無限の心は無限で満たす | 仏光さんの心の相談室
2018-04-22 20:03:49

無限の心は無限で満たす

テーマ:生死を明らめるは仏家の一大事なり

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

今日は日曜日で休みでしたが、私にとっては忙しい日になりました。大阪や東京から客人があり、朝の修行の後、無痛自律神経療法を数人の人に施しました。皆さんそれなりにその場で症状が改善、回復されて本当に良かったと思います。あまりに今日は時間がなかったので水泳には行きませんでした。朝から夜までほぼノンストップで働いていましたが、これはこれで大変楽しい一日になりました。こちらに来る時には心が落ち込んでいる人でも、帰りにはニコニコ顔になって貰うのが私にとっての幸せです。

 

これからも忙しい日々が一生を通して続くと思っていますが、私はそれで満足です。休みが無いと言っても自分が好きなことをしているので、一向に苦になる事はありません。皆さん色々な悩みを持たれていますが、その悩みを解消する糸口となれば、私の休日は報われた事になります。どうせ遅かれ早かれ死ぬのですから、生きている時の一日は極力充実させるのですね。

 

考えてみれば世間的なやりたい事は既に全部やってきたと思います。世界中を旅したり、その土地の名物料理を食べたり、遊びでもスカイダイビングやスキューバダイビングを始め、銀座を飲み歩いたり、まあ好きなことは殆ど全部やりました。それでも今日の休日の方が私にとってはもっと一日が面白く充実しています。心というのは無限大ですから有限のもので満たす事はできません。無限の心を満たすには、無限のもの、例えば落ち込んでいる人が笑顔になれば、その人の心が笑顔になっていることなので無限大の笑顔なのです。

 

その無限大の笑顔を見て、無限大の私の心が満たされるのですね。肩書きや権力、お金や資産などの有限のもので人の心は満たされないのです。これが真理です。世の中には買い物で自分の心を満たそうとして買い物を続けたり、お金で自分の心を満たそうとしてお金の尻ばかり追っかけ回している人もいますが、可哀想に一生自分の心が満たされない事を知らないのですね。肩書きや権力、お金があっても大変お馬鹿な事を言っている東大卒の財務省次官の所業をテレビの前で見ていれば、私の言っている事が分かるはずです。あれで本人は大真面目なのです。まあ58年も生きてきて悲惨としか言い様がありません。

 

無限のものは無限のもので満たす。これが当たり前であり基本なのです。人を押しのけてでも自分が良い思いをしたいという人間は、世の中に掃いて捨てるほど居ますが、その時は自分が得をしているように思うかもしれませんが、決して一生を通して幸せになる事は無いでしょう。それも考えてみれば当たり前のことです。

 

今日は遠くから来た客人に、私は死んでからも心はエネルギー体となって次の次元に移っていくという話をしました。生きている時の苦労は限定的で、生きている間だけの苦労です。寿命が尽きればその生きている間の苦労は無くなります。ただその生き様によって死んでからの心のエネルギー体が移っていく次元がどうも違うようで、一生懸命生きる事の大切さをお話させて貰いました。

 

いい加減に生きたり、自分勝手に生きたり、その自分勝手が高じて自分で命を絶ったりすると、死後の苦労はいつまで続くか分かりません。そのような人が死んでから幸せな次元に移れるとは決して思えないのですね。それが嫌だと言っても、自分で再度命を絶つこともできません。もう自分は既に死んでいるのですから、それ以上死ぬ事はできないのですね。生きている時の苦労は有限ですが、死んでからの苦労は無限かもしれません。

 

「死後の世界など無いわい!」と思う人はどうぞ自分のやりたい放題やって生きて行ってください。私はそうでない事を知っているので、やはり生きている時は一生懸命生きて、色々嫌な事が毎日起こるのだけれども、生きている一日を充実させる工夫は不可欠だと思っています。逆に死んでも心のエネルギー体は残るので、死ぬ事を極端に恐れる事もありません。違う次元に自分が移っていくだけです。生きている間は死後というものを目で見て確認できないから不安になり、生に執着する気持ちになるのも分かります。

 

でも見えて確認できるものだけを信じるのであれば、人は自分の心など信じる事はできません。心には実体は無く見えません。何処にあるのかも分かりません。それでいて自分には心があると誰もが知っているのですから、人にとって本当に大切なものは心をはじめ見えないものの中にあることに気付くべきです。

 

生きている時の苦労は限定的なのだから、それほど思い悩む必要はありません。その苦労はどうせ遅かれ早かれ死ぬ時に無くなりますから。だから生きている間は苦労に心を向けるのではなくて、もっと良いことに心を向けて生きている方がよほど得なのですね。そういう世界観を理解するのではなくて、体得する事が平穏な心で過ごす一生につながると思いますよ。ただ苦しいから助けて貰おうではなくて、このことを心から納得する人にとっては合掌瞑想はそれを効率的に体得する良い方法だと私は思いますよ。ありがたいことです。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏光さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス