なぜ麝香が媚薬と言われているのか | 香る国 香川の仏壇屋からお香のお話 岩佐佛喜堂

香る国 香川の仏壇屋からお香のお話 岩佐佛喜堂

香川県高松市の仏壇屋 岩佐佛喜堂のお香・仏教講座


テーマ:
{C8E29313-B90B-424D-AEDB-9686AC1194F2:01}


楊貴妃の塗香の原料でもある麝香

その麝香がなぜ媚薬と言われているのか


よく麝香の匂いは異性を興奮させると言われていますが実際に科学的にそのような効果はありません。

では何故太古からそういった使われ方をしてきたのか



その理由は諸説ありますが、恐らくは女性の脇の香りと麝香の香りが若干似ているからだそうです。

女性の脇の下の香りは男性が興奮するとも言われていますが、その汗の中の成分のアンドロステノールという物質が麝香に似た香りがするそうです。

恐らくそういった理由から麝香が使われるようになったのではないでしょうか


参考文献 匂いのエロティシズム


岩佐一史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス