武道の型・礼 | 夢・希望・愛 心豊かなれば技冴える  武道に感謝 心風館 館長 山村幸太朗

夢・希望・愛 心豊かなれば技冴える  武道に感謝 心風館 館長 山村幸太朗

人にはもともと自然からいただいた素晴らし能力が潜在しています。それは、すでに日常の生活に根付いている生活レベルの文化の中にあるのです。武道文化を活かし、さらなる可能性を・・眠っている潜在能力を開発する。「気」という世界観は、武道文化の中に眠っています。

「礼に始まり、礼に終わる。」

 

武道は・・そう言う言葉があるから・・守られて居ます。

 

力づく・・力任せとの一線は・・

まず、その言葉がある事で格式あるモノという認識を得て居るのです。

これは、一般的な話ですが・・礼が身に付いて居る人といない人では

物腰・姿勢等にその差が現れる事も往々にしてある事です。

 

しかし、この礼・・非常に難しい・・

身に沁みて居なければ・礼を欠く事の方が多くなってしまいます。

ふっ・・気が付いたら・・忘れて居た・・

ああしまった・・って事・・・挨拶をしなかった事で、後味が悪い思いをする事

は、本当に日常的にある事ですし・・

 

また、タイミングを逸してしまっても・・なんだか、ぎくしゃくとしてしまうのは・・

私だけでしょうか・。気にして居ても・・相手は何とも思って居ない事も多々あります。

 

「神前に礼。」

・・目に観えないモノに対する畏敬の念を顕す事で・・・

その心を心体に沁みこませていきます。

目に観えない神様に・・まず礼をする事・・空に向かて礼をする事が

その心を顕わしているのです。

 

ところが・・そういう事を大切に出来ない・・心も、多くあるのです。

やった者勝ち・・・言った者勝ち・・・そう言う人達は、人の言った事やった事さえも

自分の物に出来る、とても素晴らしい?能力を兼ね備えていますw

そして、上げ足を取るのが非常に上手い。

まさに・・達人ですw

 

武道から、かけ離れて行く心。

心無き者に・・本物があるのか?

全く疑問です。

 

稽古の前に礼を執らない事自体・・間違いなのではないか?

稽古の終わりに・・礼を執らない、これも間違いでしょう。

 

まずは、正面に向かい・・先生も生徒も頭を下げる・・

そして、先生に頭を下げる。

お互いに頭を下げる。

 

剣道でも・・お互いに礼法を執る事は・・習いとして存在します。

 

こういう事を欠いてしまっては、誠の事は伝わらないと実感しています。

 

礼法も、型であるのです。

流派や道場に依ってそれぞれに個性がある物ですが・・

大概の道場では、チャンとした事を教えて居るはずです。

礼法もしっかりとした・・習わしであり型としてちゃんとできる事、

できなければ恥じを掻く事になるのです。

 

そして、それは隙を無くす事に繋がり・・自信に繋がります。

正しい受け答えや言葉遣いなどが、姿勢を通して自然に現れてきます。

それも、一つの位であると考えます。

 

空手の型・・武道の型の基本もそこに立ち返るべきでしょう。

人に見せる・・評価してもらう為の礼では・・心を通じ合わす処には、ほど遠い。

綺麗な姿勢で・・笑顔で・・腰を何度まげて・・何秒頭を下げる・・と・・教えられた礼が

それらの条件を、自然に熟せる様になって身についてくれば・・

これは、品格を感じさせるほどのモノになる?・・・・はず・・ですw

 

だから、武道の型の心得はすべて・・礼の心を持って行うべきであると

私は、思うのです。

今の自分をありのままに表現する事・・表現できる事・・

見てもらう・・評価してもら・・そう言う型は・・習い始めた頃の心持ちと変わらない

薄っぺらいもののはずです。

「礼」一つで己を表現できる様になれば・・

型も、自ずとそれなりのモノになるはずです。

 

切り一本・・足の踏みだし一つ・・引く身の熟し・・

全て・・型としての教えがあります。

それらが・・身に付いてやっと一つの斬りが完結していくのです。

型を演じたら・・切っておしまい・・・受けておしまいでは・・面白みがありません。

その中にコソ・・位を創り上げる努力をして行くのです。

 

位とは・・・全ての身の熟し・・・

これこそ武道の神髄で有るはず・・

「礼に始まり、礼に終わる」

寸分の隙なく・・間断なく・・緩む事なく・・固まる事無く。

カタチができても・・中身がない・・・

カタチができても・・中身を教えない・・

それでは、型はカタでおわってしまい・・。

 

武道の神髄に近づく事すら・・ないでしょう。

 

 

 

 

武道とはなんぞや・・武人とはなんぞや・・愛とは・・ 心風館 山村幸太朗さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス