本物の心配とは | 仏光さんの心の相談室
2018-11-28 23:30:49

本物の心配とは

テーマ:人格、人間力

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

ジムで月曜日は胸筋、火曜日は背筋と広背筋、そして今日は腕の筋肉のトレーニングをかなりハードにやってきました。明日は肩の筋肉のトレーニングを体育館でするつもりです。昨日はぐっすりと9時間くらい寝ていたので、筋肉の疲労が睡眠で回復してくれたから今日も良いトレーニングができたと思います。それでも明日のトレーニングの後は一日休みにしようかなと思っています。今日からまた仕事も忙しくなったので、トレーニングを休んでいる間に筋肉が成長してくれると思っています。

 

さて、今日は「心配」の話をしたいと思います。人のことを心配していて、その心配が元で怒りの感情がこみ上げてくる人が居ます。例えば家族の誰かが家に帰ってくるのが遅かったとします。携帯にかけても電話に出ないとなると、「何かあったのかな」と心配が始まります。ここまではそのように心配してもいいのですが、その家族が家に帰ってくると「何で遅くなったのだ!何処に行っていたのだ!電話にも出ずに。」といきなり怒り出す人が居ます。

 

心配が怒りの感情に転化するのですね。こういう人は相手の事を心配していると本人は思い込んでいますが、実際はもし相手に何かがあった時の自分が精神的に置かれる環境が嫌だと心の中で予測して、「予測どおりになったらどうしよう」と将来の自分のことを心配しているのです。だから心配している相手にがみがみ言う人は、実際は相手の事ではなく、自分のことを考えているのですね。もしかしたら将来の自分に嫌な思いをさせる可能性がある相手に腹が立つのです。

 

心配とは読んで字のごとく「心を配る」ということです。相手がある場合は、相手に対して心を配る事が本物の「心配」なのです。本物の心配であれば、帰って来た家族に「遅かったね。何かあったのかと心配していたよ。でも無事に帰ってきてくれて良かった。」になるのですね。そして相手は「ごめんなさい。○○さんとたまたま出会って話していたの。電話もマナーモードにしていて気付かなかった。」になって目出たし、目出たしになるのです。これは「何で遅くなったのだ!何処に行っていたのだ!」と心配が元でいきなり怒り出すのとは正反対の反応ですね。

 

相手に対して心を配るというのは、相手に対する優しい気持ちです。それが怒りになるのは、相手に対する愛情は薄いのですね。もちろん本人は「相手のことを思っているからだ」と思い込んでいますが、実際は相手の事ではなくて、もしかしたら相手に何かがあって嫌な思いをするかもしれない将来の自分のことを心配しているのです。

 

実際に今日年90歳に近い老いた母親が何やかやと心配して、がみがみ電話をかけてきたという人に会ったので、この母親みたいな人は死ぬまでその心の働き方が変らないなと思いました。相手に対して心を配っていたら、相手に対してがみがみ言いません。この年老いた母親には、相手に対する本当の愛情などないのですね。もちろんそれを本人は愛情と勘違いしています。

 

本当に相手に対する心配ができる人は、相手を思いやり、相手の無事を喜び、決して相手に対する怒りなどが出てくるところが無いのですね。これが相手に対して心配、「心を配る」ということです。そしてその人の心の境涯が高いと言えるのです。もしあなたの周りでこのような人が居たら、その人は愛情豊かな人です。もし、心配が怒りに転化してがみがみ言う人が居たら、それは愛情が薄く心の境涯が低い人だと思ってよいでしょう。

 

私のことで恐縮ですが、私の長女と次男はアメリカに住んでいます。でも私が彼らのことを「こうなるのではないか?ああなるのではないか?」などと心配するという事は一切ありません。「幸せに生きていって欲しい」とは願いますが、「今何をしている?」などと心配する事は無いのですね。言い換えれば相手のこと本当に「心配する」というのは、いつも相手のことを優しく見守るという事なのです。まあ前述の年老いた母親は可哀想に本物の愛情というものを知らないのでしょうね。死ぬまでそのままです。ここで自分を振り返って、「さて自分はどうかな?」と自分の愛情度と心の境涯を考えてみるのも大切だと思いますよ。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏光さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス