出雲から帰ってきました | 仏光さんの心の相談室
2019-03-25 23:23:12

出雲から帰ってきました

テーマ:人間形成

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日の夕方に出雲から帰ってきました。今回の出雲は前回のように動けなくなるような不思議なことは起こりませんでしたが、古代に関して色々深く勉強になりました。まあ不思議と言えば、出雲大社の境内の中にはあるのですが、結婚式場の裏にある全く目立たない祠に行ってきました。ここは道からは見えないのでほとんど行く人も居ないと思います。ただ何かに誘われるように式場の横にある細い道を歩いて行ったのですね。

 

そうしたら裏に五つの祠があって、その一つが菅原道真を祀る天満宮になっていました。そしてその横に説明書きがあって、菅原氏は出雲の国造家第13代のノミノスクネから出た分流で、出雲国造家始祖の天穂日命の系譜に結ばれると書いてありました。ノミノスクネは相撲の始祖ということにもなっています。私の母方の家系の始祖は菅原道真のお姉さんであった事が広島大学の調査で分かっているので、昨年何故私が出雲の神様に呼ばれたのかが今回分かったような気がしました。

 

まあ勝手にそう解釈しているのですが、元々菅原氏が出雲の国造りに関係があった事すら知りませんでした。でも去年行った時には絶対に気付かなかったところに誘われるようにして行ったのが不思議でした。出雲の成り立ちにとても興味が湧いたので、出雲大社の横にある古代出雲歴史博物館に行ってちょっとマジで勉強しようと思いました。どうせ時間はあるし、今まで全く興味がなかった日本の神代の時代を知ろうと思ったのですね。

 

結局数時間そこに居て、調べられるだけ調べました。また売店で三浦祐之氏監修の「古事記、神代篇」を買いました。日本の古代を知ろうとするとどうしても古事記は読まなければなりません。そしてホテルに帰ってからもその本をずっと読んで、結局寝る前には1冊読み終わりました。古事記というのは元々とってもややこしいというか、やっぱり神話なので色々な神様の名前が出てきて頭の中がごちゃごちゃして整合性をとるのが大変です。

 

ただよく分かったのは、古事記によるとこの天地はイザナキという男の神様と、イザナミという女の神様が造ったようです。そこから天地を初め多くの神様や人間も含めた生物などが生まれました。内容は違うけど、まあキリスト教で言うアダムとイブみたいですね。ただ古事記に書かれている神様は、一般に神の概念である全知全能の神からは程遠くて、けんかはするし、嫉妬はするし、人のものは欲しがるし、相手を殺したりもするし、全く人間と変らないようです。イザナキとイザナミも色々あって最後は別れます。

 

そしてイザナキとイザナミに限らず、男の神様と女の神様はすぐに契ってはいっぱい子供の神様を作るのです。おおらかと言うか、普通世間で考えられている神様とは大違いです。まあ天地創造の時の話ですから、いっぱい色々なものを造らなければならないのですね。色々あって、このイザナキという男の神様からアマテラスオオミカミ(天照大神)が生まれ、スサノオノミコトも生まれるのです。そしてこのアマテラスオオミカミから今の天皇家が始まっていることに日本書紀ではなっていたと思います。

 

古事記ではまた色々あってスサノオノミコトがヤマタノオロチという蛇の化け物を退治して、土地の娘と契って出雲の国が生まれるのですね。そしてその系譜にオオクニヌシノミコト(大国主命)が居るのです。で、出雲大社はそのオオクニヌシノミコトを祀っているのです。

 

それはアマテラスオオミカミが「やっぱり出雲の国を譲ってくれ」と使者を通してオオクニヌシノミコトに言った時に、アマテラスオオミカミの使者に対してオオクニヌシノミコトが「国を譲るから立派な宮を造ってくれ」と言って出雲大社ができたのです。まあ神話ではこのように平和裏に国が譲られたことになっています。

 

私はたぶん生まれてはじめて古事記というものを読んだと思います。古事記があるのは歴史で知っているけれども、その中身を知ることは初めてですね。神話にはなっているけれども、ある程度実際に起こったことも神話風に書いてあると思います。今回は出雲大社に居る時間が本当にとっても楽しかったですよ。何か自分が太古の神々に呼ばれ、太古の神々と遊んでいるような気がしました。もっと書きたいけど長くなるので止めます。

 

こういう時間は本当に特別ですね。今回は勉強のため出雲大社だけではなくて、その周辺を色々歩き回って遺跡や神社などを見てきました。実際に国譲りの舞台となった稲佐の浜や屏風岩など歩き回って、一日に5km以上は歩きましたね。これで身体にとっても頭にとっても良い旅になりました。また来年行きますね。「今年も一年間色々あったけど無事に過ごせたからまたお参りに来れました。本当にありがとうございます。」と一年の感謝のために行くのが良いのだと思いました。ありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏光さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ