生きる目的? | 仏光さんの心の相談室
2018-02-27 07:00:49

生きる目的?

テーマ:こんな生き方も有り

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

昨日も仕事が忙しかったのですが、昼休みに筋トレに行ってきました。昨日はベンチプレスのウエイトを5kg上げて、95kgを8回、7セット挙げてきました。目標は来月中には100kgを8回、7セット挙げることです。お陰さまで体はとっても元気になりました。血圧も下がったし、血糖値もいつ測っても正常値を少し下回っているくらいです。特にトレーニングの後に計ると血糖値はいつも70代です。空腹時の正常値が90~110ですから、トレーニングで血中の糖を消費するので、グンと血糖値が下がるのですね。日曜日に水泳の後血圧を計ると上が104で下が65でした。これは少し低血圧です。

 

一年前は血糖値が300近く、血圧が190-110だった事を思うと、まるで別人になったようです。人間の体にはちゃんと自分で自分を回復する力が備わっているのですね。病院の薬などを飲むと成人病は治りませんが、運動だけではなく、食事や睡眠など正しい事をしているとちゃんと治ってくれるのです。だからと言ってこの先私がずっと健康で長生きするという保障はありません。健康である可能性が高まっただけです。

 

人間などいつ死ぬのか分かりませんので、これで長生きするなどとは言えないのですね。ただ私にとっては正しい生活をしていると、毎日が楽しく過ごせるのでそれだけで充分です。最近よく人から「何のためにそこまでトレーニングをするのですか?」と聞かれます。私にとってこの質問は「あなたは何のために生きているのですか?」と聞かれるのと同じような気がしてきます。もちろん「健康のため」とかいくらでも大義名分はあるのですが、実際は私にも何のためにやっているのか良く分からないのです。

 

ただ単に自分の可能性に挑戦しているのが楽しいのですね。結果として健康になったり、体が格好良くなるのですが、それだけだったら何もここまでトレーニングする必要はないのです。「あなたは何のために生きているのですか?」と聞かれて、「自分の能力をこの世で活かすため」とか色々大義名分は言えますが、実際は私は何のために生きているのか良く分かりません。

 

とりあえず生まれてきたから生きているのですが、そのうち自分が「こうなりたい、ああなりたい。」と思うようになって、なりたいものになってきたのです。しかし、「何のため・・・・」と考えると本当のところはよく分かりません。一生懸命生きて来ても、いずれは絶対に死ぬし、いくら財産などを作っても全部置いていかなければならないし、いくら有名になったとしても、何時かは人から忘れられていくし、何をどう生きている間に頑張っても最後は「無」に帰すわけです。

 

最後は全て無に帰すのが分かっていて、「あれもこれも・・・」と色々思いながら生きているのですね。だから「私は○○のために生きています。」と何か考え付いて言える事はできるし、それで自分を納得させる事もできます。例えば私ならば、「自分をこの世で充分活かすために精一杯私は生きています。」と言葉では言えるし、それで自分を納得させる事もできます。しかし、それはやはり頭で考え付いている事で、実際のところは自分が何のために生きているのかよく分からないのです。色々な理由を後付しているのですね。

 

これは「馬やキリンが何のために生きているのか?」というのと同じ事ですね。私は馬やキリンが何のために生きているのか分かりません。それと同じように人が何のために生きているのかも分からないのです。もちろん馬やキリンはそういうことを考えませんが、人間は脳が発達しているのでそういうことを考えるのです。

 

よく「自分が何のために生きているのか分からない」と言って落ち込んだり、命を絶ったりする人が居ますが、私は人はみんな本当のところは何のために生きているのかは分かっていないと思いますよ。後付けで「私は○○のために生きています。」と、色々な目的や意義などを頭で考えて言えるし、それで自分を納得させることはできますが、本当のところは馬やキリンのように分からないのです。だから元々何のために生きているなどと考える必要は無いのかもしれません。

 

私が筋トレしていて、「何のために筋トレしているのですか?」と聞かれて健康のためとかもっともらしい理由を言うことはできますが、実際は筋トレ自体が楽しいからやっているのです。始めた頃は血糖値を下げるためとか色々理由はありましたが、今はただ筋トレが楽しいからやっています。「やらなければ・・・」という義務感は全くないですね。だから私は「何のために生きている?」という疑問自体がナンセンスで、そういう事は考える必要は無いと思います。まあ人から聞かれたらもっともらしい事を答えて置けばいいのです。

 

ただ「○○のため」ではなくて、「せっかく生きているので、今日一日は精一杯自分ができる事をやります」で良いと思います。「大きくなって社長になる」とか「サッカー選手になる」とか子供の頃は夢があって良いと思いますが、実際に社長になり、サッカー選手になると、その中で色々な苦労があり、また実際になってしまうと次の目標を探さなければいけなくなります。私が外資の会社の社長になった時、「こんなもんかいな?」と思いました。それと同時に何かつまらなくなりました。

 

目標を持って生きるのは大事な事かもしれませんが、目標を達成したらまた次の目標を見つけなければなりません。そうなると歳をとって後の人生が無くなった時に「実際にどうするの?」という疑問が残ります。目標を持ちたくても人生の残り時間が無いのです。そこで私は「今日一日を生きればいい」と思っています。明日になればまた「今日一日を生きればいい」なのですね。

 

せっかく生きているのだから「○○のため」も良いのだけれども、「今日一日を味わって生きる」で私は良いのですね。仕事をして、修行をして、筋トレをして、ブログを書いて、花や鳥や月を見て一日が終わる。「そのうち寿命が尽きました。」で良いのだと思っています。ただ仕事にしても修行にしても筋トレにしても、生きている事を充分味わってやっていれば今日一日は安泰です。

 

楽しい事も嫌な事も生きている一部なのだから、それを味わうという心の境涯が平穏なのではないかなと思います。それで一生が終われば結果的には平穏な人生ですね。「世間的に・・・」とか「人からどう思われる」など全く関係ありません。それが「自分の人生を生きる」ということだと思っています。人生思い通りにならないと落ち込んでいる暇があったら、こういうことも考えてみるのも良いかも知れませんね。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏光さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス