人としての価値とは? | 仏光さんの心の相談室
2018-11-02 10:19:51

人としての価値とは?

テーマ:人格、人間力

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

一昨日のブログに書いた事業がうまくいっていない旅館を経営する島根県の方で私の除霊後のとっても嬉しい報告メールがまた届きましたので、以下にご紹介したいと思います。

 

「・・・・今朝親父のお墓の下で、車を止めて休憩しながら先生のブログを見たら、私が載っていて照れくさかったです(笑)

昨日もまた予約案件頂きました!現金はないのですが(笑)、満員御礼で、何組もお断りしています。

ブログを見られて、私のような方が一人でも多く前向きになられる事を切に願います。

今回はありがとうございました」

 

霊障で長年苦労されていた方が、このように元気になられ、また事業の方も除霊後すぐにとっても良くなって来たみたいで、本当に嬉しいです。最後に書かれている「ブログを見られて、私のような方が一人でも多く前向きになられる事を切に願います。」という心は本当に大切な心だと思います。

 

「自分さえ助かればよい。自分さえうまくいけばよい。」という事ではないのですね。自分が苦労した分、他人を思いやる心が出てくる。これが慈悲心です。この地球で今まで偉人とされている人も、みなさん同じようなことを言っています。

 

「人のために何かをすることでだれもが素晴らしい人になれます。」 キング牧師

 

(人間は何のために生きているのですか?という日本人学生の質問に答えて)「他人を喜ばすためです。そんなことが分からないのですか?」 アインシュタイン博士

 

「幸福は思いやりの心から生まれるものであって、怒りや憎しみからは決して生まれるものではないのです。自分の事しか考えない人は苦しみの内に人生を終えます。」 ダライラマ14世

 

「100人に食べ物を与えることができなくても、一人ならできるでしょう?」 マザーテレサ

 

これらの偉人の言葉はみんな同じことを言っているのです。人を思いやる慈しみの心、慈悲心が本当の人間の価値なのですよと。こういう心で生きて来たからこれらの人は人類の歴史に残る偉業を成し遂げられたのですね。自分の為だけではないのです。みんなの為なのです。

 

自分が得することばかり、自分さえ良ければ他人はまあ関係ないと思って生きている人間は、悲しく情けない人間なのです。「自分はそういう人間ではない」と思っていても、いざとなればそうなる人が居ます。世の中の多くの人はそうですが、もし自分が何が人間にとって一番大切なのかを気づいたら、その人から自分を変えていけばよいのですね。

 

この旅館経営者の人のように、自分が大変な苦労をした。そして救われた。どうか同じように苦労をしている人も救われますようにと切に願う心こそ、人間にとって何よりも大切な心なのです。

 

私は世間一般がどうであろうと、人がどうであろうと、私は困った人に寄り添って生きていきたいと思います。そしてこの天から与えられた力をそれらの人が少しでも楽になるように惜しみなく使っていきたいと思います。そういう人生になるよう私は切に願っています。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏光さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス