フレブルに合ったドッグフードはどこにあるの?

フレブルに合ったドッグフードはどこにあるの?

添加物はないほうがいいな
アレルギーがあるし
自然なものは?

愛犬家のみなさんこんにちは


皆さんの買っている犬はいろいろな犬種があって、それぞれが魅力があってかわいい存在だと思います。


皆さんのワンコで一番の気がかりは、やはり「健康」ではないでしょうか。


今はペット病院も増えて専門性も進んできています。獣医さんも得意な犬種、得意な治療方法があって、おかげで私たちのワンコも寿命が伸びてきました。


しかし、ペット病院の治療代もばかになりません。人間より高くつく時も少なくありません。


できれば病院に行くことなく元気で暮らしてくれればなによりです。


家庭で健康をコントロールできる一番のポイントは、やはり「ドッグフード」です。



food




毎日ワンコが口にするものこそ、飼い主が最も関心を寄せるべきポイントです。


現在たくさんの種類のドッグフードが出回っています。


それぞれうたい文句はすばらしいのですが、ほんとうのところどうなの?と思っておられる方もたくさんおられるでしょう。


犬種別、年齢別、栄養補助食品までたすと1万種類を超えるドッグフードすべてを体験することはできません。


情報を集めて、いくつか実際に食べさせてみて、初めて良かったかどうかがわかります。


私は現在フレンチブルドッグを飼っています。大変個性的な犬です。ドッグフードでは試行錯誤を繰り返してきました。





food2




いまだ試行錯誤の繰り返しです。


フレンチブルドッグ向けとして書きますが、もちろん他の犬種にもあてはまることですので、すべての愛犬家の皆様に参考になればうれしく思います。



  フレブルに合ったドッグフードってどんなもの?  へ

フレンチブルドッグとロイヤルカナンアミノペプチドフォーミュラ の続き

ご無沙汰しております

この1年間の間にも、新しいドッグフードがたくさん世に出てきてるようです。

私もできるだけ実際にチェックしたいと思ってます。

 

最近思うことなんですが、ドッグフードの品質そのものよりも、何か違うものが欲しくなったんです。

まあこれは、私の勝手な夢なんですが。

 

どんな夢かといいますと

私が描くフレンチブルドッグとの共同生活で、一番の願いは「食事風景」なんです。

どんな食事風景かといいますと、映画「三丁目の夕日」に出てくるような、ちゃぶ台を囲んで家族が輪になって、楽しく食事をするというノスタルジックな世界です。

 

そこには人間だけでなく、ワンコもいっしょに食卓を囲みます。

みんな楽しく食べるんです。

出来れば同じものを食べたいんですが、現実には厳しいですね。

人間には良くても犬は食べてはいけないものがたくさんありますから。

玉ねぎやネギ、ホウレン草やチョコレートはすぐに頭に浮かんできます。

 

でもしかし、昭和30年代ころの犬たちは、たぶんそんな物もムシャムシャ食べてたことでしょう。

ドッグフードなんてない時代でしょうから。

あの忠犬ハチ公に至っては、解剖したら焼き鳥の串が数本出てきたぐらいですから。

 

最近の犬が長生きで、昔の犬が短命だった理由の一つに、人間と同じものを、厳密にいうと、人間の残り物を食べるしかなかったからでしょう。

 

そこなんですよ、私が郷愁を感じるところは。

確かに犬にとっては悪いものだったんだけど、人間と犬が同じものを食べていたという「一体感」があったわけです。

それが妙に、経験したことのない「なつかしさ」となっているんです。

 

世界のドッグフードメーカーのみなさんと、人間用の食材メーカーの皆さんに期待します。

犬と人間が一緒に食べれる、安全で安心でおいしい食べ物を作ってください。

室内飼いが増えた今日この頃、食事だけ別の場所ではなくて、ワンコと一緒に顔を突き合わせて食事をしたいのです。

「きょうのこれ、おいしいな」とブヒの顔を見ながら食べてみたいです。

 

早くそんな日が来てほしいです

そうなったらもう一つお願いがあるんです。

フレンチブルドッグはとにかく食べるスピードが速い。

速いなんてもんじゃない。

こっちが一口食べる間に食べ終えてる感じです。

だからブヒにとっては食べるのに時間がかかるような食材にしてくれれば、本当に楽しい食事になるのですが。

 

今回は私の夢をかたりました。