生徒の職場体験があるのは知っていましたが、先生にも職場体験があるのを初めて知りました。午後は少し時間が空いたので、エアコンやその他、普段掃除が行き届いていないところをアシスタントと一緒に丁寧に掃除して貰いました

 

明日も研修なので昼休みに研修の一環として一緒に筋トレに行く予定です。考えてみれば凄い職場研修ですね。彼はプロになれるかなくらいのサッカー選手でしたが、結局学校の先生になりました。この中学校からは以前より多くの先生や生徒が私のところに来ています。とりあえず最初一度は病院に行ったりするのですが、病院で治らなかったら私のところに来る事になっているみたいです。もちろん二回目からは普通に私のところに来ます。

 

今日は昼休みに腕の筋トレと格闘技系のエアロビをする日だったので、朝の自転車トレーニングはいつもの半分の4.3kmにしておきました。今日も良いトレーニングができたと思います。朝の時間に学校の先生と話していたのですが、私は心身の健康ほど大切なものは無いのではないかと思っています。これは私がある程度歳をとったからでしょうね。

 

いくら社会的地位や財産などがあっても、死に至る病気になったり、怪我などで半身不随などになれば、「社会的地位や財産など何も要らない。元気な身体を取り戻したい!」と思うものです。ということは、健康は社会的地位や財産より人間にとって大切だということになるのですね。「一生寝たきりになってもよいから社会的地位や財産が欲しい」と言う人はかなり変わっていると思います。

 

私も毎日思い通りにならない事や、嫌だなあと思うことや、大丈夫かな?と不安になることがあります。生きていくというのはしんどい事だなと思ったりします。でも考えてみれば今私はとっても元気な身体を持っています。仕事などで嫌だなと思う時に、「もし今自分が怪我などで寝たきりだったらどうだろう?、手が使えなくなっていたらどうだろう?」と考えるのです。

 

そうすると嫌だなと思っていることなど「大したことでは無いな」と思えるようになります。「今私はちゃんと思う様に動く身体を持っている。それだけでも幸せなのだ」と思うのですね。健康でありさえすれば人生は何とかなるものです。健康を損なうと人生は家族も巻き込んで一挙に大変困難なものになります。それこそ「お金も地位も要らない!健康を取り戻したい」になるのですね。

 

もし今「嫌だ。苦しい」と思うような状況であっても、健康で思い通りに動く身体があればとりあえず「ラッキーだな」と自分に言い聞かせば良いと思います。私の場合は一歩進んで病気や怪我で動けない自分をリアルに想像してみます。すると今健康な自分を幸運であると思えるようになります。

 

 

そして自分が「幸運である」と思えるようになると、不思議と今の嫌で苦しい状況が改善されていくのですね。「嫌だ、嫌だ」と思っていても問題は解決しません。様々な問題に対しては「自分は幸運である」と思えるような積極的な心が解決の糸口になっていくのです。

 

私は嫌な事、憤りを感じる事が起こる毎日をこのようにして乗り越えています。まあ何はともあれ健康であるというのは私にとっては何よりの財産です。ありがたいことですね。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら