気にしない生き方 | 仏光さんの心の相談室
2018-12-28 00:11:15

気にしない生き方

テーマ:悩まない道

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

今日は木曜日でジムは休み。もちろん昼休みは温泉に行ってきました。いつもの常連さんのおじさん達とまた取り止めも無い世間話をしてとってもリラックスできました。温泉から上がってちょっと昼寝をした後に午後の仕事を始めました。昨日はとっても忙しい日だったので、今日の温泉は天気も良く富士山もよく見えて格別でした。お陰さまで疲労からの腰の張りや痛みがずいぶん和らぎました。体も心もここで小休止です。

 

明日は予定通り体育館で肩の筋トレをして今年のトレーニングはこれで終了です。ジムも体育館も正月休みに入ります。6日間ほど身体を休ませるつもりです。私は仕事をしている時は風邪を引かないのですが、正月休みの1週間は風邪を引いたりします。仕事をしている時は気が張っていますが、長い休みになる時は気が抜けるのですね。それで風邪を引いたりするのだと思います。もし私が風邪をひくとすれば正月休み以外に今のところありません。

 

今年も色々な事がありましたが、振り返ってみるとまあ今年も良い年であったと思います。と言うか、悪いことは忘れているみたいであまり思い出せません。元々良いことも悪い事もあって人生と思っていますので、あまり気になら無いのですね。何だかんだ言ってもつつがなく暮らせて無事に一年が終わるのであれば、まあそれで感謝です。そういう気持ちでいると悪い事があっても次は良くなると思えるので気が楽です。

 

もちろんつつがなく暮らしていくのには一生懸命働かなければなりません。それでも事業というのは良い時もあれば悪い時もあります。お金だけを追い掛け回すのであれば、もっと儲ける事はできると思いますが、私の信条と違うのでそういう事はしません。お金ではなく相手のことを考えて事業をしていると、そんなに儲からなくても長く存続できると私は思っています。事業というのは欲を出すと失敗する確率が高くなります。儲ける事ではなくて存続することを目標にしていると、存続するのに必要なほどほどのお金が入ってくるものです。

 

私は死ぬ前の日まで仕事がしたいので、存続させるのが私の事業の目標です。こういうことを言うとすぐに反対する人が出てきます。儲ける為に事業をするのだと言うのです。私は年老いて死ぬ前の日になっても仕事がしたいので、公私共に存続するのに必要なお金ができれば良いのですね。法外なお金があると人生を狂わせます。日産のゴーン元会長を見ればよく分かりますね。だから私はつつがなく暮らせればそれが幸せだと思っています。

 

私は他の人がどのように思っているのか?何をしているのか?がほとんど気になりません。まあ「気にしない練習」という本まで書いているほどです。お陰さまでアマゾンでもまだ売っているのでロングセラーになっているみたいです。しかしどれだけ本が売れたなども気にならないのです。また色々な人が私のことを色々言っているのだろうなということも分かっています。中には私の悪口を言っている人もいる事でしょう。

 

しかし私は、「どうぞどうぞ勝手にやっていてください」と思っています。それはその人が私のことをどう思おうが、それはその人の問題で私の問題では無いと思えるからですね。人から悪口や後ろ指を指されることを嫌う人が世の中には多いですが、それは自分がみんなから疎外されるのが怖いからです。私はたぶん地球上であれば何とか一人で生きていけると思っていますので、そういうことが怖いとは全然思いません。そりゃ疎外されるのは嫌なことですが、みんなに合わせるために自分の道を変える方がもっと嫌です。

 

こういう生き方はお釈迦様の教えから学びました。お釈迦様は「話してもそしられ(悪口を言われ)、話さなくてもそしられ、およそこの世でそしられない者は居ない」と言っておられます。2500年前のお釈迦様も誰かに悪口を言われていたのですね。お釈迦様でも悪口を言われていたのだから、私が悪口を言われても当然のことだと思っています。

 

何をしても絶対そしる人間は世の中には居ますから、そして世の中のほとんどの人間はお互いそういうことをしながら毎日生きていますので、一々気にする必要は無いのですね。禅の修業を長年やっていても人の悪口を言って回っている心の貧しいオジサンもいるくらいですから、まあお釈迦様が言っていることは真理だと思います。悪口言われても、嫌な事を言われても、私は「それがどうした」です。

 

またみんなに気に入られるために自分の生き方を変えるのは良くない事だと私は思っています。みんなと仲良くする事は大切だと思いますが、気に入られるために自分が不本意に思う事をするのは自分の人生を生きていることにはなりません。だから私は自分の生き方を変えてまで人に気に入られようとも思わないのです。

 

「あんたに気に入られなくても、気に入ってくれる人間も世の中には居るよ」と思っています。実際世界人口は70億人くらいですから、絶対に私のことを気に入ってくれる人間は地球上に居ると思います。お釈迦様は自分の道を信じて歩いていく事を「ただ一人犀(サイ)の角のように進め」と言って励ましておられます。その励ましを受けて私は私の道を歩いていきます。それで私の人生は満足ですよ。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏光さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス