2017-12-07 23:32:46

天寿を全うする

テーマ:こんな生き方も有り

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

昨日も筋トレがちゃんとできました。もちろんウエイトは落としていますが、筋トレができる事自体がとっても嬉しく感じました。今日は遂に水泳も再開しました。50mインターバルにして、50mを泳ぐたびに耳抜きをしながら1000mを泳ぐ事ができました。特に目まいは感じませんでした。お陰で50mインターバルで泳ぐのはとても楽なのだという事が分かりました。これからはあまり無理をせずに50mインターバルで泳ごうと思います。

 

ただ休みを多くした分、時間が少しかかるので、いつものように昼休みにの間に1000mが泳げるか分かりませんが、距離ではなくて時間が来たら上がるようにします。本調子に戻るまでは決して無理はしないようにします。今回は生まれて初めての凄い目まいに襲われましたが、自分でめまいの原因を探り、必要と思われる処置をしていくとちゃんと元に戻っていくものです。私たちの体にはそのような力が備わっているのですね。

 

もちろん私は救急救命か細菌の感染症以外に病院には行きませんが、今回も薬を飲む事もなく私が予定したとおりに回復して良かったです。昨日も私の先生仲間が私の首を治しに来てくれました。これでしばらくは大丈夫だと思います。こういう時は自分で原因が分かっていても、自分で自分の施術ができないのでもどかしいです。だから仲間が助けに来てくれて本当に嬉しかったです。ありがたいことですね。

 

これからも何かあれば、すぐに薬を出す病院の医療に頼るような事はせずに、よく調べた上で自然の摂理に沿って自分で治していきます。そのほうがよほど安全に早く体は回復します。でも一番大切なのは、事故でない限りそのような事態にならないように毎日の生活を見直しながら心穏やかに過ごす事ですね。今回のことは私にとっては青天の霹靂と思われましたが、振り返ってみると私の一日の過ごし方に「やり過ぎ」という問題があったのです。もう少し時間に余裕を持って生活しようと思いました。仕事と修行は削りようが無いので仕方が無いと思いますが、それ以外にも色々やっていたので、その部分をもう少し工夫していこうと思います。

 

私の仕事は相手が困っている人なので、時間を短縮するという事はできませんが、もう少し小休止を入れるようにしていきたいと思います。何があっても何も変わらないのは修行だけですね。まあこれだけは死ぬ前の日まで続けていく予定です。「リトルブッダ」というハリウッド映画があります。チベットのダライラマの生まれ変わりとなるアメリカ人少年の映画です。その映画の終わりの方で何もかも悟りきったラマの高僧が瞑想をしながら死ぬ場面があるのですが、それを見て「かっこいい死に方だな」と思いました。

 

もちろん映画なのでそういうことが実際にできるのかどうか分かりませんが、本当にできたらめちゃくちゃかっこいいですね。私も死ぬ日くらいまでにはそのような人間になれたらいいなと思います。とにかく今は私の張りすぎていた弦を緩める事にします。そうすればお釈迦様の教え通り中道を生きることになりますからね。

 

言葉や概念で中道を知っていても、実際に現代社会でそのように生きていくのは大変難しい事であるのを今回初めて実感しました。縄文時代に狩猟採集の生活をしていれば、自然と調和しないと生きていけないので、無意識に中道を生きることになるのでしょうが、文明が開けてからは意識しないとなかなか中道を生きるのは難しいのです。だからできるだけ自然と触れる事は大切なのですね。自然を観察すると動植物全てが中道であるのが分かります。

 

人間には色々欲がありますから、やり過ぎてしまうのでしょうね。考えてみれば私も生きている間にこれもしてやれ、あれもしてやれと色々詰め込みすぎたのです。その結果が目まいとなって私に返ってきたのですね。自分にとっていい事をしているつもりでしたが、過ぎたるは及ばざるが如しです。今回は私にとって良い教訓になったと思います。

 

元気になってくるとまた前のように色々やりたくなるのですが、意識してゆっくり生きることにします。そうでないと結局は体を壊し、私の人生の目標が達成できないのですから。寿命が尽きるのは仕方が無いことですが、生きている時間は限られているからと自分で自分を追い込む必要は無いのですね。そのつもりは無くとも時間に追われだすと、ゆっくり生きていることにはなりません。仕事をしていると時間に追われることも多いのですが、その分意識して他のところでゆっくりしなければなりませんね。

 

とにかく寿命の長短は天にお任せして、死ぬ前の日までは元気に過ごせるように工夫しなければなりません。それが天寿を全うしたことになると思います。ただ長く生きましただけではなくて、寿命の長短には関係なく、元気に死ぬ前の日まで過ごす。それを私の中では「天寿を全うする」という事にします。命を与えられているのなら、その命を自分なりに輝かせなければなりません。病気で居るより健康な方がより私の命が輝くと思いますので、これから心して天寿を全うするようゆっくり頑張っていきます。今日は水泳が再開出来て本当に良かったです。これも私の天寿を全うするための一歩ですね。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

仏光さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。