今年最後の一大事 | 仏光さんの心の相談室
2018-12-31 19:55:32

今年最後の一大事

テーマ:健康

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

昨日の日曜日から正月休みに入りました。土曜日はスタッフは休みにしましたが、私は仕事をしました。以前のブログで正月休みになると私は病気になるという話をしましたが、案の定日曜日の未明から右足の親指辺りが痛くなり起きてしまいました。症状を見て「これは完全に痛風だな」と思いました。ちょっと調べてみると高たんぱくの食事を取りながら、高強度の筋トレをすると筋肉のエネルギー源となるアデノシン三燐酸が分解されて体内の尿酸値が上がり痛風を発症することがあるみたいです。

 

確かにたんぱく質リッチな食事と高強度の筋トレをしていたので、教科書通りに私は痛風になったのですね。筋肉を大きくしようと思ってやっていた事が裏目に出て少しショックでした。とは言え、食事内容を変えて、また筋トレのやり方も変えて痛風が治ったら続けるつもりです。ただメチャクチャ大きな筋肉を付けるのはやめにします。

 

それにしても痛風というのは激痛ですね。昨日は朝から痛かったのですが、午後に瞑想を遠方から習いに来た人に指導して、車で帰る頃から本当に激痛になりました。昨夜辺りからほとんど痛くて歩けない状態です。居間に布団を敷いてやっとの思いでトイレに行っています。ただ食事は昨日の朝から野菜中心の食事に変えました。たんぱく質は牛乳を飲んで摂取しています。調べてみるとコーヒーと牛乳や乳製品は尿酸値を下げる効果があるとのことなので、低脂肪牛乳を気がついたら飲んでいます。

 

痛風で嫌なのは1分1秒激痛が続くことです。だから昨日はほとんど眠れませんでした。痛みで一晩中うんうん唸っていました。ちょうど良いことに病院も正月休みなので私が大嫌いな薬を貰いに行く事もありません。もし普通の日であれば痛みに耐えかねて薬を貰いに行ったかもしれません。通風の薬は初期の症状には効果的ですが、もう初期では無いので薬害のほうが大きいでしょう。痛風の発作は普通10日くらい続きますが、その後は元に戻ります。ただ私の場合は昨日から食事を変えて、牛乳をバンバン飲んで尿をいっぱい出すようにしているので、来年4日からの仕事までには回復させるつもりです。

 

結局私の正月休みは全く何もせずに痛風を治す事に費やされます。普通であれば「せっかくの正月なのに・・・・」になるのでしょうが、私は正直「正月休みで良かった!」と思いました。休みに入った初日の未明から痛風というのも何か天が元々このように計画していたような気がします。あまりにも絶妙のタイミングでびっくりしました。この痛みではとても仕事をするのは不可能だと思います。だから私は皆さんに迷惑をかけること無く休めてホッとしたし、どこか天に「ありがとうございます」と感謝しています。

 

今まで忙しく仕事や修行や筋トレを毎日やって来たので、全く何もしないで一日を過ごすというのは今年になって初めてだと思います。まあ歩けないのだから何もできないのですが、一日中布団の中で横になっていました。それでもトイレには行かなければならないので、それが激痛との闘いです。お酒も飲まず、食事にも違った意味で気をつけて筋トレや有酸素運動をしていましたが、こういうことになるとは夢にも思っていませんでした。

 

これからはまた食事内容を変えて、トレーニング中はよく水を飲んでクエン酸を摂るようにします。クエン酸はトレーニング中に発生する尿酸の代謝を助けてくれます。またたんぱく質は肉や魚ではなく牛乳を初めとする乳製品と今まで通りプロテインを飲んで補給します。私が飲んでいるホエイプロテインは牛乳の乳清から作られているので問題ないと思います。

 

今回身に沁みて勉強になったので、本当の意味でより良い体のケアーがこれからできると思います。病院には行っていませんが、病気のメカニズムがよく理解して対策できるので良かったです。家での応急処置が効いているのか、今日の夕方になってやっとブログくらいは書く元気が出てきました。痛みもほんの少しは和らいでいます。まあ昨夜が痛みのピークですね。確かに牛乳が効いているのか通常の痛風の状態より早く回復しているように思います。

 

痛風はプリン体という物質が体内に多くできて起こりますが、昔は贅沢病と言われて食べるものが主な原因とされてきました。しかし今は食品で入ってくるプリン体より、人間の体内で生成されるプリン体の方がずっと量が多い事が分かっています。もちろん食生活は大事ですが、私の場合は高強度トレーニングでプリン体が体内で多く生成されました。それに加えて高たんぱく食を摂っていたのでもう最悪ですね。これから私は野菜や豆腐中心の食事がしばらく続くと思います。まあこれはこれで私はちっとも苦痛には思いません。身体を健康に保つ事が私にとっては一番大切です。

 

でも今回の痛風騒ぎで足の悪い人や老化で足の弱った人の気持ちがよく分かりました。トイレに行くのも何かにつかまりながら歩いています。「歳をとって足が弱ったらこのような気持ちになるのだろうな」と容易に想像できました。これからはもっと足の弱い人に優しくなれます。本当によい勉強になりました。ここ何年も一日何もしないで朝から晩まで寝ているということは無かったので、この正月は文字通り寝正月にします。これも「人間万事塞翁が馬」ですね。

 

まだ足は激痛ですが、今日は今年最後のブログが書けて良かったです。こんな内容で申し訳なかったですが、皆さん今年も私のブログを読んで頂きありがとうございました。来年もまた宜しくお願いします。良いお年をお迎えください。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏光さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス