聖徳太子と沈香 | 香る国 香川の仏壇屋からお香のお話 岩佐佛喜堂

香る国 香川の仏壇屋からお香のお話 岩佐佛喜堂

香川県高松市の仏壇屋 岩佐佛喜堂のお香・仏教講座


テーマ:
{30C6C7EC-2BB3-4A07-BD0D-74CFC30B2605:01}

本日はちょっと難しい沈香のお話です。

沈香という香木はインドネシア、ベトナム等で採れるものですが••

そもそも沈香はいつ日本に伝えられてきたのでしょうか?


聖徳太子伝暦に書かれたことをまとめると下記のような内容です。

まず推古天皇の三年に淡路島に香木が流れてきました。

村人がこれを焚くと非常に良い香りがしました。

そこで聖徳太子が使いを出して香木を回収しました。

太子がこれを見て、非常に喜び、これは沈香だと言ったそうです。

そしてこの沈香

どうなったかと言うと••

仏像にしたと書かれています。


おのお話の真偽は不明ですが、もし本当ならその仏像は今はどこにあるのでしょうか?


是非一度拝みたいものです。


という沈香伝来と聖徳太子のお話でした。








岩佐一史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス