最善を尽くす | 仏光さんの心の相談室
2018-02-24 06:50:27

最善を尽くす

テーマ:人生

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

昨日は結構忙しい日でした。昼休みに筋トレはできましたが、午後は分単位で仕事をしていました。今日も忙しいのが分かっているので、朝早く起きてブログを書くことにしました。昨日は沖縄から返ってきた年配の女性が体が重くて調子が悪いと言って来られて、「やっぱり沖縄だからな。もしや・・・」と思ってお祓いをしたら、その瞬間体が軽くなり元気になりました。また夜に最後に来た病院で働いている女性が、急に腰が痛くなったと言って来られました。無痛自律神経療法でもどうもすっきりしないので、「もしや」と思いお祓いをしたら、その瞬間すっかり痛みが取れました。

 

私はほぼ毎日、来られる方全員ではないですが、こういう場面に出くわしています。私に与えられた力で何とかしていますが、目に見えない次元があることは確かですね。まあ人が信じる信じないなど私にとってはどうでも良い事ですが、実際に体験した人が大勢居るので、その人達は良く分かっていただけていると思います。何でもかんでも霊障を原因にする必要は全くありませんが、こういうこともあるということは知っておいた方が良いかもしれません。

 

今日もまた霊障で困っている人が来るかもしれませんが、私は自分がしなければならない事をして、その人に回復してもらうだけです。本当に世の中には困っている人がたくさん居られるのだなと実感しています。今は縁があって私のところに来られる人を診て差し上げる毎日で良いと思っています。マザーテレサの逆説の10か条に「助けを求める人に助けの手を差し伸べると、逆に攻撃されるかもしれない。それでも人を助けなさい。」というのがあります。私も実際にそういうことを何回も経験しています。自分が助かりたいと時は「わらをもすがる思い」で、助かってしまうと後は「知らん顔」というケースも多々あります。

 

でも「攻撃されるからもう人を助けるのを止める」のではなくて、マザーテレサは「それでも人を助けなさい」なのですね。また「世界のために最善を尽くしても、ひどい仕打ちを受けるかもしれない。それでも世界のために最善を尽くしなさい。」とも10か条は言っています。最初に読んだ時は「それではたまりまへんな」と思ったものです。逆説の10か条は概念として「なるほど」と理解して、心がフニャ~となるのは簡単だけれども、実際に日々の生活の中で体験するのは大変辛いものです。それでも続けていけるのは、それが私に課せられた試練だと思うからです。まあこれが本当の修行なのですね。

 

それから比べると、合掌瞑想や坐禅の修行などは極楽みたいなもので、何も辛いなどと思った事はありません。それは毎日私が実際に向き合わなければならない現実が厳しいからでしょうね。言葉や概念で仏道に沿ってもっともらしい事を言ったり、思い込んだりしているのは簡単ですが、目の前で苦しんでいる人を実際に助けるのは大変です。今のところ95%の人は助けることができていますが、どうしても5%の人は良い結果が出ません。その5%を何とかしていくのが私の修行ですね。

 

努力してもそれがみんな報われるとは限りません。でも努力し続ける事が自分を高める修行になるのです。仏道修行とは禅堂のような特殊な静かな場所で、決められたとおりに朝から晩まで坐禅や瞑想をする事だけではなくて、日々の生活や仕事で起こる様々な問題に向き合って、嫌になる自分の心を克服しながら何とかしていくのが本当の修行なのですね。私の場合はこの日々の仕事が特殊であり大変なので、これが修行になって、坐禅や瞑想は心を休める、または充電させる場になっているように思います。実際、以前に禅堂で坐禅の修行をしている時は、日々の仕事より朝から晩まで坐禅をしている方が楽でした。

 

元々アメリカ企業のビジネスマンだった私が、何故今こういうことをしているのかはさっぱり分かりません。天がこういう人生を用意していたとしか言いようがありません。そのために私に特殊とも言える力を与えてくれていたのでしょう。だから私は与えられた私の使命を果たすまでは、寿命が尽きる事はないと思っています。でも実際にこれからのことを考えると体力が要るので、今トレーニングをしているのですね。そのトレーニングも嫌々ではなく面白いので助かっています。これで死ぬ前の日まで仕事ができれば幸いですね。

 

このように仕事をしたり、仏道修行をしたり、ブログを書き続けたり、日本語や英語で本を書いたりして、世界のために自分ができる最善を尽くしても、「ひどい仕打ちを受けるかもしれない」とマザーテレサの逆説の10か条は言っています。もしそうなったら「こりゃたまらんな」と思いますが、それでも「最善を尽くせ」と言うので最善を尽くします。まあどのような人生でも、そして何があってもやっぱり自分ができる最善を尽くさなければならないのですね。まあどうせ遅かれ早かれ死ぬのだから、何があっても弱音を吐かずに歯を食いしばって最善を尽くしていきましょう。それが人生ですね。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏光さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス