2018-01-06 09:36:29

争いを避ける

テーマ:人格、人間力

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

昨日は本来ならば昼休みに水泳をする日でしたが、昨日がプールの初日で、まだ冬休みの学校もあり混雑すると思ったのと、前の夜が少し寝不足だったのでやめておきました。仕事の初日で疲れるかなとも思ったので休んで正解だったと思います。

 

昨夜は9時過ぎくらいには寝てしまって、朝の六時に目が覚めました。8時間以上ゆっくり寝たことになります。だから今日は朝から気分が良いです。もちろん今日は昼休みに筋トレに行く予定です。正直に言うと私は水泳よりか筋トレの方が好きですね。たぶん筋トレの方が結果を確認しやすいから好きなのかなと思います。まあそれでも水泳は続けますけど。

 

正月は結構おせち料理とかを食べて、食事も今は普通にしているので血糖値がどうなっているかなと思って、昨日の朝測ってみました。すると空腹時血糖が112で正常値だったので嬉しかったですね。あれほど正月の間は、何だかんだと食べていたのに血糖値が上がるわけでもなく、まあ私の糖尿病は完治していると思います。膵臓君が復活してくれたのでしょう。

 

一昨日も長男と英語の本の作業をしていました。お釈迦様の智慧の本です。お陰様で85%くらいできました。あともう一息ですね。来週か再来週の前半には本が完成する予定です。世界に発信した時にどのような反応が返って来るのかこれからが楽しみです。このようなことをこれから世界に対してしていくことが私の大切な仕事になっていくと思います。

 

ニュースなどをインターネットで見ていると、世界中で争いがあり、北朝鮮やアメリカの指導者の言っていることなどはまるで子供の喧嘩のようです。いったいこの世界は今後どのようになってしまうのだろうと心配になります。お釈迦様が言う智慧とは真理に基づいた良識であると私は思います。

 

社会の良識ではなく、真理に基づいた良識です。社会の良識となると日本でも第二次世界大戦の時は、お国のために戦って死ぬことが社会の良識になっていました。戦争に反対することは非国民的なことだったのですね。しかし、真理に基づいた良識では争う事はやはり間違っているのです。ましてや殺し合いをすることは人として間違っています。

 

ところが今の社会は職場や学校でも争いがあり、家族親戚でも争い、あたかもそれが社会では当たり前で、その争いに勝つことが良いのだと多くの人間が思い込んでいます。勝てば幸せになると思い込んでいるのですね。しかもそれが生存のための自然の摂理くらいに思って争う事を正当化しています。「まあきれいごとでは済まされないので、やはり勝たなければいけないのですね。」になるのです。

 

表向きはニコニコしていても陰でごそごそ動き回ったり、人の悪口を言って回ったりして表面的には争いにはなっていなくても、人を傷つけて喜ぶ人間も多いです。それも心的には争いなのです。そういう人間に対してはいくら表面的にニコニコしていても心の中が見えるので、私は分かっていても騙されるふりをしています。お釈迦様の智慧となるとやはり争いを避けることが智慧になり、それが真理に基づいていると私は思うからです。

 

お釈迦様は、

 

 

「他の人が怒っていても、それについて自ら静かにしているならば、自分も他人も大きな危険から守ることになる。悪人はそれを見て「弱い奴だ」と考える。そのように愚者は苦々しい言葉を語りながら、「自分が勝っている」と考える。しかし、そしりを忍ぶ人にこそ常に勝利がある。」

 

と説いています。やっぱりお釈迦様でも生きていた頃は色々あったのでしょうね。それでもやはり怒らなかった。なぜなら怒らない事によってどれほどの福徳が自分に返って来るのかを知っていたからです。

 

他人を貶めたり、傷つける言葉を吐いたり、また表面的にはニコニコしながら陰でごそごそ動いている人間は、その業がいつかは自分に返ってきて自分を傷つけ、自分の運気も下げ、病気を発症したり、自分が気が付かないうちに自分を不幸に導いていくことを知らないのです。そしてある日ドッカ~ンと不幸の炎にさらされることになります。

 

その場その場では自分が勝っているつもり、うまい事やっているつもりでも、やはりいつかはそうなりますね。それが真理であることを知るのがお釈迦様が言う智慧です。私の経験上、自分のしたことは自分に必ず帰ってきます。それが何十年後でも必ず返ってきますね。多くの人は自分の運気というものをもっと考えた方が良いと思います。陰で色々やっていても、ばれなくても、自分の運気は下がるのです。そして不幸になります。

 

もしどうしても相手と意見が合わないのならば、争うのではなく別れるべきでしょうね。会わなければ争いにはなりません。でも職場や学校ではそうはいかないので、どうしても嫌な相手に会う。その時にお釈迦様のこの智慧を思い出したら良いと思います。意地悪や陰でごそごそ動く人間には運気が下がることによって災いが訪れます。その時には分からなくても絶対何年、何十年後かには災いが起こります。

 

もっと大きな災いは、死により肉体が滅びて心のエネルギー体となった来世に起こるかも知れません。お釈迦様がよく「この世でも、あの世でも…」と言っているのはそういう事だと思います。今だけうまいこといっているように見えていても意味は無いのですね。

 

私は私の目の前で起こる超常現象を見ていてもそれは真理だと思いますよ。やはり真理は真理、「そしりを忍ぶ人にこそ常に勝利はある」のですね。幸せに生きるとはそういう心の強さを育てていくことだと思いますよ。この真理を思い出して運気が下がらないように自分のしていることを見直すのは、人生を幸せに生きるために大切なことだと思います。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

仏光さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

仏光先生おはようございます。「スナックのツケは踏み倒せても、自身の人生のツケは絶対に踏み倒せない」僕はこう考えて日々を過ごしています。もし死ぬ時、自身のバランスシートが赤字ならば、来世に利息と共に持ち越して帳尻が合うまで輪廻転生し続けることでしょう。生かされている「今この時」を、人様に迷惑をかけることなく大切に生きて行きたいと思っています。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。