死ぬまでだけが人生ではない | 仏光さんの心の相談室
2018-10-02 07:09:36

死ぬまでだけが人生ではない

テーマ:人生

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

昨日は久々にゆっくり筋トレができました。腕を中心にやったのですが、良いトレーニングができたと思います。一番嬉しいのはそういうことが可能になった体調の回復です。肩の痛みや風邪などが続いていたのでやっと良くなったのかなと思いました。まあお陰でトレーニング方法を変えたり、新しいトレーニングを取り入れたり、結果としては今回の体調不良は私にとっては良い勉強になって良かったです。

 

これも小さなことですが、「チャンスはピンチの顔をしてやってくる」ですね。考えてみれば今まで私は散々ピンチに見舞われてきたので、何か悪いことが起こると、「次は良い事が起こる」と自動的に思うようになりました。このように思っていると本当に良い事が起こるものです。自分の心の状態が良い事も悪い事も引き寄せるのですね。

 

何か悪い事が起きてず~と落ち込んでいるのと、悪い事が起きても「次は良い事が起こる」と思って今しなければならない事を一生懸命するのと、どちらの方が次に良い事が起こる確率が高くなるでしょう?と100人の人に聞けば、たぶんほとんどの人が「次に良い事が起こると思っている方」と答えると思います。実際にそちらの方が良い事が起こります。

 

ただ今回もそうでしたが、悪いことというのは「これでもか!」と続けて起こります。私も今までそういう経験を散々してきたので良く分かるのですが、1回悪い事が起こると、次に1回良い事が起こるということではなくて、何か辛い事が続いたとしても、心を積極的に保っていれば必ず状況は好転していくということです。

 

後注意しなければならないのは、人に対して意地悪をしたりすると、必ずその報いは自分の人生に返って来ます。職場などでちょっとした意地悪をする人間はこの国に何百万人も居ますが、多かれ少なかれその報いを必ず自分が受けることになるのを忘れないことですね。これはいくら自分が心を積極的に保っていたとしても、意地悪な事をする人間にはその報いが返ってきて、最終的には良い人生になりません。

 

意地悪をするというのは意地悪をしている間、相手に対して自分がちょっとした優越感を感じるのですね。この国では何人かが集まってそこに居ない人の悪口を言うのが、あたかもこの国の憲法で決まっているようにあちこちで当たり前に行われていますが、これも注意した方が良いですね。みんながやっているから私もやるでは、何時か必ずその報いは自分に返ってきます。

 

多くの人は「人生」と言うと、自分が死ぬまでが人生と思いますが、私は自分に与えられた特殊な能力や除霊などで毎日目の前で実際に起こる現象を見ていると、死ぬまでが人生では無いのだと思っよく分かります。生きている間にいい加減な事をしていると、死んでから後でえらい目に遭うというのがよく分かるのですね。だから生きている間が大切なのです。これは天国、地獄みたいに単純な話ではなくて、やっぱりお釈迦様が言うように人は死んでから行く次元があるのですね。

 

まあそこまで含めたのを人生と思っておいた方が良いですね。死ぬまでが人生と思うと人はちょろちょろ意地悪とかちょっとした悪事をしますが、死んでからも違う次元が続いていて、生きている間だけではなくて、そこでも報いを受けるとなると自ずと生き方が変ってきます。まあ多くの人は分からないから「これぐらいはみんなやっている事」と思ってやっちゃうのでしょうが、実際はそうでは無いというのを私は知っているので皆さんに「気をつけた方が良いですよ」と教えているのですね。

 

仏教の修行をしているにもかかわらず、「あの世などない」と言っていた宗教家がいましたが、死んでから心のエネルギー体が行く次元があることを知らないし、お釈迦様が再三再四「この世でも、あの世でも・・・」と説いている輪廻転生も否定もしくは曖昧にしているので、こういう人は仏教徒とは言え無いのですね。

 

現代社会の趨勢に流されながら、そういう事は非科学的で「あの世などない」と公言している方が世の中の賛同を得やすいので、あたかも自分は科学的に言っていると思っているのですが、まず真理が何も分かっていないという事を知るべきでしょうね。たぶんこういう人間は宗教家でありながら自分で自分の病気すら治せないと思います。

 

自分のしたことは全部自分に返ってくるという真理を知ると、自分が今何をすべきかが分かってきます。残念ながら世の中の多くの人はこの真理を知ることなく、「みんなもやっている事だし、まあこれぐらいは許されるだろう」と思いながら、人の悪口を言ったり意地悪をしたりするのですが可哀想なものです。

 

人はどうであれ自分は真理に沿って生きて行きましょうね。私は毎日除霊のときに起こる目の前の現実を見ていますのでもちろんのことですが、気付いた人から生き方を変えて行きましょう。それだけでもこの世が少し良くなって住み易くなりますよ。

 

合掌

 

仏光

 

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏光さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス