2017-08-03 23:48:46

馬鹿で幸せ者

テーマ:こんな生き方も有り

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

今日は木曜日で本来筋トレの日ですが、思った通りに右肩の痛みがトレーニングで取り切れなかったので休む事にしました。少しやり過ぎたかなとも思うのでゆっくり休みにします。水泳はもちろん続けますが、筋トレは肩の痛みがなくなるまでお休みにします。とは言ってもたぶん土曜日には筋トレを再開できると思います。

 

仕事はいつも通りにしていますが、最近の私はあまりお金を稼ごうと思わなくなりました。仕事の効率が上がり、時間ができるようになったので、その時間を仕事以外のことに有効に使おうと思うのですね。社団法人の仕事も非営利だし、自分自身働いていればそれなりのお金は入ってくるので、つつがなく暮らすことができればそれで私は充分なのです。

 

だから今の私には昔、外資のサラリーマン社長をしていた時のように、毎年売り上げと利益を上げることより、ずっと大切なものがあるのです。それは時間と健康です。お金や権力があるのが偉いとは全然思わないので、損得で見れば非営利の社団法人とか損をする事に時間とエネルギーを使っています。それから健康は一番大切と思うので、健康の貯金を毎日水泳や筋トレをする事で増やしています。

 

世の中一般には物質的な損得勘定で物事を見ています。「得をするからやろう。損をするからやめておこう」というのが普通なのです。それは子供から大人までの行動基準になっています。もちろんそういう人ばかりではないのが世の中なのでまだ救われますが、仏教の視点というのは全く違うのです。

 

損得で一生を終わる事ほどつまらない一生はないと私は思います。もちろん私も若い頃は損得勘定が私の思考、行動基準でしたが、今は衣食住が足りていてさえすれば自分の時間を自分の心と身体を磨くことに使いたいのです。社団法人では困っている人のために時間とエネルギーを使い、それが非営利なのですから損ばかりしても儲かる事はありません。でもその分心は豊かになります。

 

心の豊かさなどお金では買えないものです。物質的に豊かになると心は貧しくなっていくのが人間社会というものです。だから先進国ほど心を病んでいる人が多いのですね。物質的には物に囲まれて暮らしていますが、心はどんどん貧弱になって行きます。そこに私は何の価値も見出せません。もちろん生活に必要なものはあります。しかし余るほどあっても仕方が無いのです。

 

物質的にはシンプルに生きることにより、物より自然とか夜空とかそういうものの中に幸せを感じるようになります。とっても綺麗な夕暮れなどお金で買えるものではありません。でもその夕暮れを見て涙が出るほど感動できる心を作る方に人生の時間を使いたいのですね。これは価値観の問題です。私達は物質的な豊かさを求めるが故に、もっと大切なものを失っている事に気付かなければなりません。

 

こういう話を聞いて「バカじゃない」と思う人も大勢居ます。自分で事業をしている社長など、どれほどお金が儲かったか話すのが好きな人も居ます。そういう話を聞かされるたびに、私はつまらなくなるし、その人に何の魅力も感じないのですね。本人は大得意で話していますが、その人には申し訳ないけれども、私はそれこそ「いい歳こいてバカじゃない」と思ってしまうのです。

 

私は今人生で初めて、儲けようと思えばもっと儲けられるのが分かっているのに、敢えてそれをやろうとしない自分が面白いと思っています。非営利の社団法人からはもちろん一銭も貰っていないし、みなさんの会費は運営に全部使っているし、それに使う時間は増えているし、そしてそれが楽しくてしょうがないのです。

 

これから英語を駆使して、合掌瞑想や無痛自律神経療法を世界にマーケッティングしていこうと計画しています。それにはもっと多くの労力と時間とお金がかかります。そしてそこからの利益は一銭も無いのですが、たぶん世界中から救いを求めて人が来ると思いますので、それがもっと私の人生を楽しくさせてくれると思います。私はこれが仏教的な視点だと思っています。

 

困っている人が救われ、その人の笑顔こそがお金には変えられない大切なものなのです。ナチスの支配下でユダヤ人を助けたシンドラーさんの映画「シンドラーのリスト」を知っている人も多いでしょう。彼は成功していたドイツ人実業家でありながら、自分にできる最大限の範囲でナチスからユダヤ人を救ったのです。結局その行為のお陰でシンドラーさんは破産してしまいました。でも尊い何百人もの人の命を救ったのです。

 

人生で何が一番大切なのかが分かる映画です。大概の人は「分かっちゃいるけど自分にはできない」と思います。そしていざとなれば「自分と自分の家族が良ければまあいいや」になります。私はそれで私の人生を終わるのは嫌なので、やはりシンドラーさんと同じような事をしたいと思うのですね。

 

今の日本を見ていると可哀想に多くの人がお金を追い掛け回しています。「宝くじが当たれば仕事をやめて、こういう贅沢な暮らしをしよう」などと夢を見ながら過ごしています。贅沢な暮らしが尊いのではなく、自分にできる仕事が尊いという事が分からないのです。しかし価値観が変わると自分の愚かさが分かるようになります。

 

若い頃の私はお金や肩書きを追い掛け回し、不運にもそれらを全て手に入れてご満悦だったのですから本当に愚かでした。今の私から見るとお金や肩書きを追いかけまして手に入れることは不運です。人として何が一番大切なのかが分からない愚か者の境遇になるからです。「私はならない」と思っていても、放っておけば十中八九そうなります。

 

キリスト教でも「金持ちが天国に行くのはラクダが針の穴を通るより難しい」と聖書に書いてあります。やはりそれに関しては仏教と同じような価値観なのだと思います。人にとって何が大切なのかが分かると、キリスト教でも仏教でも同じような結論に達するのですね。

 

まあそういうことで、私は細く長く死ぬ前の日まで私の仕事を続けて行きます。そして毎日トレーニングを積んで健康の貯金を増やして行きます。これからも一生懸命合掌瞑想や仏教の教えを広めて、私の人生の時間やお金やエネルギーをもっと損していきたいと思います。そしてそういう私は馬鹿で幸せ者だと思いますよ。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

仏光さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。