考えないと問題は存在しない | 仏光さんの心の相談室
2018-01-26 08:38:39

考えないと問題は存在しない

テーマ:自我を無くす

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

昨日は木曜日でスポーツクラブが休み。一日運動はしないで体を休ませました。今日は昼に筋トレする予定です。私はやっぱり昼にトレーニングする方が調子がいいみたいです。昨日は昼寝をしましたが、何となく午後体がだるい感じがしました。それでも休ませるということは大切なので、休む時はきっちり休みます。やり過ぎでまた目まいになったら嫌ですからね。ぼちぼちやっていこうと思います。

 

それにしても人生とは思い通りにはならないものです。私は思い通りに行った一日などほとんどないですね。毎日思い通りには行かないのだから、一生が思い通りになるわけないのです。お釈迦様が言う「求不得苦」ですね。漢字からは「求めても得られない苦」となります。その苦から逃れる方法として、「これが欲しい。あれが欲しい。」と求めるというのは自分の我や欲から出ているものが多いから、その自我や欲を少なくすると求める事も少なくなっていくので、人生で求めても得られない「苦」が少なくなるということです。

 

こんな事理解するのは簡単なのですが、理解してもどうしようもないのが心というものです。もし理解通りに心が動いてくれたらどんなに楽だろうと思います。欲望の本体である自我や欲をそのままにしておいて、「求めないと清くなる」と色々我慢するのが禁欲主義になります。これは辛いだけの事だろうなと私は思います。「求める」という気持ちはそのまま置いておいて、自分の我や欲を少なくするために毎日瞑想をする事が一番楽になる早道なのです。ところがこれには時間がかかりそうで、みんな早く楽になりたいので他の道を探し、あっちに行ったりこっちに行ったりウロウロしているうちに一生が終わるのですね。

 

私は今までの修行のお陰で物欲は随分無くなったと思います。物で欲しい物はあまり考え付きません。人がどんなに立派な家に住んでいても、どんなにお金持ちでも、それが欲しいとかそのようになりたいなどと全然思わないのです。昔はそうではなかったので、これはやはりお釈迦様が説かれている真理の勉強と瞑想という実践でこのようになったのだと思います。瞑想の修行などなんだか遠い道のりに見えましたが、振り返ってみると20年足らずでそのようになっているので、まあ一生ウロウロしているよりは早道だったと思います。

 

ただ瞑想だけをしていてそのようになったとは思いません。やはり真理を知ることも大切で真理を知った上で、まだまだ真理の通りには心が動かないのだけれども、瞑想という実践を繰り返していると段々そのようになっていくというのが実感ですね。これがお釈迦様が説く苦から逃れる道「八正道」に出てくる「正定、正しい瞑想をする」になるのです。八正道を見てみると実際に体を使って修行するのは「正定」だけだと思います。後の7つはは正しい瞑想をした結果できる事が多いですね。

 

確かに物欲は少なくなっていきますから、その分心は楽になります。でも不安とか悩みは物欲だけから出ているものではないので、そこをまた毎日瞑想しながら何とかしていかなくてはならないのですね。今の私はそういうところでまだまだ足りていないなと思います。でも最近、合掌瞑想のお陰で宇宙から地球を見る。自分を見るということができるようになってきたので、毎日目の前で起こっている思い通りにならない事も宇宙という視点から見ればどうでも良い事だなと思えるようになってきました。

 

そうなると心はもっと楽になって行きます。今日一日自分がしなければならない事を一生懸命やって、後はあまり気にしないということが出来るようになってきました。どんな悩み事でもどんな不安でも、そこに心を費やす事がなくなってくれば、その悩みや不安は自分の中では存在しないのですね。心を悩みや不安に使うから、その悩み、不安がその人に存在する事になるのです。

 

これはどこか海外だったと思いますが、サルの研究所で下半身不随になったチンパンジーの研究をしていると、そのチンパンジーは自分が下半身不随になったことで悩んだり、将来を不安に思う様子が全く無いということが分かりました。毎日食べていければそのチンパンジーにとっては下半身不随は悩みや不安の原因にはならないのです。要するに「下半身不随になって、これから俺はどのように生きていこう」とは全然チンパンジーは思っていないのですね。だからそのチンパンジーは毎日幸せなのです。

 

思わなければその悩みや不安は存在しません。チンパンジーは自然にそのようにできるかも知れないけれども人間はそうは行かないので、そのようにできるようになる心の練習が必要なのです。それが瞑想の修行だと私は思っています。心を引っ掛けなければその問題は私には存在しません。問題を考えた時だけ存在します。そして大概の問題や悩みや不安は考えてもしょうがない事が多いので、考えないようにする心の練習はとっても大切だと私は思います。毎日、将来の計画も含めて一生懸命やっておれば、後はなるようになるのです。

 

「こうなるのかな?ああなるのかな?こうなったらどうしよう。」などと思う必要はないのですね。これが幸せになる道である事は確かです。「分かっているけれどもできない」ことができるようになるのが、正しい瞑想という心の修行なのですね。私はまだまだ足りていないと思うので、毎日精進していきます。死ぬ前の日にはもうちょっとマシな人間になりたいですね。心の練習、頑張りますね。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏光さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス