人と違っていて当たり前 | 仏光さんの心の相談室
2018-08-03 23:23:07

人と違っていて当たり前

テーマ:悩まない道

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

今日も朝から仕事が忙しかったですが、かろうじて昼休みに筋トレに行けました。明日も頑張って行くつもりです。今日も仕事中思わぬところで嫌な思いをしましたが、やはり本当に人というのは自分勝手だなと思いました。みんながみんなそうではないし、もう慣れてきている筈なのに、その瞬間は嫌な思いをします。でもお釈迦様も散々このことについて語っているので、人間は2500年前より何も変わっていないのですね。

 

自分の事はさて置き、人を批判し何人かの仲間を募って悪口を言い、でも自分は面と向かって相手に言うほどの勇気も無く、人数を頼み、またその人数の中にまぎれて自分の存在を際立たせないようにしながら、「みんな言っていますよ」と人の悪口を言うことで、その場だけの幻の優越感を感じようとする人間は、人としてまあ可哀想なほどこの世でもあの世でも苦しむ事になるのですが、今はそれも知らずに悪口を言っていて、そういう人間が本当にこの社会には多すぎるような気がします。

 

職場でも誰かが先に帰ると、その人の悪口大会が始まる。地域の寄り合いでも同じ事が起こる。だからなかなか人より先に帰れない人もいます。この国ではあたかも憲法で「誰かが抜けるとその人の悪口を言わなければならない」と決まっているみたいです。私はこういうことはあまりアメリカでは経験した事がありませんが、私のところに来る人の話を聞いていると本当にこういうことがこの国では当たり前なのですね。

 

これは国の在り方がアメリカと日本では基本的に違うのだと思います。アメリカでは「人はみんなそれぞれ違っていて当たり前」が基本になっています。もちろん色々な国の移民でできている国ですからそうなるのが自然で、それで無ければ社会が成り立ちません。ところが日本は「みんな同じでなければならない」が社会意識の基本になっているのですね。これは何をどう弁解しようとも多くの日本人の遺伝子の中に組み込まれていると思います。

 

「みんなそれぞれ違っていて当たり前」と「みんな同じでなければならない」とでは根本的に精神の成り立ち方が違います。日本の場合、「みんな同じでなければならない」だから、人と違っていてはいけないのです。違っている場合は、先ずはみんなが寄り合ってその人の悪口を言わなければならない事になっています。だから子育て中のお母さんの中には、「うちの子はみんなと違う」と言って悩み、心を病んでいく人がいます。私はアメリカでこのような光景を見た記憶がありません。

 

この国では学校でも会社でも社会一般でも基本的には「みんな同じでなければならない」になっていて、それに当てはまらなければならないのですね。だから周りの事が異常に気になるのです。自分が周りからどう思われているか、同じであるかが死ぬほど気になるのです。

 

何せこの国での一番の恐怖は自分が集団から仲間外れにされることです。だからみんなお互いを見張っていて、結局は誰も心から幸せにはなれないことになっているように思います。誰かが得をすると、取り合えずみんなでその誰かを引き摺り下ろさなければならない事になっていますからね。

 

「人はそれぞれ違っていて当たり前」が自分の中で常識になると、それほど人のことは気にならないし、自分のことも「他の人と違う」と悩まなくなります。私はたまたま感受性の強い青春時代をアメリカの大学で過ごしたので、知らない間に「人はそれぞれ違っていて当たり前」を元に人間の基本ができているのでしょうね。だから周りの事があまり気になりません。色々客観的に状況は見ていて気付いてはいるけれども、無理に周りに合わせることもないし、気にする事も無いのですね。

 

もちろんみんながみんな同じではありませんが、この国の場合は全体の70~80%が多かれ少なかれ、「みんな同じでなければならない」になっているみたいです。良い悪いは別にして、これは今まで長い歴史の中、日本が単一民族国家であったことが、この「みんな同じでなければならない」に繋がっています。

 

国家を変える事は大変ですが、個人では自分のことも含め、「人それぞれ違っていて当たり前」という真理に気付く事はできます。そういう視点で自分を観て、周りを見ることができるようになると、随分気持ちが楽になると思いますよ。毎日人の嫌なところも見なければならない仕事でもありますが、私はそれで助かっているように思います。誰も同じではない。人はそれぞれ違っていて当たり前なのですね。犯罪など人と社会に迷惑をかけない限りは、自分は人と違っていて良いのです。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏光さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス