魔界の人間、天界の人間 | 仏光さんの心の相談室
2018-04-06 08:19:31

魔界の人間、天界の人間

テーマ:人格、人間力

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

昨日大変興味深い話を聞きました。歌手でタレントの美輪明弘さんが職場でいじめに遭って困っている女性の人生相談に乗っている話です。その職場はお局さんが仕切っているのですが、いつも一人をいじめのターゲットにして、みんなでその子をいじめる事によって職場をまとめるというやり方だそうです。

 

いかにも歴史的には江戸時代以前の「村八分」に端を発する遺伝子に沁みこんだ日本的ないじめ方です。もちろん日本人全員がそうではないですが、そういうところが日本の社会には確かにありますね。そのターゲットになった女性からの相談に対する美輪明弘さんの答えが大変興味深いものでした。

 

美輪さんが言うには世の中には二種類の人間が居て、一つは魔界の人間で、もう一つは天界の人間です。そのように人をいじめる人間、また自分が仲間はずれにされないようにそれに同調して一緒になっていじめる側に回る人間は魔界の人間で、いじめられて心を痛めている女性は天界の人間です。美輪さんはその女性に「あなたは天女が着ている衣で包み込むように、憎たらしい事をしてくる相手にやさしく対応しなさい。腹を立てて仕返しをするようなことをすれば、あなたも魔界の人間に成り下がります。」と答えていました。

 

私も美輪さんの答えに同感します。私は昔日本の同属企業で役員をしていた時に、こういういじめ方と言うか、親子経営者のやり方、また多くの社員の保身のための同調の仕方をまざまざと見て本当に驚いたものです。

 

それまでアメリカの企業に勤めていたので、企業内でこういうやり方をするのを見たことが無かったのですね。まあアメリカの場合はトランプ大統領を見ていると分かるように、もっと一対一で直接的なやり方をします。職場で集団になってネチネチやるというのは私が知っている範囲ではありませんでした。

 

もちろん私は保身のためにその親子経営者に同調するという事はせずに、その会社を辞めました。その経営者にしてみれば同調しない私の方にびっくりしていたみたいです。今ニュースに出てくる様々な企業や政府省庁の集団による隠蔽工作や責任逃れを見ると「ああやっぱり魔界の人間のすることだな」と思います。そういう事をしている人間も家に帰ればお父ちゃん、おかあちゃんになっているのです。

 

私が思うに、先ず魔界の人間に共通している事は、

 

1)自分が魔界の人間だとは思っていない。 

2)結局自分や自分の家族が大事で、人はそれほど大事ではない。

3)本来自分勝手なのだけれども、周りに協調して周りのためになることはしているので自分は悪くないと思っている。でもその根本にあるのは自分が仲間に受け入れられたい。集団で自分がうまくやりたいという潜在意識によるもので、本人はその事実に気付いていない。

4)社会や集団の中で遜色なく暮らしている事が正しいと思っている。

5)自分が得したい。

6)仲間はずれになって社会的に損することを極端に嫌う。

7)常に体制側に居て保身を図る。直接的で無くても結果的に人を害することになっても仕方がないと思っている。逆に空気が読めない相手が悪いくらいに思っている。

8)困っている人が居ても見て見ぬふりをする。

9)こういうことが世の中では当たり前で、自分が悪いとは思っていない。逆に相手に対して少しは可哀想と思っているから自分は良い人だくらいに思っている。

 

私は一見社会的には善良に見えても、こういう人は魔界の人間だと思います。確かにお釈迦様やイエスキリスト、ガンジーやマザーテレサにこういう共通点はありません。また最初は魔界でも、徳を積んで天界に移っていく人も居ます。

 

美輪さんは困っている女性に「いじめているお局さんや同調している人たちのような魔界の人間は、時間はかかるけれども最終的には自滅していく。」と言っていました。お釈迦様も同じような事を言っています。

 

「恨みを抱いている人々の中にあっても、我々は安穏に生きよう。恨みを持っている人々の間にあっても、我らは恨みなく安楽に過ごそう。」

 

「自らが幸せになろうと思って、そのために幸せを求めている他人を害するならば、その人は幸せを得られない。」

 

この「恨みを抱いている人々の中にあっても・・・」というのは、「世の中では多くはそうであるけれども、自分達は恨みを持たない生き方をして行こう」という決意の現われです。そして自分の幸せのために直接的、間接的に他人を害するものは結局は幸せになることはない。まあ自滅していくという事です。

 

結局魔界の人間とは直接的、または間接的に人を害する人間の事です。仏教では言葉や観念で「そういう魔界の人達も救っていきましょう。」となっています。しかし私が毎日お祓いなどで経験している一般に言われる超常現象(私はただの物理現象と思っています)を客観的に考えると、現実は一概にそうは言えないなと思います。確かに魔界の人間は現世が終わり、心のエネルギー体として違う次元に移った時に相当苦しむみたいです。

 

幸い私のところへは心身が弱った人が来ますので、もちろん全員ではありませんが、天界の人が比較的多いと思います。その中でもしょっちゅうでなくても長年付き合う人はまず天界の人だと思っています。そうでない人はやはり縁が途絶えていきますね。だから私は「来る者は拒まず、去る者は追わず」です。

 

人間的な、また社会的な常識から言えば、人を魔界と天界に二分してしまうのはいかがなものかなとは正直思いますが、最近の量子物理学で唱えられているマルチバース理論で、お互いが見えないいくつもの次元が同時に存在しているこの宇宙の在り方を考えると、お釈迦様が言っていることも含めて案外魔界、天界もありだなと私は思っています。

 

何れにせよ、人を直接的、または間接的に害する魔界の人間は、その時は無敵に見えても時間はかかりますが自滅していきます。そういうところでは天の意志がちゃんと働いているのだと私は思っています。同じようなことをインド建国の父ガンジーも言っていました。だから今は苦しくても自分が天界の人間であれば、必ず人を救うその行為は報われていくと思いますよ。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏光さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。