修行は自分を変えるから楽しい | 仏光さんの心の相談室

修行は自分を変えるから楽しい

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

今日も朝、合掌瞑想をしました。ここ5日間くらい合掌瞑想のショートバージョンを作ることに取り組んでいます。合掌瞑想は普通に1時間かかるので、現代の忙しい生活パターンの中で毎日1時間の瞑想の時間を作るのは難しいと思うからです。「1時間作れないから瞑想はやめておこう」となるのですね。また最初から1時間も瞑想するのは大変だと思う人も居るでしょう。

 

だからもう少し時間を短くしたら、どのようなものかなと40分のショートバージョンを作る取り組みをしたのです。これは私の感覚ですが、1時間瞑想するのと比べるともちろん物足りないのですが、60%くらいの効果が得られると思います。毎日全く瞑想をしないのと比べるとショートバージョンを実践していると、心の状態は100倍やらないよりかは良いでしょう。

 

次回の教室でこの新しいバージョンを皆さんにお知らせしたいと思います。良い事は100%でなくても毎日続けると大きな効果が得られます。特に瞑想は脳を育て、心を穏やかにするのに大変効果的なので、多くの人に毎日してもらいたいと思うのですね。何をどのように短縮すれば良いのかが分かったと思いますので、次回から時間のない人に実践してもらいたいと思います。

 

もちろんやるやらないは本人の自由です。何だかんだと自分にもっともらしい理由をつけて何もやらない人も大勢いますが、それはその人の勝手です。ただ、何もやらないで自分の人生に愚痴や不満は持たない事ですね。中にはちょっと教室に顔を出して、瞑想をかじりながらやった気分だけ持っている人も居ますが、まあ実際にはあまり効果は期待できません。自分のしたことが全部自分の人生に返って来るのです。何もやらなくて自分の人生に愚痴や不満があるのなら、それは自業自得でしょう。そして愚痴や不満で暮らすのもその人の勝手です。

 

合掌瞑想でも、坐禅呼吸法でも、少しでもいいから毎日続けるという実践をすると、少しずつでも必ず人生は改善されていくものです。自分の人生を良くしていきたいと思うのならそれなりの実践が必要なのですね。私の場合は自分の残りの人生を最大限マックスで過ごしたいので、仕事も生活も瞑想もマックスで楽しもうと工夫しています。

 

それでもいつかは寿命が尽きます。私は死ぬのは嫌だけれども、いつ死んでも良いように毎日を過ごしたいと思っています。毎日自分が死ぬことを真剣に考える時間が必ずありますが、考えれば考えるほど今生きていることがありがたく感じられます。その生きている時間をぼけーと世間と生活に流されながら過ごしたいと私は思わないのですね。

 

実際なんでもマックスで目の前の事に取り組んでいると、何もしないでぼけーとしているよりよほど人生が楽で楽しいです。私がぼけーとしているのは夜空を眺めている時や、庭や道端の草花を見ている時が多いですね。あと寝る前少しの時間ぼけーとしている時もあります。このぼけーは必要なぼけーと思っているので、私の人生の中では大変良い時間になっています。

 

何故、私が「今と此処」に集中してマックスで生きるようになったかと考えると、それは私の過去の人生が苦しかったからだと思います。本当に死のうかと思うほど苦しい時期もありました。そこから抜け出すために、坐禅などをしながら、その苦しさから自分で抜け出してきたのです。

 

日本の良識からすれば、ここで「色々助けてくれた皆さんのおかげで苦しみから抜け出しました。」を言わなければならなくて、それを聞いている人も「いい話だ。みんな協力してくれて元気になったのだね。フニャ~」とならなければいけないのですが、実際は私自身が嫌でも何でも毎日家で修行をしたからだと正直なところ思います。

 

禅をかじっている人はそれを聞いて「何~?私がやった~?それがお前の自我だ~。フニャ~」になるのですが、やっぱりやることを実践するのは本人なので、苦しみから抜け出すか、不安から抜け出すか、恐れから抜け出すかは、抜け出すために本人が何をするかにかかっています。何もしないで「楽になりたい」と思っていてもそれはあり得ないのですね。

 

でも多くの場合、苦しみから抜け出すのに何をしたら良いのか分かっていないので、私は自分の経験からちゃんと機能して良い結果が効率的に出るものを、そのプロセスも含めてマインドリカバリープログラムの教室で、「このような事を、こういう風にしていったら、こういう結果になるよ」とお伝えしているのです。

 

そしてそれを実践するか否かは本人の自由です。やっただけの事が、またしなかった事が自分の人生に返って来るだけですから。自分で自分を救う以外に、誰が自分の心を奥底から救ってくれますか?この世では自分を変えていく以外に、自分が救われる道は無いと私は思っています。それでも何か奇跡的なことが起こって自分が救われると思っている人は、じっと奇跡が起こるのをお待ちになって下さい。

 

私はもう少し確実に人生を良くしたいので、奇跡的なことも含めて自分の人生が良くするのはひとえに自分にかかっていると思うのです。だから良いと思える修行を毎日しているのですね。まあ考えてみれば、悪ガキだった私がこのように自分の意志で修業をして、人様にも瞑想法や呼吸法を教えて、しかもちゃんと実践した人に良い結果が出ているのは全く奇跡的なことに思われます。私の子供の頃だけを知っている人は、今の私を見れば「ええ~!あの悪ガキが…・」と仰天するでしょうね。

 

人は変わることができます。自分の性格も変えることができます。正しい心のトレーニングをちゃんと実践すればそれが実現できるのですね。まさにお釈迦様の言う通りです。お釈迦様が説いた苦しみから抜け出すための「八正道」、瞑想を含めた八つの正しい道を毎日少しずつでも実践していると抜け出せるのです。

 

それにしても何と修業とは楽しいものなのでしょう。これは最近私が変わっていく自分の心の境涯を振り返って特に感じることです。辛く厳しくないと修行ではないと思っている人は本当にお気の毒に思います。頑張ってくださいね。私は私の修行をコツコツ精進していきます。

 

厳しい修業を頑張ったら何とかなるだろうと思う気持ちは分かりますが、頑張った末に自己満足の上に偏屈になって、自分をこの世で活かしていない人も結構居ます。やっぱりお釈迦様の「中道」は私は正しいと思いますよ。極端はいけないのです。そしてその中道はその時代時代に対応していなければなりません。

 

そうでないとなかなか人は救われませんからね。昔の坊さんの修行の逸話ばかりを今に持ってきて「○○和尚はこうしたんだ。こう言ったのだ。真理は不変なんだ~」と頑張って、そういう気持ちになてみても現代の多くの人にはピンときませんからね。古い殻を破って、仏道の真髄を合掌瞑想で見てから私の修行は楽しくなりました。それを如何にわかりやすく皆さんに伝えていくのかが私に与えられた役目ですね。本当にありがたい事です。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村