「艪櫂(ろかい)の立たぬ海もなし」 | 仏光さんの心の相談室
2014-05-30 06:00:29

「艪櫂(ろかい)の立たぬ海もなし」

テーマ:人格、人間力
「艪櫂(ろかい)の立たぬ海もなし」という言葉があります。舟の艪や櫂が立たない海は無いから、どんな広い海でも渡っていけるという意味です。これはどんな困難に直面しても、努力すればその困難を乗り越えていけるという例えなのですね。人生ではどうしても避けられない困難に直面する時があります。私も自分を振り返ると「もうだめかな」と思える困難に直面した時が何回かありました。でも今こうして半世紀以上も元気に過ごしているということは、その困難を乗り越えることができたのですね。

面白いのは、その当時は困難と思われたのですが、今から振り返ると「どうってことは無かったな」と思えることです。「何であんなことくらいで四苦八苦していたのだろう?」と不思議に思えたりします。でもその当時の私にはそれはとてつもない困難に思えたものです。一番きつかったのは外資の社長をクビになった時です。それまでの自分の価値観がガラガラと音を立てて崩れていくのが分かりました。家のローンとかもいっぱいあったので、これからどのように暮らしていこうかと途方に暮れました。今まで築き上げてきたものが全部崩壊していく気がしたものです。

その後10年間は色々苦労しましたが、今は自分で起業してつつがなく暮らしていけるようになりました。もちろん家のローンも全部返済できました。今から当時のことを振り返ると、どうして社長をクビになったくらいであんなに苦しく辛かったのだろう?」と不思議に思います。でもその時の私の価値観では社長をクビになることは人生の終わりみたいになっていたのですね。今から思うと笑ってしまいますが、その当時は真剣だったのです。その後10年間は苦労の連続でしたが、今はその苦労のおかげで自分に人生の荒波を乗り越えていける力が付いたと思います。

大体エリートコースを進んでいる人間が失脚すると自殺などをして潰れてしまう事が世の中では多いのですが、私は禅と出会ったおかげでそれまでとは全く違う価値観を得ることができたので助かりました。昔の立身出世型の価値観を振り返ると本当に馬鹿だったなと思いますね。まあ世の中では地位やお金が成功ということになっているのですが、今の自分から見ると本当にばかばかしいと思います。もしそこで死んでいたら、私もそれで終わりだったのですが、まさしく
「艪櫂(ろかい)の立たぬ海もなし」で人生何とかなるものです。

もちろん10年間は苦労をしましたが、「
艪や櫂が立たない海は無いから、どんな広い海でも渡っていける」のですね。前を向いて少しずつでも良いから進んでいるとどんな荒海でも渡っていけます。あきらめてしまうとそれで終わりですが、決してあきらめないことですね。今は苦労したおかげで幸せを感じて生きていけます。苦労している時に人にすがってばかりいればこのような幸せは無かったと思いますが、自分で自分を変えていったことで自分を救うことができたのですね。辛いかも知れないけれども最終的な救済者はやはり自分なのです。「艪櫂(ろかい)の立たぬ海もなし」と思って人生の荒波を乗り越えて行きましょうね。

合掌

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

仏光さんの本はこちら

仏光さんの心の相談室