春日井市空手道場 心風館館長 山村幸太朗のブログ

子供から大人まで武道で変わる!!!
本物を求めて日々修行を繰り返して居る館長自身が、その経験を活かし、空手道を通して・・・
道場に・・稽古生の心に・・新しい風を、呼び込める様、指導します。
貴方も武道の真髄に触れて新しい光を当道場にて呼び込んで下さい。

心に新しい風を呼び込み、「変わる」。古の叡智の結集は武道の中に・・位高く、心豊かに!!

武士文化が隆盛を極める様になったのは・・源平の時代から・・鎌倉幕府による統治に依って・・武士の棟梁が台頭して国々を切り取り納めて行きました。

決して、平和な時代ではなく・・日本人の気質は・・野蛮人と言われてもおかしくない・・

その大昔には刺青文化があり・・

武士の時代には、首狩りの習性があったのです・・。

 

しかしながら・・日本は・・海という大自然に囲まれ・・四季折々の風情に恵まれ・・祭りにより心を

一つにして行く。

便利という事が・・人を堕落させた・・金を遣い、金に使われれば・・横着が横行し、汗水流してなんて感性は、どこかに消えてしまう。

文化は、人を大きく成長させてくれるが・・文明は間違えれば・・堕ちて行く方向性が顕れる。

 

何故・・文化が大切なのか・・それは、伝統と言う事が決して甘い事ではないという事を知らしめてくれる。

 

伝統の祭りしかり・・その心に、おちゃらけや・・悪ふざけがある事は決してない・・

楽しさ・・は、輪を繋げ和になって行く・・そこに、力が宿るから・・皆さんの力を集結して一つの方向性に向かっていくから・・・

その心が天に通じれば・・豊作になり、それを又、感謝できるから和が大きくなる。

 

楽しいという気持ちも・・真剣な物の中に宿る事が、とても大切である。

厳しい稽古でも・・自分が上達すればそれは楽しいに代わるのだし。

厳しい稽古があるから、気付く事ができれば・・満足感は・・また、楽しいという気持ちを大きく膨らませてくれる。

充実とは・・厳しくても楽しい・・楽しいが真剣・・そういう事が心を満たすから感謝という心に繋がっていくのだと思うのだ。

 

痛いとか・・痒い・・そんな事を気にして稽古して居る内は・・・・・・と、思う・・。

痛いも痒いも無いにこしたことはないが、自分が反省する意味において・・そこは、、避けてはならない処だろう。

香取の木刀型稽古などの動画を観ても・・鍔が無い・・それは、鍔に頼る心を嫌うからである。

当たったら、己の問題であり、そこが観えなければ・・・先は難しい。

 

さて、修善寺合宿で・・気の連鎖と言う事をかなり多くの実証例で体験させて居ただいたが

・・気を掛けていただくと、身体に宇城先生の気が残り・・蓄積されて行くという事を・・何度も何度も・・・繰り返し実証して行くのだが・・・

 

その中に・・私が立膝をついて立って居る状態で・・

その後に、4から5名程の人が同じ側の足を立てて立つ・・。

綺麗に並んでいる状態で・・

一人の人が、立って居る私の膝の内腿を蹴る・・・と、・・・・私が倒れる・・

その後が、次々に倒れるという事が・・起こる・・。

これが・・宇城先生の気を掛けていただいた15~17組全員が・・実際に体験するのだが(列の一番頭の人は・・順番に代わって行く、蹴る人もかわるが、その人に気が通されて居る)

 

で・・あるタイミングで・・私の内腿を宇城先生に蹴られたのだが・・当然、なんだかわからない様な感じで崩れて行く私・・と・・その後の人達も・・崩れて行く・・。

が・・・流石に、無防備の状況で蹴られて・・後の方まで、その力が通るという事を・・周りの人などの実証を観ていれば・・相当な蹴り?と思うのが当たり前だし・・力任せになりがちと・・思うものだが・・。

 

実は・・全然痛くないし・・痒くもない・・wwその後、おかしくなる事もない・・・女性も2列ほどグループがあったが・・崩れて行く事を観ても・・痛がったり・・びびったりして居る人は・・一人もいない。

それが・・気の一つの感性であるという事は・・宇城先生は常におっしゃられて居る。

気が通っていれば・・コンクリートの上で投げられても痛くない。・・し・・投げられた人の上に・・人が数人乗り懸り・・覆いかぶさっても・・全員跳ねのけられる・・。

 

それは、誰がやっても同じ結果だし・・気が通って居なければできる事ではないという事が、明らかにわかる。

であれば・・・生半可な稽古をして居る方がよっぽど危ないという事が、わかるはずだ。

しかし・・気が通らない世界では・・ダメで・・

厳しさの中なかに調和があれば・・気は通って居る。

調和が無いのは・・危ないから・・ダメ。

 

で・・それこそ・・気が通って居れば・・・怪我はないという事・・そういう楽しい稽古が出来なければならない。自分に気が通って居れば・・痛みを感じる事はない。それが、真剣な稽古・・呼吸を大切にした稽古である。

 

と・・言う事が、わかって居る人も沢山いるとは思うが・・

師と言う立場の人が、それを教えて下さるという事は・・稽古をして居る人に取って非常なる安心感につながる事だと思う。

だから・・当然、気が通らない様な、心無い稽古を・・否定する事はあっても、

真剣に楽しく稽古をして居る事を、否定する事は無い・・と、考えられる。

 

私・・・宇城先生に・・内腿を蹴られ・・後の人全員がたおれましたが・・その後の稽古で・・寸分たりとも痛みを感じる事は・・一切ありませんでした。

肚の力・柔の力の柔らかさ・・は・・凄いですね。

 

和敬です。

和の力です・・全員が同じ方向性を持って同じような心で・・稽古に取り組んで居れば・・

その雰囲気でない人はすぐにわかります。

師に対する、尊敬の念を持って稽古をすれば・・信じるのみでありそこに・・すべての人に通じる和の心が生まれるモノだと・・感じました。

 

どうぞ、道塾へ入塾してください。

「道」(出版)の方々も、素晴らしい良い方ばかりです。

そして、皆さんに心の大切さや・・環境や・・食文化・・あるいは職人の心などを通して、本来の日本の文化を見直す・・知るという事の大切さを伝えるべく・・情熱を持って「季刊誌道」等を出版されて居ます。

季刊誌「道」をお読みくださいm(__)m

 

そして、道塾で宇城先生の教えを・・心を感じて欲しいと心から、思うのです。

 

週に何度か、「道」のスッタフの方々からメルマガ・メッセージが届き増す。

感謝の念が湧いてきます。

 

この、ブロブを書く前に・・目を通して居て・・このブログを書きだしました。

 

メッセージです・・

事務局では、一人でも多くの方を塾長につなげたいと、
定期的に体験型セミナーを開催しています。

11月23日(木祝)には東京で

12月17日(日)には大阪で開催します。

11/23 東京
http://www.dou-shuppan.com/event/tk201711/

12/17 大阪
http://www.dou-shuppan.com/event/ok201712/

 


是非、塾生の皆様、お知り合い、お友達を
宇城道塾に、宇城塾長につなげていくためのお力をください。
今私たちは皆様の力を心から必要としています。

どうかよろしくお願いいたします。

体験セミナーのチラシを複数必要な方は、
いつでもお送りできますので、事務局までご連絡くださいませ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。