目に見えるものだけが現実ではない | 仏光さんの心の相談室
2018-11-12 11:33:05

目に見えるものだけが現実ではない

テーマ:超自然現象

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

昨日は東京と埼玉から客人があり結構忙しい一日になりました。昨日東京から来られた方は、8歳になる娘さんが性格障害と診断されて、それこそ施設で隔離が必要と言われたらしいです。お母さんの話によると家で暴れて近所の人が警察を呼ぶくらいだったそうです。その時は目も獣の目のように変わるみたいです。その人の友人が以前私の瞑想教室に来ていて、もしかしたら霊障かも知れないと私の事を紹介したのですね。

 

その女の子は「三途の川はきれい・・・・」とかぶつぶつ話していたそうです。落書き帳にもそのようなことを書いていたらしく、私も霊障の可能性が高いなと思っていました。女の子は私のところに着くなり待合室の長椅子に寝そべってしまって、騒ぐことは無かったのですが何か異常な行動でした。お母さんとお話しした後、さっそく除霊にかかりました。1回目の除霊では落ち着きが無くじっとして居られません。それでも「暑い」と言って着ていたカーディガンを脱ぎました。

 

2回目の除霊が終わるとすっかり落ち着いて、普通の女の子になりました。目もキラキラと輝いていたので、多分大丈夫かでしょう。その後お母さんも無痛自律神経療法を受けたいという事で、施術をしたのですが、待っている間その女の子は静かに絵本を読んでいました。

 

除霊をする前とした後で言動が全然違うので霊障が原因であることに間違いないと思います。私の経験からその場では百発百中で霊障を取り除くことはできますが、約35%くらいの人はまた元に戻ったりします。中には自宅を除霊したら治ったという例もあります。

 

私も見えたり聞こえたりしないので、なぜそうなるのかは分かりません。でも霊障でいつまでも私のところに来る人も居ません。数回除霊しているうちに霊障は無くなっていきます。本当に宇宙は量子物理学者が提唱しているように、いくつかの次元が重なり合いながら存在しているのでしょうね。

 

私は特別な人が霊障に悩ませられるのではなくて、ただ本人が知らないだけで殆どの人がそういう次元の影響を受けて生きているのではないかと思います。今は量子物理学の分野で何となく分かってきたことが多いですが、まだこういうことが科学的ではないと否定し続けている人が殆どです。

 

まあ私も昔はそういう事を気のせいと全く否定していましたが、これだけ目の前で現実を見せつけられると、そういう次元があるとしか言いようがないのですね。イエスキリストが「真実物は救われる」と言った意味がよく分かるような気がします。

 

とりあえずこういう事も含めて現実が成り立っていると考えていた方が無難ですね。こういう次元が解明されてくると世の中の争いも減っていくのではないかと思います。これからも霊障で困っている人の為に、私がお役に立てるよう修行を怠りなくやっていきたいと思いました。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏光さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス